全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

PAN

ザ・マジックアワーツアー 「春のPAN祭り2018」

w/ PAN / 打首獄門同好会 / MINAMI NiNE / オメでたい頭でなにより / NUBO / FOMARE / 忘れらんねえよ柴田 with タナカヒロキ
2018/4/14@新宿LOFT

 

今年も“春のPAN祭り”の季節がやってきた

3/21@大阪・味園ユニバース “「春のPAN祭り」大阪編”からスタートしたPANの“ザ・マジックアワーツアー”。そのツアーファイナルが「春のPAN祭り2018」として新宿LOFTで開催された。土曜日とはいえ16時という早いスタート時間でもフロアはパンパン。錚々たるメンツがしのぎを削り合う素晴らしいアクトで盛り上げ、トリのPANへとバトンを繋いでいった。

 

 

ステージにはVo.川さんが1人で現れ、この日THE FOEVER YOUNGの出演がキャンセルになったこと、そして九州からVo./Ba.クニタケが1人で会場に来ていることを説明し、急遽クニタケが弾き語りをすることを告げる。PANの粋な計らいにオーディエンスは大喜び。クニタケが渾身の「素晴らしき世界」を歌い上げて会場の熱をピークにしてバトンタッチ、いよいよPANの登場だ。

 

 

SEがうまく流れないというハプニングもあったが、PANの4人はそんなことはお構いなしに1曲目「完全な命」からフルスロットル。身を乗り出して歌う川さんに興奮したオーディエンスのテンションを、G.ゴッチとBa.ダイスケがコーラスで更に押し上げていき、ダイバーが乱発。のっけから熱い。

 

 

曲間なく「今日だけ祭り」「天国ミュージック」と激アゲチューンを連発。Dr.よこしんが煽り、ゴッチが顔に似合わず凶暴なギターを響かせ、ダイスケが客の上に乗り、威風堂々たるオーラを発しつつ川さんが客席を睥睨する。頼もしい。PANの更なる成長を感じさせる頼もしいステージだ。

 

 

ライブ中盤に披露した「ザ・マジックアワー」の貫通力は強烈。川さんが発する真っ直ぐな言葉がグサグサと胸に突き刺さる。PANは一見ワチャワチャと楽しいことばかりをやっているバンドのように見えるが、要所要所でこういう芯を食ったというか、真っ直ぐな想いを吐露した名曲を作るんだからたまらない。

 

 

17年前に初めてLOFTに出演したことや、「春のPAN祭り2018」に出演してくれたバンドへの感謝の気持ちを伝え、ライブは佳境に。「直感ベイベー」でダイバーを続発させ、本編最後は絶妙なグルーヴと巨大な一体感で包み込んだ「ギョウザ食べチャイナ」、そしてアンコールでは出演バンドのカヴァーメドレーで感謝の気持ちを形にし、夏頃に新作をリリースすることを発表(既にオフィシャルサイトでは発表になっている7/4リリースのシングル『我二BET』)、「人生の湯」「今夜はバーベキュー」と駆け抜け、残り時間2分と確認して「フリーダム」で終演。川さんが何度も「ありがとう」と感謝の気持ちを告げる。4人の気持ちがたくさん伝わってくるステージであったと同時に、数多くの現場を全力でこなしてきたことがわかる、ソリッドさとタフネスを兼ね備えたライブだった。今後どこまで突き抜けていくのか、これからのPANが楽しみでならない。

TEXT:Takeshi.Yamanaka
PHOTO:冨田味我

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj