全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

デヴィッド・ボウイの未発表ライヴ音源が、ストリーミング限定でデジタル配信決定!


1995年のアウトサイド・ツアーの中から、米ダラス公演の模様を収録した
未発表ライヴ・アルバム『ウーヴレ・ル・シアン(ライヴ・ダラス ‘95)』が
7月3日よりストリーミング限定作品として配信スタート!

アルバムの配信に先駆け、本作収録曲となる
「ティーンエイジ・ワイルドライフ(ライヴ・ダラス ‘95)」が
本日よりストリーミング配信開始に!

常に時代の先端を開拓し続けた伝説、デヴィッド・ボウイ。5月にストリーミング限定で配信されたレア・ライヴ音源『LIVEANDWELL.COM』に続き、未発表ライヴ・アルバム『ウーヴレ・ル・シアン(ライヴ・ダラス ‘95)(原題: OUVREZ LE CHIEN (LIVE DALLAS ’95))』が、7月3日にストリーミング限定で配信されることとなった。このライヴ音源は、アウトサイド・ツアーから、1995年10月13日にダラスにあるスタープレックス・アンフィシアターにて行われたライヴの模様を収録したもの。

この未発表ライヴ・アルバム『ウーヴレ・ル・シアン(ライヴ・ダラス ‘95)』の配信に先駆け、本日6月26日より、同作収録の「ティーンエイジ・ワイルドライフ(ライヴ・ダラス’95)」がストリーミング限定で公開されている。

『ティーンエイジ・ワイルドライフ(ライヴ・ダラス ‘95)』のストリーミングはこちらから:
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/TeenageWildlifePu

タイトルに使われている「ウーヴレ・ル・シアン」(フランス語、英語に直訳するとOpen The Dogの意)というフレーズは、今年で発売50周年を迎えるアルバム『世界を売った男(原題: THE MAN WHO SOLD THE WORLD)』収録の「オール・ザ・マッドメン」という楽曲に登場していたもの。1993年のシングル「郊外のブッダ(原題: Buddha Of Suburbia)」にも登場している。

今回配信される『ウーヴレ・ル・シアン』には、ボーナス・トラックとして1995年12月13日にバーミンガムにあるナショナル・エキシビション・センターでレコーディングされたライヴ音源、「月世界の白昼夢(原題: Moonage Daydream)」と「アンダー・プレッシャー」の2曲が追加収録されている。この2曲は、もともと1996年にボウイが発表したシングル「ハロー・スペースボーイ」のカップリング曲としてリリースされていた音源で、今回初めてストリーミング配信されることとなる。

『ウーヴレ・ル・シアン』はデヴィッド・ボウイ本人がプロデュースを担当、レコーディング・エンジニアとしてスティーヴ・ゲストが起用されている(ボーナス・トラックとして収録されている2曲は、スイスにあるマウンテン・スタジオにてデイヴィッド・リチャーズがミックスを担当している)。このライヴ音源に参加しているミュージシャンは、ヴォーカルとサックスを担当するデヴィッド・ボウイを筆頭に、リズム・ギターにカルロス・アロマー、リード・ギター&ヴォーカルにリーヴス・ガブレルス、ベース&ヴォーカルにゲイル・アン・ドーシー、ドラムにザッカリー・アルフォード、キーボード&シンセにピーター・シュワルツ、ヴォーカルにジョージ・シムズ、そしてピアノ&キーボードにマイク・ガーソンという布陣。また、今作のジャケットには’95年当時のツアー時の写真が使われている。

【作品情報】
★デヴィッド・ボウイ || 「ティーンエイジ・ワイルドライフ(ライヴ・ダラス’95)」

デジタル・ストリーミング・シングル: 2020年6月26日配信開始

★デヴィッド・ボウイ || 『OUVREZ LE CHIEN (LIVE DALLAS ‘95)』
デジタル・ストリーミング・アルバム: 2020年7月3日配信開始

デヴィッド・ボウイ オフィシャルHP: http://www.davidbowie.com/
デヴィッド・ボウイ オフィシャルFB: https://www.facebook.com/davidbowie
デヴィッド・ボウイ WMJサイト: https://wmg.jp/davidbowie

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj