全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Poet-type.M

夜しかない街の物語、開幕。そこに向かう列車の乗客は、“観た事のないものを好きなだけ”その目に映せるだろう

PH_Poet_main“A Place, Dark & Dark -prologue-”
2015/1/31 @県民共済 みらいホール

2015年の1年間をかけて、“A Place, Dark & Dark”と題した、夜しかない街の物語を表現していくことを発表したPoet-type.M(以下PtM)。タイトルどおり、物語の序章となる“A Place, Dark & Dark -prologue-”が県民共済 みらいホール(横浜・みなとみらい)にて開催された。1月号のインタビューで門田匡陽自身が「“A Place, Dark & Dark”の中には、夜の港のイメージを感じさせる曲がいくつかある」と語っていたが、会場へ向かう途中で横目に眺めた横浜・みなとみらいの街には確かに東京の夜とは異なる情緒が漂っている。“いつもと違う街に行く”という第一歩目から既に、非日常の世界へと誘う仕掛けなのかもしれないなと思う。

いつもと違うと言えば、会場もそうだ。通常のイベントが行われるライブハウスとは、全く違う雰囲気を持った“ホール”という環境。その入場口には駅員の姿をしたスタッフが立ち、切符を模したチケットにスタンプを押していく。この瞬間からオーディエンスは、夜しかない街へと向かう“Dark & Dark鉄道”の乗客となった。フロア内の椅子に腰掛けて開演を待っていると場内が暗転して、門田の声による“車内アナウンス”が流れ出す。黒いロングジャケットとハットを身にまとったPtMのメンバーがステージ上に登場して音を奏で始めたら、いよいよ物語の始まりだ。「もう、夢の無い夢の終わり(From Here to Eternity)」と題された新曲から幕を開ける。

通常のライブに比べるとステージを照らす照明がやや薄暗く感じられるのも、夜しかない街の世界観へと誘う1つの仕掛けか。それゆえにいつもより目を凝らして、ステージ上を一心に見つめてしまう。落ち着いた曲調から始まったライブは2曲目の「窮屈、退屈、卑屈(A Halo)」を経て、「救えない。心から。(V.I.C.T.O.R.Y.)」でグッとテンポを上げる。門田の口から吐き捨てるように放たれる強い言葉に、何度もハッとさせられた。インタビューでも「意識的な“日和”をなくした」と語っていたとおり、挑発的かつ刺激的なフレーズが耳に突き刺さってくる。しかし、その言葉は他者に向けられているようで、自分自身を鼓舞するものでもあるのだろう。

本編でのMCは一切なく、間に何度かのナレーションが挟まれるのみ。演奏もバンドサウンドを軸としながら、ギター・ベース・ドラムの音だけに囚われない。楽曲内ではアンビエントな電子音が効果的に取り入れられ、独自の音空間を創出する一助となっている。後半では弦楽四重奏も加わり、美しい音色の共演が観る者の精神を拡張していく。そして、演奏される曲目の大半が新曲…。オーディエンスは拍手をするタイミングも掴めず、ただただ眼前に広がる未知のサウンドスケープに没入するだけだ。初めての体験をした時、人はいかなる反応もできない。だが、予定調和の共感や一体感など糞食らえだと言わんかのごとく、PtMは新しいライブの形を提示してみせた。これを“挑戦”と言わずして、何と言おうか。

“勇敢”、いやともすれば“蛮勇”にもなりかねない挑戦を支えているのは、“覚悟”だけではない。もっと大きなものは、聴き手への“信頼”だ。本イベントに関するインタビューの最後にその口から出た、「聴き手の想像力を信じる」という言葉。アンコールに応えてステージに再び登場した門田が笑顔で言った「楽しかったでしょ?」という第一声は、その言葉に微塵の嘘もないことを証していた。

序章を無事に終えたPtMは、春夏秋冬に合わせた4部作のリリースも発表。4/1にはその第1弾となるconcept mini album D&D 1st story『A Place, Dark & Dark- 観た事のないものを好きなだけ-』を発売し、同日に“D&D release & PtM 2nd Anniversary!!『Gentry liar from D&D』独演会 Acoustic ver.”を開催するという。

誰も歩んだことのない道を、信頼と覚悟を手に突き進むPtM。果てなき旅路を見届けるための乗車券は、今その気になれば誰もが手に入れられる。そして乗り込んだ列車の窓からは“観た事のないものを好きなだけ”、目に映すことができるだろう。

TEXT:IMAI
PHOTO:taniyang

PH_Poet_sub