全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

BRADIO

盛りだくさんの夜が全ての観客の心と身体を満たした

2015/10/16@恵比寿LIQUIDROOM
“POWER OF LIFE〜ファンカジスタツアー2015〜”

PH_BRADIO超満員のオーディエンスで熱気に満ち満ちた、恵比寿LIQUIDROOMのフロア。今夜はBRADIOの“POWER OF LIFE〜ファンカジスタツアー2015〜”のツアーファイナル公演だ。この日を待ちわびたBRADIOファン、すなわち“Funky Party People”は初っ端からテンション全開だった。まずはオープニング映像で期待を高めた後に、メンバーが1人ずつ登場してソロを披露。最後にVo.真行寺貴秋が登場すると、一際大きな拍手と歓声で迎え入れる。

そして「Flyers」のイントロが鳴り響いた瞬間に、会場全体から手拍子が鳴り響く。バンドとオーディエンスがいきなり一体となるような、最高のスタートだ。「オトナHIT PARADE」では南国系の衣装を身につけた女性ダンサーたちが加わり、ステージ上を華やかに彩る。初期の名曲「Golden Liar」のイントロでも即座に反応して歓声が起こるあたりに、集まった大観衆が彼らの音源をしっかり聴き込んで愛していることを実感した。

ファイナルならではの特別な演出も、会場をさらに盛り上げる。「Sunday」ではゲストにMICRO(HOME MADE 家族)が登場して、共にラップを披露。「Chocolate Flavor」ではRinda(FAT PROP)が美しい鍵盤の響きを加え、「You Make Me Feel Brand New」ではさらにゲストコーラスにモミ(ルルルルズ)も参加して華を添えていく。「シークレットコード」ではEma(FAT PROP)を呼び込んで、“スペシャルパーカッションセッション”でフロアの熱量をさらに高めていった。

中盤では鯖の食あたりで酒井亮輔(Ba.)が死んだという設定で、それをアフロパワーで蘇らせる“茶番”で客席の笑いを誘う。本編を終了後は、アンコールでまず「Thanks」をアコースティックでしっとり聴かせる。「Ride On Time」で谷川正憲(UNCHAIN)をゲストに加えて始まるも、最終的にはゲスト全員が参加してパーティーはお祭り騒ぎの中でフィナーレへ。エンターテインメント性に溢れた盛りだくさんの夜は全ての観客の心と身体を満たしたに違いない。

TEXT:IMAI
PHOTO:木場ヨシヒト