全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

LAID BACK OCEAN

予測不能な運命と闘いながら、彼らは明日からの旅を続ける。

NEW MOON Tour 2018 act.1〜TOUR FINAL「海のヒィィィィィィィ2018」〜
2018/7/16@渋谷SPACE ODD

バンド結成8年目にして初のフルアルバム『NEW MOON』を6/6にリリースしたLAID BACK OCEANが、そのリリースツアー“Act.1”のファイナル公演を渋谷SPACE ODDにて迎えた。会場前に並んだ長蛇の列が示すとおり、待望感しかない多数のオーディエンスがフロアを超満員で埋め尽くす。場内に入った人々が目にしたものは、ステージ中央にある台の上に設置された便器…。そんな異様な光景に驚いた人もいれば、“これぞLAID BACK OCEAN”と感じてニヤリとした人もいるはずだ。

SEに乗って、ステージに次々と登場するメンバー。最後に登場したYAFUMI(Vo.)が便器に腰掛けて歌い始めたのは、そう「TOILET REVOLUTION」だ。勘の良い人は気付いていたかもしれないが、新作でも1曲目を飾るオープニングナンバーをいきなり放たれては激アガりせずにはいられない。「STANDING BACK」を挟んでの「イマワノ_ラヴ」では、ビーチマットに乗ったYAFUMIがオーディエンスの上をまさにサーフしていく。そのまま中2階のバーで酒のグラスを受け取ってから再びステージへ戻ってくるというパフォーマンスも、“らしい”と言うべきだろう。ただ単に楽曲や演奏のカッコ良さだけではなく、枠に収まらないユーモア溢れる発想も彼らの魅力なのだから。

 

 

中盤の「ぬけがらの詩」では、実際に自分の身体で型を取ったという“ぬけがらくん”(※等身大の人形)と向き合いながらエモーショナルに歌い上げるYAFUMI。一見フザケているかのような姿を誰もが真剣に見つめている光景も、LAID BACK OCEANのライブならではかもしれない。「Way Of Life」の途中でも、突如ステージに乱入してきた女性(※NYLON100℃/劇団コノエノ!の木乃江祐希)と寸劇を展開。その場で受けた舞台出演のオファーに“言わずもがな”と了承するなど、予想できない出来事が次々と起こるが、観客たちも一緒になって楽しんでいる雰囲気がありありと伝わってくる。

「MOTHER OCEAN」「PUNK」ではピースフルなモッシュを巻き起こし、「王と玉」では観客に肩車されたYAFUMIを中心にサークルモッシュも発生。オーディエンスの大合唱を呼んだ「Mr.Good Morning」を経て、この日一番とも言える衝撃がもたらされる…。なんとKYOHEI(Ba.)の脱退が発表されたのだ。本当に予想外だったであろう発表に、場内からは悲痛な叫びや泣き声が響く。そんな中で、残りの4人でまた歩いていくことを決めたというYAFUMIは“生きるために音楽をやりたい。生き延びるためではなく”と力強く宣言。様々な想いを込めて「明日からの旅」「SHINE」という2曲を奏でて、本編を終えた。

 

 

「SHINE」を演奏するにあたって、“この曲は悲しい過去じゃありません。みんなの中にある鬱屈した何かを爆発させて下さい”と語りかけたYAFUMI。ネガティヴな気持ちになってしまいそうな事象も、ポジティヴな方向への推進力に変えてきた結果、今のLAID BACK OCEANがあるのだ。アンコールの1曲目「サーチライト」では、未来への道のりを照らす光を確かに感じられた。最後はKYOHEIが一番好きな曲だという「TOKYO 〜no turning back now〜」で締め括ったツアーファイナル。これから先も、予測不能な運命と闘いながら歩んでいくメンバーの姿を見届けていきたい。

Text:IMAI
Photo:江熊 麗志

 

 
 
 
 

LAID BACK OCEANの作品をAmazonでチェック!!

 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj