全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

ChroniCloop、初のフィジカル作品となるフルアルバム『in Rainbows』を来年3月にリリース決定。

 東京・下北沢発4人組バンド、ChroniCloop(クロニクループ)がdiskunion内レーベル“DOBEATU(ドゥビイツ)”から初のフィジカル作品となるアルバム『in Rainbows』をリリースする。
 これまで自己啓発的なメッセージ性と熱量をクールなパッケージに落とし込んだギターロックを鳴らしていた、ChroniCloop。
 タワーレコード限定・自主流通で2017年にリリースされた前作ミニアルバム『パレード』は、これまで“王道ギターロックバンド”と言われてきた自身たちに対する“ギターロックとは”という問いを総集するような作品だった。
 一方、今作の『in Rainbows』は彼らがこれから鳴らす“ポップ・ミュージック”への橋渡しと言える作品になっている。
 新録の5曲をはじめ、8年前にインディーズ映画のサウンドトラックを担当した際に瀬崎(Vo./G.)と吉成(Dr.)の2人で作ったインスト曲M-4「イヴ」、現4人体制になり初めて出来たと言われるM-10「夜明ケ街ビイトコウル」の再録音。さらに2017年開催のワンマンライブ限定でリリースし現在入手不可能なシングル『エイプリル / 春陽』よりM-8「エイプリル」など、過去のレア音源も多数収録。
 加藤マニがMV監修したことでも話題になったM-7「EarthBound」、vivid undressのkiilaをゲストヴォーカルに招いたバンド初のコラボ作品M-5「悲しみにさよなら」など、2018年に注目を集めた2曲の配信限定シングルを含む豪華10曲入りだ。
 電子音をふんだんに使用し、遊び心の詰まった十曲十色のインディーズデビュー盤・フルアルバム『in Rainbows』。90年代〜現在に至るまでの邦ロックの系譜を多分に感じさせるサウンドフォーマットだが、どことなく近未来的だ。
 “懐かしい、けど新しい”。まさに1990→2020年、過去から未来を歩くロック・アルバムとなった。
 来年3/27の発売を楽しみに待っていて欲しい。
 
 
■ChroniCloop『EarthBound』Music Video

 
 
■リリース情報
1st Album
『in Rainbows』

 
DOBEATU
DBTU3
¥2,500+税
2019/3/27 Release
 
 
収録曲:
01. in Rainbows
02. 点滅する色
03. 猿の惑星
04. イヴ
05. 悲しみにさよなら ( + kiila )
06. あたしは悪い子
07. EarthBound
08. エイプリル
09. メランコリックボーイ
10. 夜明ケ街ビイトコウル
 
 
■ライブ情報
ChroniCloop 10th Anniversary ONEMAN
“Ten.”

12/05(水) 新代田 FEVER
 
 
■WEB
【Official Site】
 

banner05