全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Battery Records

ミュージシャンの視点から、関西の逸材を発掘・リリースする音楽レーベル

ミュージシャンの視点から、関西の逸材を発掘・リリースする音楽レーベル「Battery Records」。そこから2016年に発売された2バンドの音源をご紹介!

img_1665

アームエンタープライズ株式会社
Battery Records責任者 今富一機
【Prefile】ロックバンド・太陽の塔のギタリストであり、ライブハウス・あべのROCKTOWNのポケモンマスターであり、音楽レーベル・Battery Recordsの責任者でもある。様々な現場でマルチな才能を発揮するナイスガイ。

 

 

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%93【Artist 1】バンドごっこ
『1/∞』
Battery Records
BTRT-0005
¥2,000+税
NOW ON SALE

 

 

 

 

 

●1枚は、6月に発売されたバンドごっこの『1/∞』ですね。まずはバンドごっこについて教えていただければと思います!

今富:バンドごっことは付き合いも長いんですけど、あいつらはインパクトを求められるバンドですね。例えば『1/∞』のリード曲で「おにさんこちら」という曲があるんですけど、このPVではひたすらカンチョーしまくってるんですよ。

●か、カンチョー?? どういうことですか?

今富:まず、撮影の前日に監督やメンバーと「どんなPVをするか」という話をしていたんですよ。そこで「決め始まりの曲なので、決めと映像とを合わせてカンチョーしたら面白いんじゃないか?」ということで、歌詞に合わせてカンチョーを7発。

●なるほど(笑)。まずその発想がすごいです。

今富:笑いながらいろいろとしょうもないことを言いつつ、出来上がって膨らんでいったのがあのPVで。そういうことが出来るバンドってそんなにいなくて、普通は冗談で終わるんですけど、それを本当に具体的にできたのが面白かったですね。

●アホなことを大真面目にやって成功するって、最高ですよね。

今富:ホント最高です。実際にインパクトもありましたし、ゲームのタイアップになったというのもあるんですけど、良い相乗効果で今回のアルバムが動いていったかなと思います。

●ちょうどここ2〜3年でバンドごっこの名前を頻繁に聞くようになってきて。たぶん観たことはないけど名前は知っているとか、気になっている人もいると思うんです。そういう人達に、全国流通盤で知ってもらう機会できるのはすごく良いことですよね。

今富:そうですね。今回うちからアルバムを出したことがキッカケで、前のアルバムもセールスが伸びているんですよ。

●作品を出すことで、新作だけじゃなくて前のアルバムにも興味を持ってくれる。

今富:CDを出して次を出さないと、前の作品も売れないですし。でもその分出せば伸びていくので、やっぱり出した方が良いのかなと思いますね。

●着実に結果が出ているんですね。

 

 

2_digipack【Artist 2】ホロ
『この世界を愛する』
Battery Records
BTRT-0006
¥2,000+税
NOW ON SALE

 

 

 

 

●もう1枚はホロですね。先月インタビューをさせて頂きましたけど、相変わらず曲も演奏もめちゃめちゃカッコ良いです。玄人好みの味があって、ハマる人は一瞬でハマるでしょうね。

今富:実際に曲を作っていくにしても、自分達の音楽性に対してすごくストイックで。だからこそなかなか冒険しにくいところではあるんですけどね。でも今作はこれまでのホロらしい部分を持ちつつ、それをさらに進化させた曲もあるし、冒険ですごくポップな曲もありますし。そういう意味ではちょっとずつ変わってきているのかなと思いますね。すごく評判が良くて、今回のアルバムがいちばん良いと言ってくれる人も多いので、それもひとつの成長なのかなと思います。

●徐々に間口が広がっているというか。

今富:ホロに関しては地道に伸びていて、ある程度好きな人はリリースすれば必ず買ってくれる感じですね。ただもっと広げたいなとは思うんですけど。

●玄人受けはすごく良いんですけど、素人が入り辛いというか。

今富:そうなんですよね。かといってあまり広げ過ぎるのも怖いし。でもちょっとずつ変わってきているかなと思います。

●ライブを観ていると、すごく開けているように感じます。

今富:目の前にいる人達に対しては開けているんですけど、これからホロを知るっていう人達に関しては、まだちょっとビビってるところもあるでしょうし。これからもっと変わっていくのかもしれないし、もっと開けていくのかもしれないし、もっとポップになっていくのかもしれないし、正直わからないです。それは本人達がどう求めるかだと思います。

●3人ともストイックですから、どう変わったとしても軸はブレないでしょうし。

今富:ホロに関しては、ブレないっていうところはすごく評価すべきアーティストだなと思います。だからもっと売れてほしいでし、そのうちチャンスがあるんじゃないかと。

●間違いなくもっと売れるべきバンドです。売りましょう!

 

【今富さんからのメッセージ】
この仕事を始めて28年、いっぱいライブも観ましたし、売れていくバンドとそうじゃないバンドの違いも目の当たりにしました。だからこそ思うのは、温故知新ということです。昔が良かったと無条件に言うのではなくて、昔を知ることで深みが出る。古き良きものを知って、色々なことを学びましょう!

【Battery Recordsスタッフ&バンド募集】
Battery Recordsで働きたいスタッフ&リリースしたいバンドを募集中!! やる気と根性のある人はROCKTOWN(06-6632-6900)まで!!