全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

モルグモルマルモ

合い言葉は“ホイチョイチョイ” 京都発のヘンテコポップ!!

G./Vo.藤谷祐太
G./Cho.サトタツ
Dr./Cho.深田和良

タワーレコード一押しアーティスト『タワレコメン』に選ばれたり、東京カランコロン主催の「ワンマソ フェス2012」に出演したりと、何かと話題を呼んでいるモルグモルマルモ。じわじわとその名を広めている彼らが、自身初の全国流通音源『おなかのなか み』をリリース! 馬鹿げてるようで実は物悲しさを唄っていたり、かと思えばやっぱりふざけていたり…そんな不思議な“ホイチョイチョイ”ワールドをお楽しみ下さい。

#Interview

●結成が京都ということですが、活動歴はどのくらいになりますか?

藤谷:バンド自体は結構長いんですけど、僕がボーカルを始めてからは2年くらいですね。元は辞めたベースが始めたバンドで、オリジナルメンバーはひとりもいないんですよ。

●あれ? 藤谷くんもオリジナルメンバーじゃないの?

藤谷:途中でギタリストとして加入したんですけど、"いつまでも売れないから、俺が曲を作ってやろう"ってことで乗っ取りました。

●それで、バンド名はそのままで良いわけ。

深田:何気にこの名前は気に入ってますしね。

藤谷:特にアイディアもないし、クセ者感が出ていて良いかなと。僕らっぽい名前だと思います。

●クセ者なんや。

藤谷:普通にしてたらちょっと変な感じになっちゃうんです。僕が言わなくていいことまでいちいち言っちゃうタイプなので、ちゃんとした人とはだいたいモメる。

深田:こいつの場合は、好きやからこそ悪口を言っちゃうんですよ。ただ、それが伝わり難いというか、間に僕を挟んで説明しないとなかなか伝わらないんです。ある意味バランスが良いのかもしれませんね。

●そういう関係ができているのも、藤谷という男が作る曲に魅力を感じているからじゃないの?

深田:そりゃもちろん。言葉の選び方がアホ臭くて、でも時々ちらっと本音が見えるような…ふざけているようで意外と真面目な感じが良いなと思っていて。

●それって具体的に言うとどんな感じ?

藤谷:例えるなら"君が好き"っていうのをストレートに言えなくて"うなじが良いよね"とか"爪が綺麗だね"とか、細かい部分をちまちま唄う感じですね。

●よくわからん世界観だね。だけど最近はタワレコメンに選ばれたり、東京カランコロン主催の"ワンマソフェス2012"に出演したりしていて、よく名前を聞くよ。

藤谷:"ワンマソフェス2012"は渋谷O-nestであったんですけど、僕らが演奏している時間は下の階でクリープハイプが、上の階ではmothercoatが演っていて、お客さんが一番少なかった時間帯でしたけどね。

深田:それ、わざわざ言わんでええやん(笑)。

藤谷:ライブも観て欲しいけど、俺としては何よりCDを聴いて欲しいんですよね。もちろんライブはライブで面白いけど、音源の方が絶対に出来が良いんで。

深田:そうやねんけど…身もふたもないなあ!

●そんなこと言うからお客さんが来ないんじゃ…。

藤谷:でも、親切心で言ってるんですよ?

●なるほど。これが「言わなくて良いことまで言う」ってことか。

深田:そうなんですよ。曲にも性格が出てますね。

藤谷:ちょっととぼけてて、意地悪な感じ。現実の生活が穏やかな時はどうでもいい歌詞が書けるし、いろいろと悩んでいると意味のあることを言っちゃって。

●じゃあ、歌詞によって藤谷の心の変化がわかるんや。

深田:モロバレっすね。ウキウキしている時は曲もキラキラしてるんですよ。

藤谷:キラキラしている曲は、持っていく時も恥ずかしいです。まあ、作曲家はそうやって恥をかくものだと思ってますけどね。ある程度ウケようとして作ってはいるけど、それが目的にはなってないかな。

●ウケようと思ってるんや。

藤谷:"ここだけ意味の分かる言葉を入れよう"とかっていうのは狙って書いたりします。ただ、考えすぎるとクソみたいな詩になるから、パッと出ない時はダメだなと思って意味のないまま通します。

深田:絶好調の時は、変な言葉を選んできて上手いこと曲にしちゃいますね。M-1「タクラマカン砂漠」もそんな感じだったんですよ。漫画を読んでてたまたま出てきた言葉をタイトルにして。

藤谷:「意味のないことをサビで言うダンスミュージック」っていうテーマで作ったら、なんか良い感じにウケたんだよね。

深田:珍しく僕がごちゃごちゃと注文をつけて。基本的に藤谷が曲を作っているから、藤谷の主観が入った曲になるじゃないですか。でも、この曲は僕が"こういうのがあったらいいな"って思うアイディアをおそるおそる言ってみて。

●どんな関係やねん。藤谷の独裁バンドやなあ。
一同:(爆笑)。

●でも、モルグの音楽は形容しがたいというか、ジャンルに当てはめ難いよね。

藤谷:いろんなものを包括してはいるけど、メロディ的に自分ではJ-POPだと思ってるんですけどね。でもほんまにJ-POPのバンドを見ていたら、僕達なんか全然J-POPじゃないとも思います。

深田:僕らの音楽を形容する言葉として"ホイチョイチョイ"っていう造語があるんですよ。

●"ホイチョイチョイ"ってどういうこと?

藤谷:馬鹿げたことをやりつつ、何となく物悲しさもあって、でも結局はふざけてるみたいなことを一言で表した言葉ですね。
石像(※1):僕らとしてはすごく真面目にやってるつもりですけど、なぜかふざけた雰囲気になっちゃうというか。

藤谷:一時期、吉川晃司さんをまねてシンバルキックをしていたんです。でも高いところは届かないから、結局そんなに高くない位置に置いて情けない感じで蹴る、みたいな。結局バカにしてるよね。

●結局バカにしてるんや。

藤谷:僕らはそうはなれないなって感じですね。どうしても真面目にやっているように見えないのは何ででしょう? 人柄ですかね?

●ダサイからちゃうの?

藤谷:ズバリ言われてもうた! そうなんですよ。だから一生懸命やろうとしても、ダサさが目立っちゃう。

●それが武器になるということやね。

藤谷:やっぱり、それを武器にするしかないですかね…。

●急に深田くんの目が細くなったんだけど…。もしかして怒ってる?

深田:いやいや、"その通りだな"って思ったんですよ。

●そのわりには目が怖いんですけど…いや、ちょっと待っ…た、助けてー!!

Interview:PJ
Edit:森下恭子

(※1)立派な社会人のかたわら、モルグのサポートベーシストを務める謎の酒飲み。