全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

リリーギャング

和歌山から繊細なハートを合わせ持つ3人のギャングが解き放たれた

 2010年4月に和歌山で結成された3ピースギターロックバンド、リリーギャング。

年間120本にも及ぶライブ活動を全国で続けていた前身バンドJungle Man解散後、Ba.ゆういちの加入によりバンド名も新たに走り出した彼らは、リリー(百合)のようなポップで繊細な楽曲と、ギャングのようなトゲのある力強い楽曲を見事に昇華させたミニアルバム『YOU』を2012年1月にリリースする。

Interview

●ミニアルバム『YOU』聴かせてもらいましたが、とても温かいCDですね。

かっちゃん:ありがとうございます。とてもいい内容になったと思うし自信作です。

●二ヶ月連続インタビューということで、今回は音源に触れる前にリリーギャングの3人を掘り下げてようと思っています。

かっちゃん:もともと「Jungle Man」というバンドが前身バンドとしてあって、僕とつばさはその時からのメンバーなんです。ツアー中心に年間120本ライブをこなすようなバンドだったんですが、ベースの脱退があって結局解散したんですけど、僕とつばさはまだバンドがしたくて。

●ベースを補充して前のバンド名のまま活動しなかった理由は?

かっちゃん:作曲は僕がしていたんですけど、歌詞は辞めたベースが書いていたんです。それも大きな理由のひとつだし、やっぱり最初の3人でJungle Manだと思っていたので、メンバーが変わるならいっそのこと解散しようということになりました。解散してすぐは、もうバンドはやらないでおこうと個人的には思っていたんです。ツアーで出来た仲間もたくさんいたし、ライブハウスという場所が自分にとって一番居心地のいい場所だって事に気付いちゃったんですよね(笑)。

●つばささんはどうだったんですか?

つばさ:定職につくのもひとつの生活する手段だって考えた時期もあったんですが、かっちゃんと話をした時にお互い同じ想いだったことに気付いて。だったらまた一緒にやろうぜ! ってことで新たに2人でバンドを結成することになりました。結成が決まってベースが決まるまでは"バンドを続けたい!"って想いを絶やさないためにも、毎日のように県外へライブを観に行ってましたね。

●ゆういちさんはどういった経緯で加入されたんですか?

かっちゃん:以前からよく僕らのことを観に来てくれていたし、よくライブハウスで会っていたので純粋に音楽が好きなヤツなんやろうなと思ったんです。誘ってから1週間悩んだ末、一緒にやらせてくださいって返事をもらえました。

ゆういち:1週間猶予をもらったのは当時仕事をしていたのもあるんですけど、Jungle Manは好きでよく観に行っていたバンドだし期待に応えられるかどうかプレッシャーがあったんです。

つばさ:ゆういちの加入が決定してからはは、スタジオで怒濤の曲作りでしたね(笑)。

●過去の楽曲をするつもりはなかった?

かっちゃん:やっぱり新しい3人で作った曲でやっていきたいという想いが強かったですね。3人で初めて出来た曲がM-4「君への唄」というロックバラードなんですけど、Jungle Manの時にあった勢い重視の楽曲とは違って、リリーギャングとして進む道が見えた瞬間でした。それまではコードや理論なんて全く知識が無かったんですが、少し勉強するようになって、一気に楽曲の幅が増えましたね。

つばさ:今までやってこなかった曲調だし、やり甲斐があったし手応えも感じました。

●なるほど。バンド名の由来は?

かっちゃん:覚えてもらいやすいカタカナにしようとずっと思っていて、ゆういちのイカツイ風貌から『~ギャング』にしたいと直感的に思ったんです。楽曲はそれほどトゲトゲしくないので、ギャングの前にくる言葉はポップな言葉をつけたかったんです。両極端な言葉を繋げる事で、ジャンルにとらわれなずに貪欲に何でも取り込んでいくバンドという意味も持たせられたし、凄く気に入っています。

つばさ:最初は名前に反対していたんですけど、結果的に意味も持たせられたし大事にしたい名前ですね。

●名は体を表すというか、楽曲も振り幅は広いけどしっかりとリリーギャングというカラーが出ていますね。

かっちゃん:ライブがやっぱり楽しいし、ライブで育ててきた曲なので早く全国に届けたいですね。和歌山ってツアーバンドからも敬遠されがちな土地なんですけど、リリーギャングみたいなバンドもおるんやぞ! ってことを『YOU』を通じて知ってもらえたら嬉しいです。

ゆういち:歌詞はかっちゃんのイメージを元に僕が書いているので、細部まで聴き込んで欲しいです。

●次回は、その楽曲について詳しく伺いたいと思います。

リリーギャング:次回もよろしくお願いします!

Interview:上田雄一朗

リリーギャングが愛して止まない先輩からのコメント

心に暖かく残る言葉はリリィ、耳に纏わり付くメロディはギャング。そんな意味だと思わせてくれる素敵なアルバムですぜ!
川口カズヒロ / DUTSUN320

ホネヌキマン様「おい・このバンド良いな・お前のような汚れた心ではこんなロマンチックな曲作れないだろ・私もこのバンドに入ろうかしら?」
アキパンマン「すいません・多分ホネヌキマン様入れて貰えないと思うのでもっと頑張ります・」
アキパンマン / ピアノゾンビ

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj