全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

FABLED NUMBER

次代を作る新しいハイブリッドミュージック

2016/1/30@心斎橋BIGCAT“FABLED NUMBER presents 大阪 響の陣 DIE ON ROCK FES”
FABLED NUMBER / AIR SWELL / ヒステリックパニック / My Hair is Bad / ヒトリエ

極上EDM × 本格ROCK SOUNDが全国で話題沸騰中のFABLED NUMBER。彼らの主催イベント“DIE ON ROCK FES”がこの日、心斎橋BIGCATで開催された。SOLD OUTで超満員のオーディエンスが見守る中で、盟友のステージやDJタイムを経て、ついにFABLED NUMBERのライブが始まる。

「あけましておめでとうございます! 伝説を残そうぜ!」。N'Taichi(Ba./Cho.)の言葉を皮切りに、いきなりハンドクラップが巻き起こった。珠玉のダンスナンバーで勃発するダイバーと、誰よりも激しく楽しそうに踊るN'Eita(G./Vo.)。2ステップを踏みながら赤毛を揺らすIkki-Rodriguez(Samp./Prog.)も、負けじと客席にダイブ! 「この日本で俺より歌える奴がおんのかい?」とN'Eitaが煽れば、すかさず「We don't care what you break my mind」を繰り出していく。

本能に訴えかけるグルーヴを持ちながらも、ミドルテンポの楽曲ではメロディで聴かせる要素もしっかり備わっている。その確かな実力を裏付けするような楽曲で緩急をつけると、N'Eitaのアコースティックメドレーが始まった。THE BLUE HEARTS「TRAIN-TRAIN」、MONGOL800「小さな恋のうた」、THE HIGH-LOWS「日曜日よりの使者」、BUMP OF CHICKEN「車輪の唄」など、事前にファンからリクエストを受け付けた中から本人がチョイスした楽曲のカバーを披露していく。熱のこもった歌声で表現されていく名曲たちを聴き、リクエストしたファンも嬉しかったに違いない。

ラストの「YES」では、ヒステリックパニックのTack朗(G./Vo.)も加わっての乱痴気騒ぎ! 大歓声の中、イベントは幕を閉じた。様々なバックボーンを独自の音楽性に落とし込んだ、唯一無二のセンスをまざまざと体感したこの夜。きっと新しい時代を作っていくのは、偉大な先輩たちから学び、意志を受け継いだうえで新しいものを生み出せるバンドなのだろう。近い将来、彼らが音楽シーンを牽引する存在になることを予感させる時間だった。

TEXT:森下恭子

 

 
 
 
 

FABLED NUMBERの近作をAmazonでチェック!!