全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Ornithomimus

その激情と衝動に満ちた音は触れる者に衝撃をもたらす

オルニA写激情型エモーショナルロックを鳴らす長崎発・3ピースバンド、Ornithomimus(オルニトミムス)がタワーレコード長崎店限定でワンコインシングルをリリースする。内面の深いところを抉り出すような歌詞と切なくも心打つメロディが、轟音のギターサウンドの上に乗る様はまさに“エモーショナル”。衝動を吐き出し、その音に触れる者に衝撃をもたらす必殺のニューカマーが長崎の地から今、動き始めた。

 

●Ornithomimus(オルニトミムス)という名前に改名する前から、バンドとしての活動はしていたんですよね?

イマガワ:もう5年くらい活動していますね。自分とモリ(Ba./Cho.)はずっと一緒で、ドラムが2回代わっていて。この3人になってからはまだ1年くらいです。ドラムがハヤテ(Dr./Cho.ツカモト)になって「この3人でやっていくぞ!」という感じになったので、名前も変えたんですよ。

●聞き慣れない言葉ですが、由来とは?

イマガワ:オルニトミムスというのは恐竜の名前なんですけど、それを主人公にした『恐竜物語 ミムスのぼうけん』という絵本から取りました。バンド名は誰も聴いたことがないような言葉にしたかったんです。変な先入観を持たれたり、似たような言葉が他にあったら嫌だなと思ったから。最初は誰も知らないし、覚えにくいかもしれないけど、浸透したら「このバンド名はもう俺たち以外にないだろう」っていうものになると思うんですよ。自分たちが頑張れば頑張るほど、オルニトミムスという名前が広まるかなって。

●改名してから初の作品となるシングルをリリースするわけですが、楽曲のセレクトはどういう基準で?

イマガワ:ライブで評判が良かったり、自分たち自身が好きな曲を入れました。M-1「Goodbye Foolish Yesterday」はライブの最後にやったりすることが多いんですけど、自分たちとしては3曲全てが必殺の曲だと思っているんです。初めてのシングルなので、今の自分たちが出せるものは全部突っ込んでしまおうと思って。

●歌詞の内容的にも、自分の内面にあるものをさらけ出している感じなのかなと。

イマガワ:「Goodbye Foolish Yesterday」とM-2「Love Is Burn Down」は自分の中にあったことをそのまま書いた感じですね。M-3「夜明け前」はちょっと違う内容なんですけど、本当にどれも私事というか。

●「Love Is Burn Down」は失恋の歌?

イマガワ:これは女の人のことじゃなくて、実は知り合いが亡くなったことから書いた曲なんです。ただ「知り合いが亡くなって悲しかったよ」ということをそのまま書くのは嫌だったので、失恋したような歌詞を装って書いてみました。

●実際にあったことや本当の気持ちを歌っているから、リアルに響くんでしょうね。

イマガワ:「Goodbye Foolish Yesterday」の歌詞にしてもそうなんですけど、俺は本当にバンド以外は何も力を出せないんですよ。大学もギリギリで卒業して、バイトをやっても怒られて、何をやっても上手くいかなくて…。気付いたら、自分にはバンドとギターしかなかった。だから音楽をやっている時は、自分の中の深い部分が自ずと出ちゃうのかなって思います。

●サウンドも含めてエモーショナルなのは、そういうところから発しているからなのかなと。

イマガワ:「上手くいかないことばかりだから、ブッ壊してやりたい」とかそういう想いが出ていますね。普通だったらそういうことはできないけど、バンドならできるから。ライブでも力をどれだけお客さんに向けて飛ばせるかみたいなところでやっているんですよ。曲もそれと同じような方向に向かっているのかもしれない。衝動とかそういうものを表に出したいなと思っていて。

●逆に日常ではそういうものを出さない?

イマガワ:そうですね。自分のことはわかって欲しいですけど、言ってもわからない人が多いだろうなと思うので、そういうところにいちいち力を使わないです。

●そのぶん、音楽に力を使っている。

イマガワ:はい。力は大事なものに使いたいから。自分の大事な人や自分の大事な曲には嘘をつかないで、そのままの自分でいようと思っていて。だからバイト先の人とかが、ライブをやっている俺の姿を見たらビックリしちゃうと思いますね。

●ライブで演奏している姿もかなりエモーショナルだと(笑)。

イマガワ:俺は本当にギターが大好きで。ギターに関しては難しいことをやるよりも、1発1発の音にどれだけの破壊力を持たせられるかを重視しているんです。自分の武器は1発のコードやリフの破壊力だと思っているので、エモければエモいほど良いと思っています。自分が本当はこういう人間だから、歌でもギターでもそういう面を出したいんですよね。

●今作のリリース後は、ライブの場所も広げていく感じでしょうか?

イマガワ:まだ九州と関東の一部以外ではライブをやったことがないので、これからはもっと色んな場所でやりたいなと思っています。あと今後は上京しようと思っているので、そこからはもっとライブをバンバンやってチャンスを掴みたいですね。

●バンドでやっていく覚悟を決めている。

イマガワ:自信と“音楽でやっていくぞ”という気持ちが半分ですね。他のメンバーはどうかわからないですけど、俺はバンド以外は何も上手くできないので、あと半分は諦めというか(笑)。

●バンドをやるしかないというか。

イマガワ:自分の良いところがあるとしたら、それはバカなところだと思うから。1つのことしかできないんだったら、その1つを極めるしかない。シンプルにどれだけ面白いことができるかというのをやりたいと思っていて。複雑なことはやっぱり頭がついていかないと表現できないから、そういうこともわかるようになってきたらやれば良いかなと。当面はエモさ一筋ですね。

Interview:IMAI

 

banner_228 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj