全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

沖縄ファイル Vol.19

〜竜の年、2匹の竜が立ち昇る!〜

城間竜太presents「第2回やんばるてぃだ音楽祭」

 若手唄者・城間竜太に初めて出会ったのは10年ほど前、沖縄北部の緑豊かな地域「やんばる」東海岸に位置する東村の夏祭りに司会で呼んで頂いた時。ほぼ地元からの出演者の中、唄三線のうまい少年がお母さんの民謡バンド「三線どぅしび」に参加していた。それから10年の間、毎年のように「つつじ祭り」「夏祭り」と司会させて頂く度に彼の成長を見る事ができ、この数年で県外のイベントにも出演、様々なミュージシャンの県外ツアーサポートなどでも活躍。
その竜太が「地元である北部を音楽で盛り上げたい」とスタートした自主企画「やんばるてぃだ音楽祭」第1回は昨年2011年9月、名護市民会館での成功を経て、今年10月14日「第2回」はまさに地元、東村夏祭りの会場でもある「つつじエコパーク」で開催。彼のバンドメンバーだけでも「太陽風オーケストラ」Drs.仲宗根達也、プロギタリストとして引っ張りだこの国吉亮とJINの2人、元スカイメイツBa.KOZ、太鼓に伊波はづきと凄腕勢揃い。更にゲスト出演にも「BIG MAMA」でヒットした元「SOUL CAMP」半蔵やロックバイオリニストARIAなど、全国で活躍する豪華な面々だが、全て彼がこの10年で出会って来た繋がりの深いアーティストばかり。更に地元の婦人会による伝統芸能「国頭(くんじゃん)サバクイ」も披露、地元や先輩方へのリスペクトも忘れない。事前のチケット販売、スポンサー集めから当日の会場設営まで、地元を挙げて応援する「城間竜太後援会」や友達らも協力。台風の近づく中だったが、たくさんの人が集まり、地元スポンサーからの提供商品の抽選会あり、最後はお客様へサプライズで打ち上げ花火のプレゼントもありの大盤振る舞い!
抽選会で出した「竜太使用の三線」が当たったのが偶然別の三線店の人で、その方の御厚意で戻って来た三線を、その日の売上からチャリティ募金予定だった北部や離島の救急ヘリ「MESH」の為のオークションにした所、なんと「3万円」の値がついた! 落札した女性はオジィの形見を失くしてしまってたから、それと同じ値段で形見の代わりにと大事に受け取ってくれた。それがMESHを救う! なんて美しい結末! 本当に愛の溢れるイベントだった。ますます周囲に愛し愛されていく竜太の今後の成長とオリジナルCDの発表を期待してやまない!

11/11、知花竜海ソロ初アルバム発表!

 私にとって確かに「奇才」と言えるアーティストはそう多くない。近く親しい友人ほど、なかなか面と向かって褒めるのも褒められるのも気恥ずかしいのだが、今回は遠慮せず自信を持って大きい声でお勧めしたい。上記の城間竜太を若手三線弾きとしての実力を早々と見極め、USENの沖縄三線チャンネルの演奏家として起用したり、様々なアーティストや音楽フェス「PeaceMusicFesta!」のプロデューサーとしても活躍する知花竜海。自身の新旧の楽曲を織り交ぜた、待望のソロ初アルバムが満を持して発表決定!
2001年にバンド「DUTY FREE SHOPP.」、2002年に留学した先の中国北京で組んだバンド「品味期限」、2006年にはラッパーのカクマクシャカとのユニットで1枚ずつアルバムを出し、それぞれにメンバーも作り方も様々ながら、常に多種多様なジャンルのゲストを迎え、竜海ならではの感性で化学反応を楽しみながら作り上げる手法はまさに「チャンプルー」の達人。どれも沖縄民謡や音階とはかけ離れているのに懐かしさも滲ませつつ、どこかしこから必ず「みんながまだ知らない沖縄の別の表情」が強烈な個性を放つ作品となっている。私がこの10年のベストアルバムを10枚選べと言われたら、この新作も含めて4枚まとめて入れてしまいそうな勢いで、「1人コンピ」的な彼の音楽性の幅広さと吸収力、唯一無二の超越した表現力とその成長ぶりには感服しどおし。最初のアルバムから10年を数え、多数のプロデュースを経て改めて自身をセルフプロデュースする事で、より丁寧に自分と音楽と向き合った感じが滲み出ている。曲順もよく考えられており、何度リピートして聞いても飽きない面白い流れを生み出している。
1曲目にタイトルチューン「新しい世界」、直球勝負の潔さ、天真爛漫な純朴さが、いきなり無防備な心に飛び込んで来る。エイサーの迫力に頼る事なく逆に引っ張るほどの躍動感が、竜海が3.11以降最も伝えたい「命輝け」という重くなりがちなテーマを希望へと導いている。注目曲は、沖縄が世界に誇るインストバンド「太陽風オーケストラ」と2006年に録音した「旅ダチ」の壮大な世界観。そして前作の相方、カクマクシャカも新たな魅力を引き出された「夢x時(ゆめかけるとき)」。他にも高校時代に書いた楽曲から最新曲まで、緩急のバランスも良く、言葉や音の1つ1つ細部まで聴いてほしい奥深い1枚に仕上がっている。

【知花竜海ライブ情報など】
11/10(土)那覇 桜坂周辺
11/16(金)北谷 LIVE HOUSE MOD'S
11/22(木)読谷 ライブハウス yomitan101
11/23(金)名護市マルチメディア館
11/24(土)名護 わんさか大浦パーク
11/25(日)恩納村 カフーリゾートホテル 2F Cafe&Bar
11/29(木)那覇 若狭公民館
12/07(金)那覇 Bar土(2Fギャラリースペースにて)
12/15(土)金武 ビオキッチン ぷかならー
12/29(土)名護市辺野古 居酒屋ドリーム

★HP→ http://akagawara.com
★ブログ→http://chibanatatsumi.ti-da.net/
★twitter→http://twitter.com/ChibanaTatsumi

おまけ情報!

知花竜海プロデュースのKEN子ソロ新曲!
「テイチクエンタテイメント グロビュールレーベル」より新曲リリース!★
<テイチクモバイル、レコチョク、iTUNES STOREで配信!>
★HP→http://www.globule-tm.jp/artist/kenko/

banner_228 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj