全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

10-FEET “Fin” TOUR 2017-2018@Zepp Tokyo
心の汗がどばどばと溢れ出したワンマン

心の汗がどばどばと溢れ出したワンマン

10-FEET “Fin” TOUR 2017-2018(ワンマン)
2018/2/22@Zepp Tokyo

 

会場が暗転してSEが鳴り、大歓声が沸き起こる。Vo./G.TAKUMAが叫んで「1 size FITS ALL」からライブスタート。興奮が音を立てて溢れ出す。やはり10-FEETのライブはえぐい。1曲目からステージの3人だけではなく、会場に居る全員が歌い、叫び、跳ねる。まさに全員でやるライブ。一体感と高揚感が理性を塗りつぶしていく。

 

「火とリズム」「SHOES」「fast edge emotion」と重ね、TAKUMAが「東京うるせー!!」と言ったように、フロアから起こる歓声と歌声のボリュームはめちゃくちゃデカい。TAKUMAは曲中に何度も煽り、オーディエンスはそのたびに大きな歓声をあげる。1つ1つの瞬間がすべてピーク、最初から一切テンションが弱まらない。

 

 

Dr./Cho.KOUICHIのヴォーカルが炸裂した「十二支」、TAKUMAがポロポロとギターを弾きながらまるで即興のように始めた名曲「Fin」、その後の「風」でぐっと惹き込んだかと思えば、Ba./Vo.NAOKIとTAKUMAの小芝居で大爆笑させ、「月 〜sound jammer せやな〜」で爆発的に盛り上げる。いつもながら、10-FEETのライブは感情の振り幅が大きくて、心が汗をかきまくる。

 

ライブ半ばにTAKUMAの「終わります。ありがというございました」「それではアンコール始めます」というおなじみのくだりは、単に笑いを誘うだけではなく、その瞬間にどれだけの全力を込めることができるか、という強い意識の表れなのだろう。その後、TAKUMAが「太陽4号」の前に叫んだ言葉が印象的だった。

 

 

「ライブをやればやるほど、初めてのときのような緊張はなくなってきた。でも年がら年中やっているけど、その日のライブが今まででいちばんになるように。っていう気持ちは、俺はライブが終わるまで絶対に諦めません。感動しにくくなったのは、心が冷めたり、感性が鈍っていってるんじゃなくて、きっとあんたがほんまもんの感動を知っているからで。なかなか感動しなくなった代わりに、絶対に何かが強くなっていると思う。俺はそう思いたい! みんなもそうであってほしい!」

 

アルバム『Fin』のリリースツアー、この日は26本目。今までのツアーすべてのステージで彼らはそういう想いで挑んできたのだろうし、これから先も続くツアーでも一切諦めるつもりはないのだろう。10-FEETというバンドの凄さを改めて痛感する。「その日のライブが今まででいちばんになるように」というのは誰しもが思うことかもしれないが、実際にやろうと思ってもなかなか出来ることではない。

 

 

ライブは後半に入り、「アンテナラスト」「VIBES BY VIBES」「goes on」と会場の熱がぐんぐん上昇してダイバーが続出、もはや手がつけられない。更にTAKUMAが「区切らずに、このままアンコールの時間も使います。ラスト5曲どんどんいこう」と言い、ステージ最前まで身を乗り出したNAOKIがまるでケンカを売るように煽り、KOUICHIがタイトなリズムで火を点け、オーディエンスの興奮が限界を超える。

 

TAKUMAが「俺が我慢して丸く収まるんでしたら…とか、私が我慢して丸く収まるんでしたら…とか言って、自分を犠牲にして、いつも人のことばかり考えてるやつ。今日お前の寂しさや悔しさ、虚しさを燃やすために、今から俺が代わりに叫んでやる!」と叫んで限界の向こう側で鳴らした「その向こうへ」、数え切れないほどのダイバーが舞った「RIVER」。心の汗がとめどなく溢れ出す中、もともと予定になかったKOUICHIからのリクエスト「JUST A FALSE! JUST A HOLE!」、そしてNAOKIからのリクエスト「hammer ska」で大団円。

 

 

20周年を経て、更に進み続けるライブバンドとオーディエンスたちによる、至極のワンマン。この日のライブも二度と経験できないものだった。だからこそ、彼らのライブは何度も何度も観たくなるのだろう。10-FEETと一緒に何度も何度もライブをしたくなるのだろう。

TEXT:Takeshi.Yamanaka / PHOTO:HayachiN

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj