全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

U2、“ヨシュア・トゥリー・ツアー2019”日程を発表。13年ぶりの来日公演が実現! 歴史的名盤『ヨシュア・トゥリー』を完全再現。

 ライブネーションは本日、U2がニュージーランド、オーストラリア、日本、シンガポール、韓国を含む、ヨシュア・トゥリー・ツアー2019の開催を決定した事を発表した。(本発表に先駆け、U2はファンに向けて直接ツイッターにて告知 https://twitter.com/U2
 
 
 “ヨシュア・トゥリー・ツアー2019”は、U2の最重要アルバム『ヨシュア・トゥリー』の30周年を記念して2017年に開催され大きな成功を収めた同名ツアーに続くもので、オーストラリアとニュージーランドにおいては2010年の“360° ツアー”以来。日本に於いては2006年の“Vertigoツアー”以来13年ぶりの公演。また、シンガポールとソウルはU2にとって初公演となる。
 
 
 
 
ボノは、
 
「これらの楽曲の歌い方を学ぶのに30年もかかってしまったが、やっとバンドに追いつけた。このツアーを通してオーディエンスはヨシュア・トゥリーに新しい命を与えてくれた。ヨシュア・トゥリー・ツアーはU2にとって本当に特別で、感情的なものだ。暗い楽曲が未だにこの時代で意味を持つ哀しさから、純粋な嬉しさやステージングの楽しさまで、最高の体験をまた再演できるなんて。オークランド、ブリスベン、メルボルン、アデレード、パース、シドニー、東京、シンガポール、ソウル、待っていてくれ」
 
とコメント。
 
 
 
 
ジ・エッジは、
 
「我々は本当にこのツアーをニュージーランド、オーストラリア、アジアに持っていきたかったが、遂に実現することができた。本当に楽しみにしてる」
 
と付け加えた。
 
 
 
 
 “ヨシュア・トゥリー・ツアー2019”は11/8のオークランド公演を皮切りに、ブリスベン、メルボルン、アデレード、シドニー、パースにて開催。その後、シンガポール、東京、韓国にて公演を行う予定。
 
 
 
 
ヨシュア・トゥリー・ツアー2019日本公演
2019/12/4(水) 、5(木)さいたまスーパーアリーナ
OPEN 18:00 / START 19:30
RED ZONE(スタンディング):¥60,000
専用入場口、特製チケット、バックステージツアー抽選参加権、開演前飲食優先ご案内
スタンディング(前方):¥19,800
スタンディング(後方):¥15,800
SS席(グッズ付き):¥38,800
S席:¥19,800
A席:¥16,800

 
 
 
 
ヨシュア・トゥリー・ツアー2019
11/08(金)オークランド Mt. Smart
11/12(火)ブリスベン SunCorp Stadium
11/15(金)メルボルン Marvel Stadium
11/19(火)アデレード The Oval
11/22(金)シドニー Sydney Cricket Ground
11/27(水)パース Optus Stadium
12/04(水)さいたまスーパーアリーナ
12/05(木)さいたまスーパーアリーナ
12/08(日)ソウル Gocheok Sky Dome
 
 
 
ヨシュア・トゥリー・ツアーとは?

U2, The Joshua Tree Tour 2017, BC Place Vancouver Canada, 12 May 2017

U2, The Joshua Tree Tour 2017, BC Place Vancouver Canada, 12 May 2017

U2が1987年にリリースしたアルバム『ヨシュア・トゥリー』と同年に開催されたアルバムツアーを記念して2017年に始動した公演で、『ヨシュア・トゥリー』の全曲再現に加え、U2の名だたる名曲が演奏される。また、革新的なステージ演出の一環として、同作のアルバムジャケットを撮影したオランダ人フォトグラファー・映画監督アントン・コービンによる8K映像が200 × 45フィートの巨大スクリーンに投影される。ライブネーション・グローバル・ツアーリングによってプロデュースされたヨシュア・トゥリー・ツアー2017は、同年5月にカナダ・バンクーバーにて始動。全公演ソールドアウトとなったヨーロッパ公演は、7月8日にロンドンのトゥイッケナムスタジアムから始まり、U2生まれの地であるダブリンではオリジナルのヨシュア・トゥリー公演から約30年後となる日にクロークパークで78,000人を動員した。また、同年9月からメキシコシティ、ブエノスアイレス、サンティアゴ・デ・チリ、サンパウロ、そしてバンド初となるコロンビア・ボゴタを回り、6カ月間51公演で270万人以上の動員を記録し、同年で最も成功を収めたツアーとなった。
 
 
https://www.u2japan2019.com/