全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

THE LOCAL ART

嘘も矛盾も本気も真実も綺麗事も見せたくない心も全てをここに詰め込んだ

PH_TLATHE LOCAL ARTが1年半ぶりとなる、ニューアルバム『8日目の世界』を完成させた。リリース前の8月にはBa.稲垣学が脱退、今後は3人で活動を続けていくことが発表されているが、彼らは決して前進することを止めない。より純度を高めるために作詞作曲からミックス、マスタリング、ジャケット制作までの全てを自ら手がけ、今回の新境地的作品を生み出したVo./Dr.岡田悟志に訊く。

 

 

●Ba.(稲垣)学くんが脱退とのことで驚きましたが、THE LOCAL ARTは続いていくと。

岡田:もうやめようかな? って1日だけ悩みましたけど。冷静になって考えたら、やるしかないでしょって。

●今作『8日目の世界』は、また暑苦しい強烈なアルバムになりましたね。

岡田:結局、そうなっちゃいましたね。

●ここ3〜4作続いたドス黒い作風に比べたら、視野が広い感じがします。

岡田:大人になったのかもしれない。文句を言うのは凄く簡単だけど、伝えたい事を発信するためには文句ばかり言ってちゃいけない。そういう気持ちもあるけど、そこを出さないで本質を伝えたいし、もっと人間的なところを歌いたい。

●前のアルバム『人間失格』以降、昨年のシングル『青空』をリリースするまで煮詰まっていたようですが。

岡田:曲ができなかったですね。『人間失格』っぽいのができても感動しなくなって。今回もキツかったです(苦笑)。曲を産み出す事はどんどん辛くなってきてて、達成感はあるけどカラッとはしてない。自分の嫌な部分に向き合って書いてるんで、基本的にテンションは落ちますね。

●人の闇の部分をエグり出すわけですからね。

岡田:そこを心が痛むくらい自分の嫌なところを出していかないと、伝わらない。

●そして、やっと書けた曲がM-4「淡い夢」ですね。曲の爽やかな感じ、何か悟ったような歌詞が新境地だなと。

岡田:スッキリしてますよね。ドギツい事をドギツいサウンドに乗せる曲は散々やってきたんで、「淡い夢」のテーマは逆に軟らかいサウンドに熱い歌詞を詰め込んで、サビには季節感が出る単語を持ってきて、この曲調で本当に言いたいことを乗せたら、より響くと思って。――2011年に地震(東日本大震災)とか起きて、自分や歌の無力さを感じて。「絶対、大丈夫だ」とか綺麗事だと思ってるんで、本当に嫌な思いをした人って、歌とかムカつくと思うんですよ。僕は本当に嫌な思いをした時に、全てが嫌になったので、その気持ちを歌詞にしたかったんです。音楽は国境も何もかも越えるって言いますけど、そういうもどかしさも歌にしたいなと思って。

●ご自身が絶望した時に、歌に救われたことは無かったんですね。

岡田:無かったです。絶望した時に、人に話しても自分の辛い気持ちって伝わらないから。何かを与えたいですけど、僕は与えてもらえる音楽に出会わなかっただけで。だったらそういう音楽を作れるように一生懸命やろうって。そうなりたい。音楽ってどこでも、嫌でも流れてるじゃないですか。それにイライラしちゃって、もうブッ壊れた時期があるんですけど。それでも「これはきっと同じ経験をした人だ」って聴いてもらえるくらいの歌詞を書きたくて。なので「淡い夢」は、凄く大変な思いをした人に聴いてもらいたいです。

●思った以上に壮絶な背景があったんですね。

岡田:でもこうやって話して伝わるって事は、歌詞なんてもっと伝わらない。だから10%でも伝わればいいんですよ。

●M-1「消えない虹」は批判めいた歌でありつつ、何かを掴んだ後の心境なのかなと。

岡田:いろいろと考えた結果、結局、楽しく生きるのが一番良いと思うんですよね。だから、前向きな曲も書きたかった。僕は考えちゃうので、そうもいかないんですけど。

●「消えない虹」は確かに前向きですけど、M-2「生き残りゲーム」とのギャップがもう。

岡田:これ、ヤバいです。最悪な歌だとは思う(笑)けど、結局僕はこうなんで。でも、みんなそうだと思うんですよね。

●今回、より純度を高めるために作詞作曲、ミックス、マスタリング、ジャケット制作まで全部自分でやったそうですが。

岡田:そうです。PV以外全部やりました。

●それも作用したのか、例えば1曲目の後半部分とか、もう何を歌っているのか分からない。

岡田:分かんないと思う(笑)。

●これ、エンジニアさんとかいたら「録り直した方がいいんじゃない?」って。

岡田:言うかもしれない。でも、あれが一発テイクで、自分の本当の気持ちを出して歌えたテイクだったんで、絶対これだ! と思って。あとは歌詞読めよっていう(笑)。

●歌い方は昔からエモーショナルですが、自分でやった効果が出ているのかなぁと。

岡田:そうですね。やっぱ、歌っている奴がやってるんで。

●理想のサウンドに近づけるために。

岡田:これだ! って音にするためには自分でやるしかねぇなって。あと、予算が無いっていうのも(笑)。

●それにしても、ミックスからマスタリングまでやれるもんなんですね。

岡田:2年ぐらい本気で勉強したんで。これからのご時世、死ぬまで音楽やるんだったら、僕らみたいなバンドだと自分らでやっていくしかないから。結局、制作費とかネックじゃないですか。それが無かったら、自分の好きなタイミングでやれるし、もっとやれるし、ずっとやれるじゃないですか。本当に音楽が好きだったら、音までこだわりたいし。僕は凄く勉強して自分の好きな音で全部ミックスしたくて。2年間、こんなに努力した事は無いです。毎日、音楽の事しか考えてないから、これからもっと上手くなっていくだろうし。

●アルバム名、何の事だろう? と思いました。

岡田:神様は7日間で世界を作ったってことは、今が8日目って意味で『8日目の世界』。僕は宗教なんか信じてないですけど。僕らも今、新しい事をしようとしていてリンクしたので、僕らも8日目かなってことで凄く前向きなタイトルです。

Interview:田代洋一

banner_228 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj