全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

神宿「お控えなすって神宿でござる」のMV公開。映画『全員死刑』の小林勇貴が監督。


 
 原宿発アイドルグループ・神宿(かみやど)の最新MV「お控えなすって神宿でござる」が公開された。
 昨年夏に初披露されてから神宿の新たな顔になる曲としてすっかり定着した「お控えなすって神宿でござる」は、Wiennersの玉屋2060%(Vo./G.)が作詞・作曲を担当。
 ミュージックビデオの監督を『全員死刑』や『GIVER 復讐の贈与者』で知られる気鋭の監督・小林勇貴監督が務めている。
 また、ミュージックビデオの公開に合わせて、神宿のメンバー及びプロデューサーが、4/29の豊洲PIT公演に向けて“今”を語る連載企画「神宿 road to success!!!」がOTOTOYでスタート。
 インタビューの第1弾は神宿プロデューサーの北川敦司が登場。グループ立ち上げ当初21歳の現役大学生だった彼は、タワーレコードとのコラボレーベル設立、ZEPPワンマンの成功、今年1月にはYouTuber事務所の第一人者「UUUM」への加入など、独自の路線を切り開いてきた。だが、あくまで“主役は神宿の5人”というスタンスで、あまり表に出てくることはなく、今回が初めてのメディアでの単独インタビューとなる。
 次回の連載企画では、今年1月に神宿を勇退した関口なほも登場する予定だ。グループにとって大きな節目となる4/29の豊洲PIT公演に向けて、神宿の“今”を伝えていく。
 
 
■神宿『お控えなすって神宿でござる』MV

 
 
■ライブ情報
LIVE DAM STADIUM presents
神が宿る場所〜ここが私の生きる場所〜

4/29(月祝) 豊洲PIT
 
 
■WEB
【神宿 road to success!!!】
 
【Official Site】
 

banner05