全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

ヒヨリノアメ、それでも世界が続くなら篠塚将行プロデュースによるデビューアルバムを7月リリース。

 実体験の実話のみを歌う、茨城出身の平均年齢20歳のリアルロックバンド・ヒヨリノアメが、それでも世界が続くならのVo./G.篠塚将行をプロデューサーに迎え、7/31にデビューアルバムをリリースすることを発表した。
 ヒヨリノアメは、2018年の“MASH FIGHT! Vol.7”で1,000組の中から12組のセミファイナルアーティストに選出され、話題を呼んだ4人組バンド。Vo./G.AKIの私生活と実体験を手紙のような言葉と、若干20歳という新世代の感性で描く、優しく美しくも危うい“リアル・ロック”を奏でる。
 デビュー作となる今作は彼らの憧れのバンドでもある、それでも世界が続くならの篠塚を迎えて制作。
 1発録りで記録されたライブ同様の生きているサウンドと美しいメロディで、人生の20年間を必死に生きてきた彼らの感情と感覚がそのままパッケージされたような、少年から青年に変わるその瞬間と本当の自分を高い純度で曝け出した作品となっている。
 そんな彼らのデビューアルバム『記憶の片隅に』が7/31にLow-Fi Recordsより全国一斉リリースされる。ぜひチェックして欲しい。
 
 
■リリース情報
1st Mini Album
『記憶の片隅に』

 
Low-Fi Records
LFRR-0014
¥1,500+税
2019/7/31 Release
 
 
収録曲:
1. 傘とシンデレラ
2. 東京
3. room
4. ハローグッバイ
5. 最後には
6. 左手
 
 
■WEB
【Official Site】
 
【Official Twitter】
 

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj