全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

FOUR GET ME A NOTS

FOUR GET ME A NOTSの想いが詰まったツアーファイナル。

2015/10/11@渋谷TSUTAYA O-WEST
FOUR GET ME A NOTS / Dizzy Sunfist / LONGMAN / SCOTLAND GIRL

PH_FGMAN_mainFOUR GET ME A NOTSが、メンバーに“女性”がいるバンドを対バンに迎えて全国各地で開催した“ASTREA TOUR”。同ツアーファイナル、O-WESTのステージに立ったFOUR GET ME A NOTSの3人からは、“自分たちの手で新しいものを作り出していく”という意志を感じさせた。

BONNIE PINKのSEが流れ、3人がステージに登場する。Vo./G.高橋がギターをひずませ、Vo./Ba.石坪が叫んで「Sail」でライブスタート。FOUR GET ME A NOTSの音を全身で浴びる喜びを体現するかのように、フロアではモッシュが沸き起こり、手拍子が大きくなる。同曲の流れるようなメロディと落差の激しい大きなサビに乗って、オーディエンスの気持ちが宙に舞う。攻撃的なサウンドが印象的な「Hate」では、高橋がステージ最前で客席を煽り、3人が一体となってすさまじい音圧で圧倒。興奮したフロアからは拳が振り上がる。キラーチューン「Heroine」が始まったときには既に会場の熱は最高潮に達しており、ダイバーが乱発。Vo./Dr.阿部はそんな様を楽しそうに眺めながら、タイトで頼もしいドラムを繰り出していく。

高橋が「大切な歌を」と言って始めた「Music is my life」には、彼らの音楽に対する“想い”が溢れていて、聴く者の心をギュッと掴んでいく。大きな一体感のまま石坪がメインヴォーカルをとる「Set you free」、そして男女混声のハーモニーが印象的な「Thirst」で魅せ、ヒリヒリと張り詰めるような緊張感がたまらない「Void」で更に盛り上げる。

MCで石坪が「俺たちにしかできないことをやりたくて、自分たちの精一杯でやりたくて、“残したい”、“繋げていきたい”を今日は見せたくて」と、今回のツアーにかける想いを告げる。「Mement」「Stars」と聴かせたあと、更に石坪が「13本、今まででいちばん少なかったけど、充実したツアーでした」と言ったように、3人の表情からは今回のツアーの充実ぶりが伺える。

ライブは後半にさしかかり、高橋が挑発的なリフで煽りに煽って「The first thing」をスタート。続く「Now」の爆発的な盛り上がりのまま「Here we go」へ突入。ライブを想定して制作したという同曲の力は凄まじく、コール&レスポンスを繰り返しながら階段を勢いよく3段とばしで駆け上がっていくような小気味良さがたまらない。そして誰にも止められない「Beginning」のメロディが走り出す。エモーショナルなメロディに乗ってダイバーが舞い、モッシュが頻発、フロアは大変な状態になる。大きな盛り上がりと熱に包まれたまま迎えた本編最後は「All is simple」。阿部のパワフルなドラム、高橋のエッジィなギター、石坪の胸を焦がすベース、キラキラと輝くメロディ。彼らの気持ちがダイレクトに伝わってきて、汗だくの観客は大きな大きな歓声を上げて本編終了。

そしてアンコールでは、ゲストバンドのメンバーを次から次へとステージに迎えてのコラボ。他のバンドメンバーと楽しそうにステージを作るFOUR GET ME A NOTSの姿は新鮮だったし、自分たちと仲間で新しい場所を作っていこうという想いを感じさせた。今回のツアーは、音楽を楽しむ新たな場所を作り、1バンドの枠に留まらずに拡げ、そして繋げていこうというFOUR GET ME A NOTSの気持ちを形にしたものだったのだろう。これからの彼らへの期待が更に大きくなった。

TEXT:Takeshi.Yamanaka
PHOTO:SARU(SARUYA AYUMI)