全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

SPECIAL LIVE REPORT:山人音楽祭2018

SPECIAL LIVE REPORT:山人音楽祭2018 2018/9/22-23@ヤマダグリーンドーム前橋

2018/9/22

 

 
 
 
 
 
緑に包まれ、優しい風に吹かれて会場に到着。“山人音楽祭2018”、グリーンドーム前橋には朝早くからたくさんの音楽フリークたちが集っていた。

高崎頼政太鼓が繰り出す音がドームに響き渡り、NAIKA MCがラップで“山人音楽祭”への想いを爆発させて開幕宣言。赤城ステージではヤバイTシャツ屋さんが「朝からぶちかましていこうぜー!」とオーディエンスの心に火を点ければ、榛名ステージではNUBOがエンジン全開で最高のグルーヴを作り出す。真っ赤なステージに映えるTHE BACK HORNが魂のこもったライブで魅せ、四星球が会場を大爆笑させる。出演者全員がものすごい気迫で次から次へと熱いライブを繰り広げる“山人音楽祭2018”。初の2日間開催となる今年も大成功の予感しかしない。

キュウソネコカミのVo./G.ヤマサキセイヤは「一生ロックバンド続けようぜ! 一生山人音楽祭続けようぜ!」と客の上で叫び、HEY-SMITHのG./Vo.猪狩は「いつまでもこの状況が続くわけがない。いつか俺らもお前らの前から姿を消すときが来るかもしれない。…次はお前らの番や!」と吠える。バンドをやる喜び、音楽をやる楽しさをステージ上で炸裂させる出演者たちに、オーディエンスは大きな大きな歓声で応える。ライブでしか生まれない深いコミュニケーション。やっぱり最高だ。

G-FREAK FACTORYのVo.茂木とHEY-SMITHのホーン隊、T-Sax.満、Tp.イイカワケン、Tb.かなすがゲスト参加したBRAHMANは強烈なステージでG-FREAK FACTORYと“山人音楽祭”と群馬に大きなエールを贈り、My Hair is Badはエモーショナルな歌と音でオーディエンスの心を震わせる。MONOEYESのVo./G.細美は「こんなに無茶してるのに怪我人が1人も居ないって俺たちの得意技じゃん。これからも頼むぜ」と繋ぎ、いよいよG-FREAK FACTORYの出番となった。

Ba.吉橋"yossy"伸之の旋律から始まった「Too oLD To KNoW」。アリーナの観客が腕を突き上げる。Vo.茂木は1曲目からステージを降り、客の上で「トリは3ステージとも地元群馬出身のバンド(G-FREAK FACTORY / teto / YellowStuds)。もっと群馬のバンドを観てほしい」と言い、その後マイク1本で言葉を紡ぐ。

 
 

「2018年9月22日DAYS1。山人に貫く誠。今日まで生きてるから大丈夫だ。このフェスだって来年無いかもしれない。でもとにかく無事に迎えられたDAYS1。俺たちが締めるからついてこい」と地響きのような大歓声を巻き起こし「SOMATO」。彼らのライブは観るたびに震えるほど気持ちを揺さぶられるが、“山人音楽祭”で観るG-FREAK FACTORYは別格。「FOUNDATION」で揺らし、「カモメトサカナ」で魅了し、「日はまた高く」でグリーンドームを1つにし、BRAHMANのTOSHI-LOWと「ダディ・ダーリン」を歌い、「これからも群馬をよろしくお願いします」と頭を下げる。自らの故郷を大切にし、誇りを持って活動を続けている彼らから教えられることはとてつもなく多く、何度も感動させられる。アンコールではオーディエンスが携帯のライトを灯し、茂木が「そのままやっちまおうや。最高だな」と「EVEN」で終演。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

赤城STAGE

高崎頼政太鼓&NAIKA MC

 

 

ヤバイTシャツ屋さん


 

 

THE BACK HORN

 

 

キュウソネコカミ

 

 

HEY-SMITH

 

 

BRAHMAN

 

 

My Hair is Bad

 

 

MONOEYES

 

 

 

 

榛名STAGE

NUBO

 

 

四星球

 

 

SHADOWS

 

 

SIX LOUNGE

 

 

OVER ARM THROW

 

 

打首獄門同好会

 

 

teto

 

 

妙義STAGE

DJダイノジ

 

 

清水ミチコ

 

 

NakamuraEmi

 

 

Yellow Studs

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018/9/23

 

 
 
 
 
 
昨日と同じく高崎頼政太鼓とNAIKA MCで開幕した“山人音楽祭2018”の2日目。HAWAIIAN6のDr.HATANOが「お前たちがこのイベントを作るんだ! 群馬がこのイベントを作るんだ!」とモッシュとダイヴを乱発させ、続くROTTENGRAFFTYが「テッペン獲りに来たぜ!」と凄まじいテンションで牙をむく。どちらもG-FREAK FACTORYの盟友、激しい全力のライブを繰り広げ、最高のエールを贈る姿にぐっとくる。FIRE BALL with HOME GROWNは極上のサウンドとリリックで魅了し、サンボマスターは「全員優勝!!」というコールでグリーンドームを爆発的に盛り上げる。

妙義ステージではローホーがギター1本で闘い抜き、我らがヒーロー・ROTTENGRAFFTYのN∀OKIも出場した山人MCバトルでは今年も熱いバトルが繰り広げられる。

東京スカパラダイスオーケストラの極上サウンドで酔いしれ、UVERworldが初出演ながら爆発的にフロアを沸かせる。「RIVER」からライブを始めた10-FEETの気迫は相当のモノだったし、サークル&モッシュ&ダイヴ&ジャンプと1秒も休むことなく暴れまくったオーディエンスの気合いも相当だった。中でも、Vo./G.TAKUMAが「山人音楽祭、いつも理由と目標をありがとう!」と叫び、更に続けて「G-FREAK FACTORY、もっと突っ走ってくれよ! 俺らもがんばるから! 道は先輩から譲るもんじゃなくて、若い者が押しのけていくもんやから…やれるもんならやってみろ! おじさんおばさん、俺らと同じ世代、頑張れ!」と想いを炸裂させたのはたまらなかった。

G.原田のギターからスタートしたG-FREAK FACTORY。いよいよ“山人音楽祭2018”の締め括り。吉橋のベースと渡部“PxOxN”寛之のドラムが入り、割れんばかりの手拍子が起こる。演奏が加熱し、茂木がゆっくりと登場。「山人音楽祭、最後のステージ、G-FREAK FACTORY始めます」という言葉でスタート。群馬を歌った「REAL SIGN」で熱狂を作り出し、「昨日の朝から会場の色んな所をまわってました。色んなバンドの色んな音を感じてきました。始まったら終わっちゃうんです。あと少し、なんとか2日間無事終われそうです。ありがとうみんな」と感謝の想いを告げる。
 
 
 
 


 
 
「Too oLD TO KNoW」では茂木が客の上に乗り、「今日は行けるところまで行かせてくれ」と中央スタンディングブロック後方まで辿り着き、周りのオーディエンスの顔を見渡して「最高かよ!」と歓喜した後、アカペラで「島生民」のリリックを紡ぐ。

フラフラになるほど魂を燃やしながら歌う茂木は「ここでしか会えないやつらを全員ライブハウスに連れて行きたい。もうちょっと群馬のやつらに災害意識を持ってもらいたい。たくさんの人と出会ってもらいたい。それだけを一心に願ってます。終わりは必ず来る。来年このフェスが出来るかどうか約束は出来ないけど、もし出来たら必ずまた会おうぜ。“山人音楽祭2018”、大成功です。来年この場所で会えることになったら、どうかこの場所で、お互いの安全安心を確認し合おうや」と「EVEN」で締め。昨日に引き続きオーディエンスの携帯に照らされながらのアンコールでは、出演者たちに見守られながらN∀OKIと「日はまた高く」で大団円。やはり今年も“山人音楽祭”は最高だった。

開演前に会ったG-FREAK FACTORYの原田に、初の2日間開催でトリを務める難しさを訊いたところ「いつもと同じ、一生懸命やるだけです」と答えられたこと。茂木が朝早くから出番直前まで会場の色んな場所に行き、自分のことはそっちのけで、観客やスタッフや出演者のことばかり気にかけていたこと。“背負う”ということはこういうことなのかもしれない。

主催者とスタッフと来場者の“人柄”と“気持ち”が会場の隅々にまで行き渡った群馬のお祭り、“山人音楽祭”。今年も参加出来て本当に良かった。また来年、群馬で。

 

 

赤城STAGE

高崎頼政太鼓

 

 

HAWAIAN6

 

 

ROTTENGRAFFTY

 

 

FIRE BALL with HOME GROWN

 

 

サンボマスター

 

 

東京スカパラダイスオーケストラ

 

 

UVERworld

 

 

10-FEET

 

 

榛名STAGE

Dizzy Sunfist

 

 

アルカラ

 

 

韻シスト

 

 

SA

 

 

かりゆし58

 

 

SHANK

 

 

FOMARE

 

 

妙義STAGE

音の旅crew

 

 

ローホー

 

 

Caravan

 

 

山人MCバトル

 

 

mabanua

 

 

PHOTO:
HayachiN(赤城)
半田安政[Showcase](榛名)
タマイシンゴ(妙義)

TEXT:Takeshi.Yamanaka
 
 
 
 
 
 

banner05