全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

LONGMAN

自らのアイデンティティとオリジナリティを爆発させる1stフルアルバム完成!!

PHOTO_LONGMAN愛媛発、メロコアを昇華させたサウンドと男女ツインヴォーカルから放たれるキャッチーかつ鋭い歌を武器に活動するLONGMAN。G./Vo.HIRAIのバンド熱に巻き込まれたSAWAとHORIKAWAが、自らのアイデンティティとオリジナリティを爆発させる1stフルアルバム『Neverland』を完成させた。“聴いた人に元気を与えたい”という想いが詰まったエネルギッシュな10曲は、彼ら自身と聴く者の心を解き放つ。初インタビューとなる今回は、結成の経緯とバンドにかける想いを訊いた。

 

 

 

●結成は2012年ということですが、その前にもバンド経験はあるんですか?

HORIKAWA:僕はないんです。

HIRAI:僕とSAWAはそれぞれ別のバンドをやっていて。この3人はもともと同じ大学のサークルの先輩後輩なんですよ。僕がいちばん先輩で、その次がSAWAで、HORIKAWAがいちばん後輩で。

●あ、なるほど。

HIRAI:僕が前にやっていたバンドがなくなって、“どうしようかな?”と思っていたときに、前から声がいいなと思っていたSAWAを誘ったんです。

●男女ツインヴォーカルが良かったんですか?

HIRAI:そうですね、メロコアで男女ツインヴォーカルのバンドってあまりいないと思ったので、おもしろいかなと。でも最初1ヶ月くらいはSAWAに断られ続けていたんです。

●え? SAWAさんはなぜ断っていたんですか?

SAWA:いや、なんかあの…そこまで仲良くなかったんです。

●アハハハハハ(笑)。先輩だけど一緒に音を鳴らすまでの仲ではなかったと(笑)。

SAWA:はい。でも熱意に負けて。

HIRAI:そこから1年くらいはずっとサポートドラマーでやっていたんですよ。で、1年経ったくらいの頃にHORIKAWAの演奏を観て“上手い奴がいるな”と思って声をかけたんです。

●ということは、LONGMANはHIRAIさんが発起人というわけですよね。目指すバンド像みたいなイメージはあったんですか?

HIRAI:僕がバンドをやりたいと思ったきっかけは10-FEETなんですけど、憧れのバンドと一緒のことをやっても仕方がないと思うので、メロコアというジャンルの中で自分たちにしかできないことをしたいなと。男女ツインヴォーカルとかはそういう発想なんです。

●なるほど。曲はHIRAIさんが作っているということですが、確かにおっしゃるようにメロコアを基本としながらも、結構特徴的な楽曲が多いですよね。今回のアルバム『Neverland』も、例えば歌メロもただの平メロじゃなくてラップっぽいアプローチをしたり、スカのリズムを取り入れてみたり。意識的にジャンルをミックスさせているんですか?

HIRAI:そうですね。もともと裏打ちのリズムは好きだったんですけど、結成当時、日本にスカをやっているバンドがいると思っていなかったんですよ。

●え?

HIRAI:少なくとも僕が住んでいる愛媛にはいないと思っていて、全国的にもSKA SKA CLUBとか東京スカパラダイスオーケストラみたいな、ホーンが入っているガチのスカバンドしかいないと思っていて。だからLONGMANでは3ピースでスカを取り入れたらおもしろいなという発想で。

●日本初だと。

HIRAI:日本初だと(笑)。でも実際に県外出てみたら、「これブームちゃうんか!」って思うくらいスカやっている人がめっちゃいて。そこはちょっと想定外でした。

●アハハハ(笑)。でもおもしろいですね。世の中を知らなかっただけで、メロコアにスカを取り入れるっていうのは完全にHIRAIさんの発明ですもんね。

HIRAI:はい。それが伝わったよかったです(笑)。

●歌詞は日本語も英語も混ざっているじゃないですか。そういう部分もこだわりがあるんですか?

HIRAI:音楽をやっている以上、自分たちの音楽で元気になってもらいたいと思うんです。元気な人にはより元気になってほしいし、そうじゃない人にも寄り添えるようなバンドになりたいんです。だから日本でやる以上は英語だけだったら伝わらないなと。その前提がある上で、メロディに英語が合うか日本語が合うかを考えながら決めてます。

●なるほど。LONGMANはHIRAIさんの“バンドをやりたい”という想いがきっかけとなって始まったバンドで、今回のアルバムも自主でリリースするということで、とにかくバンドに対する想いが強いんですね。

HORIKAWA:そうですね。みんなに知ってもらえるバンドになりたいです。

HIRAI:1日でも長くバンドをやりたいと思っているんです。楽しいからバンドをやっているので。もちろん続けていくためにはCDも売れないとダメだろうし、ライブの動員も増えなくちゃいけないと思うんです。そういう意味で、続けるためにやらなければいけないことを考えてやっているんです。

●SAWAさんはどうですか?

SAWA:最初は誘われて始めたバンドですけど、HIRAIの熱にきっと巻き込まれたと思います。私、このバンドでフェスに出たいんです。フェスでライブをしているところを妄想しているのが好きなんです。だからそれをLONGMANで現実にしたいなって。

HIRAI:その妄想をしていて夜眠れなかったことがあったらしいです(笑)。

●ハハハ(笑)。

SAWA:ライブが楽しいんですよ。私は人見知りなんですけど、ライブではいつもと違う自分になれるというか、ステージでは自分をさらけ出せるっていうか。

●あ、そんなに人見知りなんですか? 曲を聴いたらテンション高めのキャラクターだと思ったんですが。

HIRAI:僕が曲を書いているので、敢えてそうさせているのかもしれないです(笑)。SAWAの本質はテンション高いんですけど、最初は人見知りだからそれをなかなか出せなくて。

SAWA:ライブではそれが自然と出せるんです。だから楽しい。

●いい話ですね。HIRAIさんがさっき「1日でも長くバンドを続けたい」とおっしゃいましたが、そう思う理由はなにかあるんですか?

HIRAI:特別な理由があるわけではないんです。単純に、バンドが本当に楽しいんです。スタジオもツアーも、曲を作るのも。すごく楽しくて、こういう日々がずっと続けばいいなって思うんです。表現することは昔から好きで、僕の場合はそれがたまたま音楽だったと思うんです。作曲も、MTRで宅録することがめっちゃ好きなんです。ツアーは、好きなメンバーと一緒にまわるから楽しいし(笑)

●ということは今、最高な日々なんですね。

HIRAI:はい。最高なんです(笑)。

interview:Takeshi.Yamanaka