全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

地獄ヘルズ

狂乱を巻き起こし、ロックンロールの激情を記憶に刻み込んだ地獄の饗宴。

地獄ヘルズ メジャーリリースパーティー“地獄のロックンロールファイヤー”
2018/3/17@渋谷La.mama

THE SLUT BANKS×Droog×首振りDollsという超個性派3バンドによって結成された“地獄ヘルズ”のメジャーリリースパーティー“地獄のロックンロールファイヤー”が、渋谷La.mamaで開催された。

 

 

板谷祐(THE SLUT BANKS)、カタヤマヒロキ(Droog)、ナオ(首振りDolls)によるトリプルヴォーカル、荒金祐太朗(Droog)とジョニーダイアモンド(首振りDolls)によるツインギター、リーダー戸城憲夫による爆音ベース、そして金川卓矢(THE SLUT BANKS)と菊地哲(D'ERLANGER)によるツインドラム(菊地哲はレコーディングでの参加)という異色の構成の地獄ヘルズは、3バンドで行ったツアーのアンコールセッションの中で誕生し、この日が正式な初ライブとなる。
待望の初ライブ、そしてこのライブに先駆けてリリースされた1stアルバム『地獄のロックンロールファイヤー』の完成度の高さと相まって、開演前から会場の空気は熱を帯びていた。

 

 

この記念すべきライブのO.Aとして登場したのは、川崎寿広(Vo./G.)、坂下丈朋(G./THE SLUT BANKS)、ジョン(Ba./首振りDolls)、多田拓斗(Ba./Droog)、右田智弘(Dr./Droog)、KATSUMI(Vo.&Dancing)、竹P(Vo.&Dancing)という、地獄ヘルズに勝るとも劣らない強烈なインパクトの“天国ヘヴンズ”の面々。
頭に天使の輪を付けた姿で登場し、「天国ヘヴンズです! アーメン」というキメ台詞とポーズでオーディエンスの心を鷲掴みにすると、首振りDollsの「悪魔と踊れ」「ロックンロール」、Droogの「環状線」「Johnny&Vicious」、THE SLUT BANKSの「Babybuster」「#0022」、そして唯一のオリジナル曲「オーティス・レディング」を披露。
「僕たち、お祝いするために天国から駆け付けました!」(竹P)、「昨日、笹塚に降り立ちまして、今日3時半にここに来ました。アーメン!」(川崎)と軽快なトークで会場を沸かせ、3バンドのハイライトナンバーばかりを揃えた豪華なセットリストで地獄ヘルズの門出を祝った。

 

 

そんな熱い応援を受け、インストゥルメンタル「地獄の一丁目」と共に地獄ヘルズの7人が姿を現すと、場内の熱気は一気に上昇し、歓声とハンドクラップが響き渡る。
地獄の饗宴の幕開けは「Welcome to the HELLZ」。極太のサウンドと板谷の「Come on!」の声を引き金に、身を乗り出した3人のヴォーカリストの三者三様の歌声が、競り合い、絡み合い、万華鏡のように変化しながら不思議に融合していく。このヴォーカル陣に負けじと、荒金とジョニーのギター隊も音を重ね、華やかなプレイを展開していった。

 

 

ジョニーの掻き鳴らすギターリフが始まりを告げる「ヘルズ・ボーイズ」では、“閻魔大王”こと戸城のベースソロに大歓声が上がり、響くハイハットと“サンダー”の歌声が鋭く空気を裂いた「地獄のサンダー超特急」では、ナオの強烈なハイトーンシャウトが更なる狂騒を巻き起こす。
力強く奏でられる音は圧巻の一言。1曲1曲にライブならではの荒々しさと熱が加わり、ナオの「待たせたな! 俺たちが地獄ヘルズだ! 今日は地獄ヘルズのびっくりメジャーデビューパーティーへようこそ。びっくりしただろ。まさかあのアンコールのバンドがメジャーデビューなんてな!」という言葉にフロアは熱い咆哮で応えた。

 

 
この熱の渦に投下されたのは「地獄のrock 'n' roll fire」。ヴォーカル3人が入り乱れ、板谷の「来いよ!」という煽りにフロアに無数の力強い拳が上がる。怖いほどの熱気に板谷はサムズアップをして見せ、戸城の顔にも笑みが浮かんだ。続いて、高らかに左手を挙げた金川の渾身の一打で始まる「ヤバいヤツ」がドロップされると、ジョニーがトーキングボックスで参戦。共鳴し合う7人の音をヘヴィに轟かせた。
さらに、満足げにフロアを見渡した板谷が「La.mama、すげー盛り上がってるな!」と笑うと、カタヤマは「まだまだやりましょうか。極楽に連れて行きましょうか!」と宣言。「極楽ANGEL」で甘やかな声を響かせ、フロアを極楽モードへと導いたのだった。

 

 
この日のMCで板谷が、「地獄ヘルズはこうやってアルバムを作ることができて、何よりTHE SLUT BANKSは友達がいないバンドなので、メンバーのDroogと首振りDollsに感謝しています。いろんなところに一緒に行かせてもらって、別府(Droogの出身地)にも小倉(首振りDollsの出身地)にも行けたりして。こんな感じで地獄ヘルズは生まれたんですけど、今日はちょっといいライブになったんじゃないでしょうか。これからもやりたいようにやっていくのでよろしくお願いします!」と語りかけるとオーディエンスとメンバーから拍手が沸き起こった。

 

 
本編のラストを飾ったのは、このアルバム唯一のバラード「腐るまで」。これまでの疾風怒濤のステージからガラリと空気を変え、“ふたりはまた 踊り続けるのさ 腐るまで”という歌詞に彩られたどこか懐かしい空気を纏ったラブソングを、丹念に歌い上げたのだった。

 

 

アルバムの曲順に忠実なセットリストで構成された本編を終え、鳴りやまないアンコールに応えて姿を現した戸城、荒金、ジョニーの頭に揺れているのは天国ヘヴンズのメンバーが付けていた天使の輪。オーディエンスから「カワイイ!」という歓声が沸き起こり、板谷は「地獄が天国化してきてるな」と笑う。そうかと思えば「昨日リハーサルやったけど、その倍以上の時間、酒飲んでたぜ!」とナオが吼え、開始早々なかなかのカオスぶりだ。
そんなアンコールで披露されたのは、昨年会場限定で発売された1stシングルに収められたエロティックなナンバー「あの娘プリティベイビー」、そして最高のドライヴ感が光る「悪魔のモンキースパナ」。この2曲でトドメの狂乱を巻き起こし、むせ返るような熱気の中、彼らのロックンロールの激情を会場にいた全員と共有したのだった。

記憶に残る灼熱のライブを展開した地獄ヘルズ。彼らはこれから一体どんな驚きを我々に与えてくれるのだろう。「これからもやりたいようにやっていく」ーーそんな頼もしい言葉の先に何が待っているのか、このバンドの次なる展開が楽しみでならない。

Text:後藤るつ子 / Photo:703

■セットリスト
01.Welcome to the HELLZ
02.ヘルズ・ボーイズ
03.地獄のサンダー超特急
04.地獄のrock 'n' roll fire
05.ヤバいヤツ
06.地獄の影
07.極楽ANGEL
08.デストロイヤー
09.腐るまで

EN
01.あの娘プリティベイビー
02.悪魔のモンキースパナ

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj