全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

SiM

己の美学と人間が持つ毒や闇の部分を隠さずに表現へと昇華させた真骨頂

“i AGAINST i” TOUR 2014 FiNAL SERIES -ONE MAN SHOWS- 2014/12/3@Zepp Tokyo

D31_06479月にリリースされたSiMのミニアルバム『i AGAINST i』は、自身のルーツであるレゲエやダブを現在進行形的に昇華させた新境地的作品だ。そのレコ発ツアーファイナル。いったい彼らはどんなステージで驚かせてくれるのか。期待に胸を大きく膨らませてZepp Tokyoに入場した。

そのZepp Tokyoの大きなフロアに負けず劣らず、ステージに設置されていたのは巨大なビジョン。会場が暗転し、そのビジョンにツアータイトルが表示されてサイレンが鳴り響く中、Ba.SIN、G.SHOW-HATE、Dr.GODRiが登場。3人が楽器を手に「Get Up, Get Up」が始まり、Vo.MAHが飛び出して雄叫びをあげる。割れんばかりの歓声が一気に四方から迫り来る。沸騰するフロアに「かかってこいよ!」と気炎を吐くMAH。オーディエンスは一斉に頭を振り、拳を突き出し、宙を舞う。ビジョンには“Silence iz Mine”という結成当初のバンド名にして彼らの1stフルアルバムのタイトルが浮かび上がる。

強烈なアンサンブルとカリスマを帯びたMAHのヴォーカリゼーションで魅せた「Faster Than The Clock」、ライブハウスというより深夜のクラブのような雰囲気を生み出した「RiOT」の危険なオーラ、「時代と共に、かっこよかった大好きなバンドの化けの皮が剥がれていくのを見たことがある。俺たちはそうはなりたくない。そのためにはかっこいいファンが居てくれなきゃダメなんだ。信じてるからな!」とMAHが叫んで始めた「Fallen Idols」の確固たるマインド。乱立するフェスに代表されるピースフルなエンタテインメントが多い中、SiMのライブは“闇”を内包した人間そのものを表現するかのようなリアリティがたまらない。

前述したようにこのツアーは彼らの新しい扉を開く『i AGAINST i』のレコ発だが、それを単なるコマーシャル的ライブにするのではなく、「今のSiMをこれからも愛して欲しいけど、昔のSiMも愛して欲しい」と1stアルバム収録の「Set me free」を披露するなど、彼らのスタンスからは常に“自分たちのすべてを知ってもらいたい”という誠実さを感じさせる。何も飾らず、己の美学と、人間が持つ毒や闇の部分を隠さずに表現へと昇華させるその真骨頂は、ここに来ていよいよ誰も追いつけない領域へと辿り着いた感がある。

圧倒的な一体感が会場を埋め尽くした「Murderer」の狂気、「自分のことを愛せなくて困っている人に捧げます。翼なんて無くたって俺たちは空を目指せるんだ!」とMAHが叫んで始まった「IKAROS」の湿度の高い感情。以前のツアーよりも大きく違うと感じたのは、4人それぞれの感情表現力だ。音のひとつひとつには楽曲に込めた想いや感情が溢れ、それが空間を通して我々の魂と共鳴するライブは、初めての体験とも言えるほどの吸引力を持っている。MAHが「俺はよく嘘をつくけど、ステージでは嘘をつけなくて。こうやって2500人に観られたら嘘つけないよね。バレちゃうし。だから今日、明日、明後日の3日間くらいは俺のこと信じてください。できれば笑いながら聴いてください」と言って始まった「Teardrops」はその極みで、サビの広がりとメロディが内包する想いの量と強さでフロアを埋め尽くす2500人を魅了する。かと思えば「KiLLLiNG ME」では、曲を途中で止めて「今日ってダイブ禁止? 違うよね? でもダイブやモッシュ、本当に危ないからね!」と煽りに煽る不遜さをも併せ持つ。ステージから宙へと身を投げるMAHにオーディエンスの盛り上がりは最高潮。SHOW-HATEがシンセを多用して奥深い光景を作り上げた「Slim Thing」、全員がモンキーダンスで暴れまくった「GUNSHOTS」、ウォールオブデスでZepp Tokyoがえげつないほどのカオスへと化した「Amy」「f.a.i.t.h」で本編を締め括り、アンコールは「Same Sky」で存分に魅せた後の「Blah Blah Blah」でこの日いちばんの大饗宴。最後まで全力で駆け抜け、ステージ上で次から次へと繰り広げられる様々な世界を味わい尽くし、体力がなくなるまでSiMの音にまみれたワンマン公演。シーンの一歩も二歩も先を見据えて成長し続ける彼らは、2015年も手がつけられないだろう。

TEXT:Takeshi.Yamanaka
PHOTO:半田安政(Showcase)