全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

“Whiteboard Jungle”

SPECIAL LIVE REPOT:JUNGLE☆LIFE × CLUB251 presents “Whiteboard Jungle” 五色のマジックがホワイトボードに描いた色鮮やかな魔法の夜

CLUB251 SUMMER FES.2015 NATSU/YORU音楽祭
JUNGLE☆LIFE × CLUB251 presents “Whiteboard Jungle”
2015/8/27@下北沢CLUB251

出演:The Cheserasera、OverTheDogs、ウソツキ、The nonnon、Nina lovegood(O.A.)

 

JUNGLE☆LIFEと下北沢CLUB251が新たに立ち上げたイベント“Whiteboard Jungle”の第1回が8/27に開催された。“CLUB251 SUMMER FES.2015 NATSU/YORU音楽祭”の一環として企画された本イベントには、両者に縁のあるアーティストが出演。シャープかつユニークな感性を持った計5組が競演を果たす。

 

PH01_Ninaトップバッターは、オープニングアクトのNina lovegood。メンバー3人にサポート2人を加えた5人編成で、疾走感溢れるサウンドを繰り出していく。時に鍵盤がドラマチックに鳴り響く中で、「伝えたいことがいっぱいあるから力が入っちゃう」という言葉どおり全てを出し切るような渾身の演奏。「仲間を探しに来ました」とMCで話していたが、バンドもオーディエンスも含めて多くの人々から支持と共感を集めたのは間違いないだろう。

 

PH02_nonnon本編の幕を開けるのは本日の紅一点、The nonnonだ。とは言え、この日は西脇友美(Vo./G.)とナオ(Dr./Cho.)の女性メンバー2人に、小堀くん(Ba.)とロマンチック☆安田(Key.)という爆弾ジョニーのメンバーを加えたスペシャル編成。しっとりと歌い上げるバラード「chelsea」では、キラキラした鍵盤の音が切なさを引き立てる。「“爆弾ノンノン”です」と名乗っていたように、いつも以上に爆発力のあるバンドサウンドでフロア中に笑顔の輪を広げた。

 

PH03_CheseraseraThe Cheseraseraは、ソリッドかつタイトなギターロックサウンドで3ピースバンドの醍醐味を味わわせてくれた。エモーショナルなヴォーカルに乗せて次々と繰り出される蒼いメロディが胸に突き刺さってくる。一見クールな佇まいとは裏腹に、激情を吐き出すように歌う宍戸翼(Vo./G.)。「でくの坊」では歌の力で会場に一体感を産み出すような、圧倒的な存在感を見せつけた。11/18にリリースされる新作ミニアルバムへの期待も高まる名演。

 

PH04_usotsukiウソツキのライブが始まると、また違う空気がフロアに流れ込む。「銀河鉄道に乗ってやって来ました」という言葉が嘘に聞こえない、ファンタジックでドラマチックな世界観。竹田昌和(Vo./G.)から放たれる歌声と言葉に、誰もが耳を傾けずにはいられない。彼らの音楽を初めて聴く人をも惹きつけて離さない“王道うたもの”サウンドは、強烈なポピュラリティに満ちている。メンバー全員による美しいコーラスワークも印象的なライブだった。

 

PH05_OTD大トリを飾るのは、OverTheDogs。フニャッとしながらも凛とした強さも感じさせる恒吉豊(Vo./G.)が、冒頭から観客を煽っていく。グルーヴィーなベースを奏でる佐藤ダイキ(Ba./Cho.)、メロディアスな旋律を紡ぐ樋口三四郎(G./Cho.)、鮮やかな彩りをもたらす星英二郎(Key./Cho.)。音もキャラクターも個性的な4人が織りなすオバケン・ワールドは、まさしく唯一無二以外の何者でもない。会場全体をハッピーなフィーリングで包み込んで、イベントの幕を閉じた。

 

それぞれが独自のアーティスト性と高い実力を遺憾なく発揮した今回は、最初から最後までステージから目が離せない充実のイベントとなった。いずれのアーティストもさらなる飛躍の可能性を感じさせるライブだっただけに、5組の今後にも注目していきたい。

TEXT:IMAI / PHOTO:新倉 映見