全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

SPECIAL LIVE REPORT: “MEGAMASSO LIVE 2016 [THE FIRST REUNION,SECOND NIMBUS]”

冬眠から目覚めた3人が届けた心からの“おはよう”と“ありがとう”

2016/12/10@品川インターシティホール


2016年12月10日、1年間の“冬眠”からメガマソがいよいよ目覚めの時を迎える。SOLD OUTとなった品川インターシティホールを埋める大勢の観客たちもその瞬間を前に期待だけでなく、どこか緊張感も漂わせているようだ。照明が落ちてSEの「オープニングガール」が流れ始めると、自然と手拍子が沸き起こった。Ba.Gou、Vo.インザーギ、G.涼平というメガマソの3人がステージに登場してくるのを、大歓声で迎え入れていく。歓喜に包まれたフロアへ、真っ先に放たれたのは「ザセカンドニムバス」。デジタルハードコア的なサウンドで荒々しく幕を開け、サビの“二秒見つめてよ”で一気に開放感をもたらす新たなキラーチューンに高揚感はいきなりマックスへ。
続く「トローネエンゼル」のイントロでは、インザーギの「3・2・1!」というコールに合わせてオーディエンスが一斉にジャンプ。一体となって盛り上がる観客たちに、曲終わりで「俺たちがメガマソだ!」と高らかに叫ぶ。そしてメガマソらしい独自の世界観とメロディを持った「万国砂糖品評会(最優秀甘味賞受賞)」で、一体感をさらに増していく。耳をつんざかんばかりの歓声が上がる中で、インザーギが「おはよう!」と挨拶。この1年の想いとファンへの感謝を述べ、「心より“おはよう”と“ありがとう”を言いたい」と話す。「特別な景色を作りたい」という言葉からの「タイダルピンク」ではピンク色の照明で包み込み、「リフレイン」ではインザーギの歌声がキラキラしたサウンドの中で煌めいているかのようだ。
鍵盤の美しい響きから始まった「水没寺院」で幽玄な世界に浸った後は、2度目のMCタイムへ。メンバー同士の軽妙な会話に笑いが起こり、会場の空気もふわりと和む。「1年前に君たちのために歌った曲を再び」からの「フロスチ」では、1年分の想いを込めるかのごとく感情豊かに歌い上げるインザーギ。そこから「ふとん史」へと曲同士がつながるように流れ込んでいくと、涼平がイントロでかき鳴らすソリッドなギターにたくさんの手が挙がる。ヘッドバンギングが巻き起こった「ヘゾアルステーン」に、コール&レスポンスからの「サイレントガール」とアッパーチューンの連発に、終盤に向けて興奮のボルテージは上昇していくばかり。そんな中、本編ラストを「ザワールドイズマイン」でいったん締め括った。
1年間にわたり待ち侘びていたファンの枯渇感は、まだまだこんなものでは満たされない。「雨楽器隊」から始まったアンコールでは、この日の会場限定で販売された新曲「雨降る夜に」も披露して大いに喜ばせてくれた。その後のMCタイムではリラックスしたトークを繰り広げると共に、この日の再会を心から楽しんでいる様子がありありと伝わってくる。「Loveless,more Loveless」まで5曲のアンコールでも足りない観客たちに応えて、ダブルアンコールへ突入。本当の最後を飾ったのは、2006年12月6日に初めてリリースしたミニアルバムの表題曲「涙猫」だ。10年前に“ビジュアル系”ロックバンドとして始まったメガマソは、今もたくさんの笑顔に囲まれながら新鮮な気持ちで唯一無二の音を奏で続けている。冬眠期間にたっぷり充電してきた3人は、この結成10周年イヤーにきっとまた素敵な時間と未知なる体験をもたらしてくれることだろう。それはもう間違いない。

TEXT:IMAI
PHOTO:新倉映見