全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

フーバーオーバー

フーバーオーバー解散!! 不世出の“POP'N ROCK”バンド、12/9のラストライブへ緊急カウントダウン連載

 

 

 

 

フーバーオーバーが2012年12月9日のライブをもって、解散することを発表した。解散発表後の9月には、通算6枚目にして最後のオリジナルフルアルバム『夜明けの晩』をリリース。いたずら心満載の早口言葉遊びを軽快なバンド・サウンドに乗せて歌い上げた毒入り激甘極上レトロ・ポップ・ソング集は、まさしく彼らにしか生み出し得ないものであるからこそ解散が惜しまれてならない。“ポップだけどちょっぴりねじれたロックサウンド”=“POP'N ROCK”という独自のサウンドと独特の世界観で、 バンド草創期から多くのリスナーに支持されてきたフーバーオーバー。解散ライブまでの3ヶ月連続で、彼らを愛するアーティストたちからのコメントと過去作品のディスコグラフィーを掲載し、その不世出の魅力に改めて迫る。

 

フーバーオーバー解散に寄せるアーティストメッセージ #1

・THE COLLECTORS
え〜、もったいないな〜! ホントにそう思う。最後までそう思わせてくれてありがとう。まだまだ音楽は続くよね!?
(G. 古市コータロー)

・1000say
出会いは福島#9。楽屋での発声練習にピンときて話しかけたら、かよってるボイトレが一緒だった! ホワ〜ッとキュートな正美さんだけど、音楽に対してはとてもストイックで真っ直ぐなんだろうな。そんなフーバーオーバーにわたしは前へ進むための夢をもらった。新しい世界へむかって。これからもよろしくです☆
(Vo./Ba. API)

・OverTheDogs
フーバーオーバーが大好きです。
それは解散しようと
「フーバーオーバーが大好きでした」
と過去形になる事はありません。
現在進行形、これからもずっとフーバーオーバーが大好きです。
(Vo. 恒吉豊)

・SCARLET
2001年に下北のライブハウスで初めて正美さんを観た時から今日まで、フーバーオーバーのイメージって全くブレてない。きっとこれからも、フーバーオーバーは私の中で鮮やかなままです。
(Ba./Vo. 林束紗)

・nano.RIPE
フーバーオーバーしか聴かない時期があったくらい、ずっと聴いていました。言葉選びの感覚がすごく好きで、どの曲名を見ても“正美ちゃんだ!”ってすぐにわかる。あの世界観が大好きです。フーバーオーバーとしての活動はこのアルバムが最後になるかもしれないけど、あたしはこの先もずっと聴き続けるだろうなと思います。
(Vo./G. きみコ)

banner_228 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj