全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

SEX MACHINEGUNS 名阪での “heavy metal one-man show” を緊急発表

2021年になっても世の中の状況は好転せず、エンタメを心から楽しめる日常はやって来ないが、それでもただ留まっているわけにはいかないと、SEX MACHINEGUNSが大阪と名古屋でワンマン公演を開催する
SEX MACHINEGUNS heavy metal one-man show
「春なのに・・・」
□3月12日(金)心斎橋clubDROP
OPEN.18:00 / START.18:30
ADV.¥6,000- / DOOR.¥6,500-
※別途ドリンク代必要・プレゼント付き
e+一般販売:2月28日(日)10時~
ツイキャスプレミアム配信チケット¥2,000-
アーカイブ3月19日(金)まで
□3月14日(日)名古屋clubUPSET
OPEN.16:30 / START.17:00
ADV.¥6,000- / DOOR.¥6,500-
※別途ドリンク代必要・プレゼント付き
e+一般販売:2月28日(日)10時~
今回はプレゼント付きチケットとなっており、心斎橋clubDROPではオリジナルグラス、名古屋clubUPSETではオリジナルポーチが準備されている
2月末で緊急事態宣言も解除され、自粛でたまったストレスや鬱憤を晴らせる2公演に違いない。もちろん、万全の感染対策で楽しもう。
また、感染状況による変更事項などの最新情報はオフィシャルサイトで随時チェックして欲しい。
また、なかびの3月13日(土)は南堀江knaveにて、acoustic show「ソロなのに・・・」が予定されている。
出演者として「安藤弘司 vs 玉木慎吾 vs SUSSY」と発表された。
こちらはマシンガンズとしてではなく、それぞれアコースティックのステージをソロで展開する。
安藤弘司(ANCHANG)のアコースティックライヴは西日本で初となるのも注目だ。
しかし、サポートドラムのトーマス(Phantom Excaliver)の参加もあるとのことで、ソロなのに・・・何かを期待せずにはいられない。
「ソロなのに・・・」acoustic show
安藤弘司 vs 玉木慎吾 vs SUSSY
□3月13日(土)南堀江knave
OPEN.17:00 / START.17:30
ADV.¥4,000- / DOOR.¥4,500-
※別途ドリンク代必要・ぷちプレゼント付き
e+一般販売:2月28日(日)10時~
ツイキャスプレミアム配信チケット¥2,000-
アーカイブ3月20日(土)まで
以前のように余裕を持ったスケジュールの発表がし難い状況の中、昨年12月の「待たせたな、大阪!」公演同様、かなり直前のアナウンスになってしまうのだが、限られた中でも最大限のエンターテイメントをファンと共に楽しもうと、2021年もSEX MACHINEGUNSはハイレベルなヘヴィメタルを響かせる。
  • new_umbro
  • banner-umbloi•ÒW—pj