全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Nothing’s Carved In Stone 初の大阪開催 “Live on November 15th 2018”ライブレポート

この日、なんばHatchは彼らによって 聖域に塗り替えられた。

“Live on November 15th 2018”
201811/15@大阪なんばHatch

2016年はEX THEATER ROPPONGI、そして2017年は豊洲PITで開催された“Live on November 15th”が、今年は初の大阪開催。チケットはソールドアウト。武道館以来となる彼らのライブ。オーディエンスの熱は既に高い。

 

ゆっくりとメンバーがステージに登場すると大歓声で迎え、G./Cho.生形が鳴らした音で一気に覚醒する。意表をついた「Trush」という幕開けに大興奮し、Ba.日向とDr.大喜多が繰り出す太いビートに視覚が揺さぶられ、1人1人の内に秘めたる“野生”が呼び起こされていく。村松が叫ぶ。いこうぜ大阪! フロアが揺れる。4つの音が牙をむいて襲いかかってくる。もう止まらない。

バンドの巨大なエンジンに火が入ったかのように「Spirit Inspiration」が始まり、Oiコールが沸き起こる。村松が吐き出した歌からも、この日にかける想いと気合い、ライブに対する渇望が伝わってくる。4人のリアルな感情を携えたまま降り注ぐサウンドを、オーディエンスは拳を振り上げて受け止める。「In Future」、生形がギターで新しい景色を作り、村松がハンドマイクで暴れ、陶酔した観客が心を開放する。4人は自身のライブで何度もそうやってきたように、大きな日本武道館でもそうしたように、なんばHatchをその場に居た者にしか感じることができない聖域に塗り替える。

 

 

「みんなの声を聴かせてくれ!」と叫び、客席をまじまじと見つめる村松。彼はステージで時折そう振る舞うのだが、いったいその瞳にはどのような景色が映っているのだろうか。口を一文字に閉じ、1人1人の心の奥まで見つめるようにフロアをぐるっと眺めたあと、満足したように彼はまた歌い始めるのだ。

「座り込んでても、楽しい感じが出ていたらそれでいいから」と村松が笑い、「俺は救い出したいけど…」と続けた言葉の通り「Brotherhood」で大きな一体感を生み出し、「Diachronic」でこれは我々がずっと欲していた音だと確信させる。懐の深いステージで場所と時間を支配していくNothing's Carved In Stoneを、割れんばかりの大歓声が包み込む。「もともと震災に寄せて書いた曲で、『Mirror Ocean』のツアーとこの1年で大切な曲に育ってきた」と「青の雫」を聴かせ、クラップが降り注ぐ中で鳴らした「Milestone」では曲に込めた想いを具現化したような音像に息を呑む。

 

 

「Directions We Know」、「You're in Motion」、「Like a Shooting Star」、「Out of Control」。鋼鉄のアンサンブルと感情を溢れさせるエネルギッシュなステージで立て続けに会場の興奮を上げ、「YOUTH City」で大きなシンガロングを作り出し、「全部壊していこうぜ!」と更に想いを爆発させる。本編最後はもちろん「November 15th」。何度も聴いてきた、何度も観てきたはず同曲は、また今までと違った感触で、1人1人の記憶に刻み込まれていった。

「ロックでみんなが幸せな気持ちになってもらいたいと、年々強く思うようになってきています」と言って始まったアンコール、「きらめきの花」で会場を笑顔で埋め尽くし、「Isolation」でフロアを揺さぶる。そして2019/2/27に豊洲PITにてワンマンライブ“BIGINNING”を開催すること、日本武道館公演”Nothing’s Carved In Stone 10th Anniversary Live at BUDOKAN”のライブDVD/Blu-rayを同日にリリースすること、そしてベストアルバムをリリースすることを発表し、ダブルアンコールは「Perfect Sound」で荒々しく、神々しい至福の瞬間を生み出して終演。

 

 

日本武道館とはまた違った荒々しさとストイックな音、人間味溢れるステージでオーディエンスを魅了した“Live on November 15th 2018”。唯一無二のロックバンド・Nothing's Carved In Stoneが続ける進化を、これからもしかと見届けたい。

TEXT:Takeshi.Yamanaka

 
 
 
 

Live on November 15th 2016/11/15@EX THEATER ROPPONGIライブレポート&村松・生形インタビュー

比類なきアンサンブルとヴォーカリストを擁し、作品を重ねるごとに進化を遂げてきたNothing's Carved In Stone。彼らが12/14にリリースする8枚目のアルバム『Existence』は、4人のキャラクターと可能性、息遣いやパーソナリティ、誇りと歴史と感情、1stアルバム『PARALLEL ...

 
 
 
 

Nothing's Carved In Stone "Live on November 15th 2017" ライブレポート 11/15は、我々にとっても特別な日。