全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

arca 2nd single『As Ever』(デジタルリリース)セルフライナーノーツ

arca 2nd single『As Ever』(デジタルリリース)セルフライナーノーツ


 
 
 
SNSの浸透によって、新人バンドは正規リリースをせずとも手軽に自分たちでバンドのプロモーションが出来るようになった。より多くの人に楽曲を知ってもらうためにはMVが必要になり、「若手」「ニューカマー」と呼ばれるバンドたちは自身のSNSにMVの動画を貼り付けて拡散する。一昔前は「CDデビュー」→「MV制作」という順番だったのが、今は完全に逆になった。その結果、SNS上にはあらゆるMVや動画が溢れるようになり、その中で目立つためには創意工夫が必要で、可愛らしいモデルの女の子をMVに起用したりと、色んな試行錯誤をする。神奈川を拠点に活動するオルタナティブロックバンド・arcaは、そんな2019年に“音楽”で勝負するべく2ndシングル『As Ever』を完成させた。ここに至るまでの彼らの道のりは決して平坦ではなく、自分たちのオリジナリティを追求し、自らを見つめ、自らが信じた“音楽”を磨き上げた末に完成した最新作。彼らにとって大事な大事な1曲が、少しでも多くの人に届くように。arcaの2ndシングル『As Ever』のセルフライナーノーツを掲載する。
 
 
 
 みなさん「As Ever」聴いて頂けたでしょうか。ボーカルギターの悠理です。
 この楽曲を一度でも再生してくれた皆様、この記事を読んでくださっている皆様全員にお礼申し上げます。
 
 デジタルリリースという試みは初めてで、みんながどんな風に受け取ってくれるか不安もいい意味のドキドキもあるけれど、全国どこに住んでる人も手軽に聴けるものにしたくて、その為の届け方にこだわった。CDを手に取って持って帰るあのワクワクは次の作品にとっておいてよ。
 
 さて、今回はarca初のスタジオ・レコーディングで作った音源で、当然だけど過去最高の手応えです。
どんなバンドにするかっていうビジョンもなく、ただ気の合う奴同士で結成したこのバンドが、洋楽ライクなセンスでもちゃんと日本人に伝えたい、ノスタルジーな匂いがするけど使い古されたサウンドにはしたくないっていう核の部分をやっと共有できて、メンバーそれぞれの引き出しから持ち寄ったものを世界観にはめて形にするっていう当たり前の事が実はやっとできるようになったって気がする。一音一音拾ってたらそれで一曲聴き終わってて、気づいらリピートしちゃってるみたいな、そんな曲になったと思う。
 
“二度と会えなくなるのが怖いのに
二度と触れ合えなくなるのが怖いのに
僕ら一緒にいたって
しょうがないって君は言うかい”
 
 いつもチャランポランな僕だけど、本当はいつみんなが曲を聴いてくれなくなるか、ライブに来てくれなくなるか、一緒にライブハウスで頑張ってる仲間に見捨てられるかって怖くて怖くて、そういうものを手放したくないっていう思いで、置いていかれないように一瞬一瞬必死で音楽に向き合ってる。そんな気持ちを書いたんだけど、みんなは誰を思い浮かべただろうか。恋人の顔が浮かんだらそれも正解。お幸せに。だけどこれは両親でも親友でも、街で一目惚れしただけの姉ちゃんでも誰でもよくて、あなたにとって大切な人を、自分と離さずそばに居たい思いを重ねて聴いてほしい。
 
 みんなにそれぞれ全く違う境遇があるから、それでも誰かには刺さるけど誰かには刺さらないような作品にはしたくなくて、歌詞はあえてフィクショナルに書いたから、好きなバックグラウンドを描いて、勝手に自分を主人公にしてドラマに入り込んでほしい。あ、英語変だったらごめんね。まだまだ勉強中なんだ。
(悠理 Vo./G.)
 
 
 
 恋愛の歌詞というのは描写の仕方によっては聞いた人と情景がどうしても重ならなくなってしまって、作詞者の景色を押し付けるようなことになってしまうことがある。悠理がそれをつねに避けようとして言葉を選んでいることはずっと知っていたので、今回もそれを意識して制作に取り組んでいた。ギタープレイに関しては、この曲の憂いを含んでいて寂しさや切なさを前面に出した世界観に寄り添いつつも、サビでは逆に前向きな気持ちになれるようなニュアンスを表現するフレーズメイクに努めた。(コウタロウ G./Cho.)
 
 今回はベースラインを前に出す気はあまりなくて、Aメロのクールさやサビへの高まりなど楽曲の起伏の表現は後押ししつつ、歌とギターのきらびやかな部分を下から支えるのに徹した。逆にコーラスラインやドラムのビートなど、曲のアレンジ全体に目を向けて、どこまでサウンドの「おもしろさ」を追求できるかを考えて口出しはしていくようにした。うちのバンドはメッセージをストレートにちゃんと伝えたいということと、サウンドを新しくて面白いものにしたいという二つの願望があるので、今回は特にそこのバランスをうまくとれるように。Aメロでバスドラ16分で打ってほしいってのは一瞬で却下されたけど。
(KAWAM Ba./Cho.)
 
 
 
arca
神奈川発オルタナティブロックバンド。00年代の本場アメリカンポップの影響を色濃く受けながら、メンバーそれぞれの魅力が凝縮された正統派ギターロック、洋ロック、ポップロック、カントリーなど様々なジャンルを奏でる注目若手バンド。
 
 

 
 

member
Vo./G.悠理
G.コウタロウ
Ba./Cho.KAWAM
 
リリース情報

2nd single
『As Ever』
※デジタルリリース
¥150(税込)
ライブ情報
11/07(木)下北沢近松
12/10(火)下北沢club251
 
 
more info→
https://www.arcaband-jp.com/