全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

メガマソ

“少し長めの冬眠”に入る3人を送り出した史上最高の一体感

2015/9/9@渋谷WWW
MEGAMASSO 2015 SUMMER ONEMAN TOUR FINAL"ニシュタリ記念宇宙ステーションへの留学"

PH01_masso2年ぶりのフルアルバムとなる『ニシュタリ』を8/5にリリースしたメガマソが、“ニシュタリ記念宇宙ステーションへの留学”と題したワンマンツアーのファイナルを迎えた。雨にも負けず集まったオーディエンスの期待が会場の渋谷WWWに充満する中、切ないピアノの旋律からSEが鳴り響く。一気に『ニシュタリ』の不思議な世界観へと引きこまれていくと、その新作同様に「ザファーストニムバス」でライブがスタート。

場面の移り変わりを伝えるようなSEに続いては、「スノウィブルー」でアッパーな展開へ。バックのスクリーンにMVが映し出される中での演奏に、観客はヘッドバンギングしたり拳を振り上げたりと興奮を高めていく。「肌色」ではイントロで、オーディエンスがジャンプ。「みんなで1つになれる曲を」というMCから「タイダルピンク」を奏でると、その言葉どおりフロアが一体感で包まれる。

「とても小さくて、きっともう見えない。」をVo.インザーギが切なくも美しく歌い上げた後で、ゲストの女性ヴォーカリストRyu Mihoが登場して新作のボーナストラック「エインシャントソング」へ。幻想的な『ニシュタリ』の世界が目の前に広がり、自分たちもその中に浸っているような気分になる。「St.Sad」からは、いよいよ後半戦に突入。一転して激しくヘヴィな楽曲を立て続けに放ち、本編ラストの「サイレントガール」まで熱狂をもたらしていった。

アンコールでは本編の黒い衣装とは真逆の、白い“ニシュタリ留学生制服シャツ”に着替えてメンバー3人が登場。「リフレイン」でしっとり包み込んだ後は、“特別な曲”という「MISS WAVES」で会場中の心を1つにした。ダブルアンコールに入る前のMCでG.涼平が語ったように“最初から一体感があった”ライブの最後に、衝撃的な発表が…。

2015年12月16日のライブをもって1年間の充電期間に入ることを告げると、ファンは戸惑いと悲しみを抑え切れない。だが「メガマソの10周年を笑顔で迎えたいから」というメンバーのポジティブな決断を信じるように、「ブラインドイノセンス」で最高の一体感を生み出した会場。そこには“少し長めの冬眠”から戻ってきた時の3人が必ずや見せてくれる、眩い未来からの光が射し込んでいた。

TEXT:IMAI