全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

クリーパーが7月31日リリースのアルバムより新曲「オール・マイ・フレンズ」を公開!


CREEPER IS BACK!
2017年にRoadrunnerより鮮烈なデビューを飾り、ロック誌の新人賞を総ナメした6人組ホラーパンク・バンド、クリーパー。突如1年間シーンから姿を消していた彼らが奇跡のカムバック!7月31日にアルバム『セックス、デス&ザ・インフィニット・ボイド』をリリースする。待望のアルバムより収録曲「オール・マイ・フレンズ」を公開した。


Creeper – All My Friends


新曲「オール・マイ・フレンズ」はもともとシングルにすることは考えていなかったが、多くの人々が抱えるメンタルヘルスの問題や、友達や家族と離れて暮らすことに苦しんでいる状況が続いており、みんなに決してひとりではないと思い出させるメッセージを届けるべく今回公開したという。またイギリスのロックダウン中に自分たちで撮影したというモノクロの美しいミュージック・ビデオも同時に公開した。

フロントマンのウィル・グールドが作曲したというキャッチーで感動的なピアノ・バラードは、バンドの不安定な時期に生まれた楽曲である。ウィルがロサンゼルスでレコーディングをしていたとき、親友でありギタリストのイアン・マイルズはイングランドの病院に入院していたという。イアンが回復するという希望が少なくなり始め、当時の感情を全てこの歌に吐き出したという。ウィルはこの曲をメンバーに聞かせるのに気が進まなかったが、リアクションが良かったためアルバムに収録されることになった。

「オール・マイ・フレンズ」は俺たちの最悪の時に虚しさからできた曲。ハリウッドにいたとある深夜に書いたんだ。俺はスタジオでひとちぼっちで、気づくとピアノの前にいた。リリースするにはパーソナルすぎるほど、とても正直に感情を表現している。もともとはこの曲はシングルにするつもりはなかったけれど、こういう未曽有の状況で、メンタルヘルス啓発週間中ということもあって、いまこそみんなに届いてほしいと思ったんだ。」

「オール・マイ・フレンズ」は待望のセカンド・アルバム『セックス、デス&ザ・インフィニット・ボイド』収録曲で唯一の直接的な自伝的内容の楽曲となっている。アルバムのコンセプトにはウィルの実際の人生が反映されている。新たな街に移った少年がグレて、とある女の子に出会い恋に落ち、彼らの知っている世界が終わる。この世界の終末的ロマンスがウィルの並外れた知性を通して映画のような冒険に描かれている。

クリーパー / Creeper

シングル「オール・マイ・フレンズ / All My Friends」
ダウンロード/ストリーミング:https://Japan.lnk.to/Creeper_AMFPu

『セックス、デス&ザ・インフィニット・ボイド / Sex, Death & the Infinite Void』

7月31日発売

1. Hallelujah!
2. Be My End
3. Born Cold
4. Cyanide
5. Celestial Violence
6. Annabelle
7. Paradise
8. Poisoned Heart
9. Thorns of Love
10. Four Years Ago
11. Holy War
12. Napalm Girls
13. The Crown of Life
14. Black Moon
15. All My Friends

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj