全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

Nothing’s Carved In Stone “Mirror Ocean Tour” ライブレポート 2018/5/22@新木場Studio Coast

最高の夜は約束されていた

“Mirror Ocean Tour”
2018/5/22@新木場Studio Coast

 

 

朱い照明に照らされた観客たちが大きな塊となってステージ方向に押し寄せ、大歓声と拍手が沸き起こる。Nothing's Carved In Stoneが姿を現した。ヴォーカルに照明があたり、彼が持つギターが音を放つ。「Mirror Ocean」からライブは始まった。

 

 

ステージ後方のスクリーンに映し出された映像には、4人が鳴らす音の1つ1つを具現化したかのような粒子がうごめいている。迫りくる音は容赦なくオーディエンスの心を鼓舞し、会場のテンションが音を立てて上がっていく。ギターが咆哮して始まった「In Future」は、芳醇なベースとクリティカルなビートが絡み合い、揺るがない歌がフロアを牽引する。凶暴なアンサンブルが加速し、「お前らのために最高の夜にしたいんだ!」という言葉がオーディエンスの気持ちをギュッと掴む。「Out of Control」「Directions We Know」と沸点を超えるステージの連続。起伏の大きな音の波の中を泳ぐように、オーディエンスが前のめりで陶酔する。ライブが始まった瞬間から、最高の夜は約束されていた。

 

 

音のキレと鋭さ、強靭なアンサンブル、暴力的なほどの一体感と、カリスマを帯びたヴォーカル。このツアーで実りのあるライブを重ねてきたのだろう、パンプアップされたNothing's Carved In Stoneはどこまでもタフだ。攻撃的フォーメーションにライブアレンジされた「You're In Motion」、4つの音がスルスルと絡んでいく様が見事な「Milestone」。1つ1つの音を噛み締めながら、一瞬一瞬を味わいながら、何もかも忘れてライブに身を任せる心地よさ。

 

 

Studio Coastに一陣の風が吹き抜けた「Brotherhood」、開放された音が怒涛のように押し寄せる「Stories」、ダイナミックなアレンジで一瞬にして眼の前の情景を塗り替えた「MAZE**」。惚れ惚れするほどのステージに、オーディエンスは大きな歓声で4人を称える。

 

 

「始まってから今日まで10年間活動を続けて、今、みんなの前でこうやってライブできるのが幸せです。ありがとう」という言葉の後、鬼気迫るほどの空気を纏って鳴らされた「村雨の中で」、全能感を帯びた「Damage」「Bog」、そして「Nothing's Carved In Stone、10年目。この曲を今演ることにNothing's Carved In Stoneであることの意味が詰まっている」と言って始めた「The Poison Bloom」。会場は巨大な一体感に包まれているのだが、フロアとは別世界のような暴力性と狂気をも同時に感じさせる圧巻のステージ。この瞬間が観たかった。

 

 

4人の鼓動がサビで運命的に合致する「Like a Shooting Star」で会場の興奮はピークを超え、「Spirit Inspiration」ではオーディエンスがあげた拳がフロアを埋め尽くす。猛々しく、鋭く、力強く。鋼のように鍛え抜いたアンサンブルは、我々を恍惚の彼方へと導いていく。そして圧巻は本編最後。ステージ前に降りた白い幕に幻想的な映像が映し出され、その向こうで4人が鳴らす。「新木場に愛を込めて。ありがとうございました」と村松が言って始まった「シナプスの砂浜」。今まで観たことのない、今まで体験したことのない、この4人でしか生み出すことのできない表現は素晴らしいのひと言。まさに至福の時間だった。

 

10月の日本武道館で、彼らはどんな景色を観せてくれるのだろうか。今日のライブの感触と余韻を携え、その日を心待ちにしたい。

PHOTO:TAKAHIRO TAKINAMI
TEXT:Takeshi.Yamanaka

 

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj