全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

十代白書2016

数々の激闘を繰り広げ、決勝戦を制した優勝者YAJICO GIRL 独占インタビュー! 頂点を勝ち取ったバンドの魅力に迫る!!

Congratulations
YAJICO GIRL

main_yajico3
【Member】
Vo.四方颯人
G.榎本陸
G.吉見和起
Ba./Cho.武志綜真
Dr.古谷駿

 

●みなさんが思う「YAJICO GIRL」の魅力は何ですか?

古谷:DIY精神というか、自分たちで何でもやっていることですね。例えばPVの撮影や編集もそうだし、CDの印刷も手作りなんですよ。自主的にやることでこのバンド特有の色が出せるし、ほんわかした雰囲気が保たれていると思います(笑)。

●確かに、すごく良い雰囲気ですよね。ちょっと話しただけでも仲の良さが伝わってきます。

榎本:それもバンドの強みですね。技術的な面で言えば、他にもすごい人はたくさんいると思うんですよ。でもひとりひとりがバンドに必要な存在として機能しているから、このメンバーの代わりは絶対にいないと思っています。

●この5人だからこそのバンドというか。みなさんは昔からの知り合いなんですか?

吉見:そうですね。高1のときにフォークソング部でたまたま集まったんですけど、高校を卒業してからもずっと続いていて。

古谷:当時は学校のセミナーハウスでライブをしていたんですが、そのステージも自分たちで組んでいましたね。DIY精神はそこから来てるのかもしれない(笑)。

四方:他のバンドがやっていないことや、新しいことをやるのが好きなんですよ。作曲についてもどこかで聴いたようなありふれた曲にはしたくないし、演出やパフォーマンスもそうですね。ある程度ポップさは保ちながらも“人と違う感じを出したい”という意識が強くあるんです。

●それがオリジナリティに繋がっているんですね。

吉見:メンバー全員が斜に構えているから、誰も正面を向いてないという(笑)。性格も好みもバラバラだし、仲が良くなかったら成り立たないバンドだと思います。

武志:みんながどんな演奏をするのか、どんな音楽が好きなのかもまったく知らずに組んだので(笑)。ブルースやオルタナが好きだったり、アイドルが好きだったり…趣味は全然違うけど、それが5人の中で上手くミックスされて出ているというか。

四方:だから僕らの音楽性は、言葉で表せる感じではないんですよ。ジャンルを決めたくないし、そのときにやりたいことを表現していきたい。

●なるほど。“こういう音楽がやりたい”ではなく、“自分たちのやりたいことを音楽にしたい”なんですね。

榎本:好奇心が結構強い方だから、面白いことを探してどんどんチャレンジしていきたいと思っています。だからみなさんには“何か変なことをやってるな”と思いながら、ずっと注目していてほしいですね。

Interview:森下恭子

yajico1
yajico2

-YAJICO GIRL ライブ情報-
“Slimcat × Faded old city pre. CAT CITY”
2016年05月18日(水)@心斎橋 JANUS
出演:Slimcat / Faded old city / パノラマパナマタウン / YAJICO GIRL / Balloon at dawn / Mississippi Khaki Hair
時間:open.18:00 / start.18:30
料金:前売2000円 / 当日2500円(入場時DRINK代別途600円必要)
ぴあ(295-872) / ローソン(56887) / e+

 
準グランプリ:坂口有望
十代白書2016準グランプリ㈪

神田商会賞:Made in Raga-sa ベーシストみおぴぴ
十代白書2016神田商会賞㈰

イシバシ楽器賞:AuRonChiiii
十代白書2016イシバシ賞㈪