全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

NoGoD

最初で最後にして最高の記憶を刻み込んだことは間違いない

PH_NoGoD_main

2014/5/28@SHIBUYA-AX
“NoGoD PREMIUM TOUR-2014-【Gate of Seven】”

4月末から始まった“NoGoD PREMIUM TOUR-2014-【Gate of Seven】”のファイナルとして迎えた、この日の公演。NoGoDにとっては最初で最後となるSHIBUYA-AXワンマンということもあり、メンバーが放つ“熱さ”は最初からいつも以上にバーストしていたように思う。「STAND UP!」で幕を開けると、会場を埋め尽くしたオーディエンスもそれに負けない熱量で応戦していく。

だが、会場をなめるように見渡して「まだ温まっていないヤツがいるな。強制的に温めていくぞ!」と、さらなるヒートアップを要求する団長(Vo.)。これまでイベントも含めて一度もAXに出たことがなかったという鬱憤を晴らすかのように、「誰も呼んでくれなかったから、初AXで初ワンマンだ!」と気合満点のパフォーマンスを繰り広げる。「The Power」「浮世ROCKS」「Frontier」といずれ劣らぬアッパーなキラー・チューンを容赦なく叩きつけていった。

かと思えば、「IV-他者/Philosophia」ではプログレッシヴで壮大な世界観で観客を飲み込んでしまう。さらに「夢の泡」では、Kyrie(G.)とShinno(G.)の2人がアコースティック・ギターで美しい合奏を静謐に響かせる。続く「箱庭」では団長も加わって優しい歌声を響かせ、「あの日の空は極彩で」ではバンド全員がアコースティック・セットで演奏するというスペシャルな時間も満喫させてくれた。

「アタリマエ」からは再びバンドセットで、終盤に向けて一気にヴォルテージをK点超えの高さにまで引き上げていこうとする。「Carnival」ではもはやお馴染みのコール&レスポンスも炸裂し、会場の一体感も最高潮に。それでもまだまだ終わらない夜は「啓発フラストレス」で本編終了後も、ダブルアンコールに至るまで果てることなく続いていった。

団長自身が「こんなに色んな曲を1つのステージでやれるバンドを他に知らない」とMCで言ったように、多種多様なサウンドで心ゆくまで楽しませてくれたNoGoD。数々のアーティストがいくつもの名演を披露してきたAXという舞台に、彼らが最初で最後にして最高の記憶を刻み込んだことは間違いない。

TEXT:IMAI
PHOTO:Hidemi Otsuka

PH_NoGoD_sub1 PH_NoGoD_sub2 PH_NoGoD_sub3