全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

【ライブレポート】11/23に西永福JAMでワンマンを開催するReFrain ReFrainが、JUNGLE LIFEとCLUB251共催イベントに出演。

 11/23(金祝)に西永福JAMでワンマンを開催するReFrain ReFrainが、8/17(金)に下北沢CLUB251で行われたイベント“JUNGLE☆LIFE × CLUB251 presents Whiteboard Jungle”に出演した。以下、ライブレポートを掲載する。
 
【ライブレポート】
 「何年経っても色褪せることなく、何度も何度も聴きたくなる。たくさんの人達の心に繰り返し響いて欲しいという願い。そんな願いと想いを込めて…」。ホームページに記されたReFrain ReFrainの紹介文だ。この言葉を読み、ReFrain ReFrainという存在に惹かれた。
 元々はユニットとして活動をスタートしたReFrain ReFrainだったが、今は、ヴォーカルとギターを担当する中村禎のソロプロジェクトとして活動している。中村禎は以前、ViViDのギタリストRyogaと名乗り、メジャーでも活躍。日本武道館公演も経験してきた。
 

 
 ReFrain ReFrainは、11/23(金祝)に西永福JAMを舞台にワンマン公演“ReFrain ReFrain ONEMAN LIVE『It's your whereabouts』”を行うことを発表。つい先日よりチケットも発売になった。
 現在もReFrain ReFrainは、様々なイベントに出演しては、触れた人たちの心へ”寄り添う衝動”を与え続けている。胸に温もり覚えるその喜びを少しでも多くの人たちに伝えようと、8/17(金)に下北沢CLUB251で行われたイベント“JUNGLE☆LIFE × CLUB251 presents Whiteboard Jungle”へ出演していたReFrain ReFrainをつかまえた。
 この日は、ReFrain ReFrainをトリに、FUZ / 高高 / KOKI / you any a me(O.A)が出演。観客たちの熱い視線を一身に受け、ReFrain ReFrainのライブは幕を開けた。
 
 その音は一瞬にして身体を揺さぶった。力を帯びたビートに合わせ、切れ味鋭いギターサウンドが舞台上から激しく掻き鳴らされた。勢い良く駆け出した演奏の上で、悲しみを背負った気持ちを振り払うように歌う中村禎。
 ReFrain ReFrainのライブは、胸を熱く揺さぶる「Stay with me」から幕を開けた。「君と出会い生きることすべて惡くなんてない そう思えたんだ」。力強い演奏に乗せ、少しずつ感情を剥き出しに、彼は「信じることをやめないで〜今ここから始めよう」と伝えてゆく。
 その歌は、確かな希望を抱いている。「Stay with me」に触れた僕らも、中村禎と同じように心を前へ向けていた。
 後悔の想いを吐き捨てるように、『last scene』へ揺れ動く痛い感情をぶつけだす。「あの日に戻りたくて」と、戻れない現実にむせび泣く心を、中村禎はソリッドでクールなギターサウンドの上で歌いあげる。
 なんて、心に切ないドラマを次々と映し出すステージングだ。今にも感情の崩落しそうな歌声が、痛く胸を刺してゆく。だからこそ、その想いへ優しく寄り添おうと、誰もが心の手をそっと彼に伸ばしていた。
 

 
 「今日はすげぇ熱い想いをもらって、僕らもここに立たせてもらっています。僕は、音楽で誰かの笑顔が増えるんじゃないかと思ってReFrain ReFrainとして活動しています。雨の日や嫌な日が、僕の歌で少しでも楽に、前向きになれたら…」(中村禎)
 
 続く「HAPPY RAINY DAY」を通して届けたのは、優しい光射す表情。ReFrain ReFrainの歌は、何時だって目の前にドラマを映し出す。何時もなら悲しさ抱く雨の風景さえ、歌や演奏へ触れてくうちにどこか幸せ覚える景色に見えていた。何より、沈みがちな心にこの歌が少しずつ光を与えてくれた。僕らは、舞台上で歌う中村禎の姿から視線を逸らしたくない気持ちでいた。
 秘めた想いが少しずつ熱を帯びるように、何時しか雨が上がるように、僕らの心の陰りも何時か澄み渡るのかなと想いを巡らせながら、「君がいるから HAPPY RAINY DAY」と歌う声に小さな幸せを覚えていた。
 演奏は、光を集めるようにふたたび駆けだした。フロアーから沸き上がる手拍子。中村禎の伸びのある歌声が場内中へ広がるのに合わせ、楽曲も少しずつ輝きをまといだした。その煌きは、心に希望を与えていく。
 ReFrain ReFrainの奏でる「花」が、心を少しずつ鮮やかな景色に塗り替えてゆく。何処か後悔を背負った歌かも知れない。それでも、舞台上から流れる繊細できらびやかな表情を持って揺れる「花」が、僕らの心へ少しずつ光を射し込んでいく。それはまるで、心に歌の養分を注ぎ、確かな想いを持って芽吹かせるように…。
 

 
 「みなさん、ここから飛ばしていく時間です。みんなで一つになって楽しもう」。勇壮なリズムの上で、ギターを力強くストロークしてゆく。中村禎は「TONIGHT」を、雄々しさ抱いた歌声を昂る心と重ね合わせ届けてきた。
 気持ちの奥底から沸きだす衝動を、彼は歌声と掻き鳴らすギターの音へぶつけてゆく。その音色と歌声は、何時しか中村禎自身の想いと重なり、猛る感情を抱いた歌として熱く心を震わせていた。飛び跳ね騒ぐことで、フロアー中の人たちの気持ちもどんどん開放されてゆく。そして…。
 最後にReFrain ReFrainは、すべてのわだかまりや切なさを解き放つように「everything」を届けてくれた。「今でも奏でること歌うことすべて 夢の続きも諦めたりしないから」。自分がここに存在する理由を示したうえで、共に想いを分かち合い、一緒に未来を描こうと、躍動する演奏に乗せ中村禎は仲間たちへそう呼びかけてきた。
 「今日も君を導くよ」、彼の誘いに身を預け、誰もが視線を熱くステージへ注ぎ、疼く身体を音に合わせ揺らし続けていた。「声は君を灯す」。ReFrain ReFrainの歌は、何時だって心に確かな光を降り注いでゆく。だから僕らは、ReFrain ReFrainの音楽に手を伸ばしたくなる。
 
 11/23に西永福JAMで行うライブは、中村禎のソロプロジェクトになってから初のワンマン公演になる。その日までにReFrain ReFrainが、どんな姿へ進化しているのか楽しみになってきた。
 
Text:長澤智典
 
 
■ライブ情報
“ReFrain ReFrain ONEMAN LIVE『It's your whereabouts』”
2018/11/23(金祝) 東京・西永福JAM
 
“SHADOW NET OSAKA!! 09.11”
2018/09/11(火) 大阪・京橋Arc
 
“Recitation 〜Daikanyama LOOP 10th Anniversary〜”
2018/10/04(木) 東京・代官山LOOP
 
“生熊耕治LIVE HOUSE TOUR 2018『VORTEX』”
2018/10/14(日) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
 
 
■WEB
【ReFrain ReFrain Web】
 
【ReFrain ReFrain Twitter】
 

 
 
 
 

ReFrain ReFrainの作品をAmazonでチェック!!