全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

伝説となった大阪南港にあった「ベイサイドジェニー」の息吹が蘇る

SKAの祭典が遂にスタート、大阪から吹き始めたSKA旋風!! OVER LIMIT(GUSSAN)&BEAST(ふじP)&タカオ(BRONZE)主催者メッセージ

BEAST / ふじP

●スカの魅力とは

スカの魅力は何といってもライブの楽しさですね!初めて見るバンドの初めて聞く曲でも楽しめる、そこが魅力ですね何といっても。

●ベイサイド世代とはどんなシーン

自分にとってのベイサイドとは、、SKA、レゲエ、ハードコア、パンク、様々なジャンルの一線級が出てて常に刺激的な思い出がありますね!バンドする以前から、キッズとしてずっと通ってた場所であり、バンドをやるきっかけになった箱ですね、いつかあの場所に立ちたいって思ってはじめた人たちが関西では珍しくないかと!憧れの場所であり憧れの世代ですね!

●このイベントで見る夢

このイベントで見る夢は、自分が10代の頃はスカブームでどこに行っても満員で物凄い盛り上がりでした!あの頃の熱気をまた大阪で取り戻すのが大きな夢ですね!今また徐々にSKAが盛り上がりつつあるので、西から新しい風吹かしていきたいすね!

●参加者へのメッセージ

全国から最高のバンドとDJが集まってくれました!
間違いなく楽しく盛り上がる事間違いなしなんで、SKAが大好きな人も初めてSKA見るよって人も楽しんで帰れるようなイベントにして行きますんでよろしくお願いします!
SKAの祭典!楽しんでって下さい!


OVER LIMIT / GUSSAN

●自身にとってのベイサイドとはどんな場所

なんばハッチを一回り小さくした1700人キャパのデカ箱。関西インディーズバンドの登竜門的なライブハウスで、OVER LIMITに入る前から「いつかあのステージに立ってみたい!!」と憧れてました。OVER LIMITに入ってからはありがたいことに大阪のホームのライブハウスにさせていただいていたので主催イベントは勿論、レコ発ツアーでも必ず使わせてもらってた沢山の思い出が詰まった場所です。

●当時よくベイサイドで対バンしていたバンドは

GELUGUGU、CHANGEUP、TOMATO JELLY、PREP TIMES、横綱ICHIBAN、GOOD4 NOTHING、ロットングラフティー、BURL、PET、KNUCKLES、3.6MILK、SIDELINE、CHICKEN WINGFACELOK、MARSAS SOUND MACHINEなどなど。

●このイベントを思い立ったきっかけ

2019年は、機会ありましてBuck-O-Nineのツアー大阪編、THE SUICIDE MACHINESの大阪編の制作を任せていただき大盛況でした。世界的に盛り上がってるSKAミュージックが確実に日本、大阪でも盛り上がってることを肌で感じました。SKA愛に溢れる空間を大阪でどんどん作って大きい輪にしていきたいです!

●オーディエンスへのメッセージ

全国から選抜されたBAND、DJが大阪に集結します。初見の方も常連さんも一緒になって一日中楽しめるのがSKAミュージックの魅力で醍醐味だと思いますので、色んな音楽に触れ飲んで騒いでSKAの祭典を満喫してください!!


BRONZE / タカオ

ついにこのイベント、BAYSKA JAPANが開催されます。自ら主催として色々と動いているのですが、やっぱりみんな思い入れあるやん?ってくらい反応をもらっていてすごく嬉しいです。
僕が18齢の頃、大阪によく行くライブハウスがあって、そこではよくSKAバンドがライブしてて、バンドの友達もSKAバンドばっかりやったんです。SKA が盛り上がってるとか、あんまりそういうのは考えたことなかって、SKAバンドがライブしてるのが当たり前でした。その時、僕自身はバンドやってなくて、今のバンドやる前で、バンドやるならSKAバンドがやりたいって思ってたくらいです。もちろん、当時は僕も首にタオル巻いて、最前でSKAダンスしてましたよ(笑)。
正直SKAのライブって一番入りやすくて、乗りやすい、聴きやすいっていうイメージで、ライブハウスにもそのまま直結してたんやなーってのを最近感じていて、今の流行っている音楽もすごくいいんですが、ライブハウスを中心に考えてしまうと、フラッと行ってとりあえず楽しいのはSKAのライブやなって今でも思えるんですよね。
このイベントを立ち上げるきっかけとなったのは、BEASTのふじPさん、OVERLIMITのGUSSAN、この二人に話をしたのがきっかけで、僕がSKAイベントをやりたいっていうても何も説得力がなく、なんでやりたいの?って聞かれても、正直なところ、なんて言葉にしたらいいのかわからなくて『大阪にSKAイベントが無いから』っていう消去法な答えしかできなかったんです。けど、それを僕みたいなSKAから離れた人間が言葉にしたことで、実際にSKAバンドとして活動してる2人に言ったことでなんか刺さったんじゃ無いかなーって思います。現に集まっているバンドを見れば、この2バンドの元に集まっていると思います。けど、それが今のライブハウスシーンでのSKAバンド達やなーって、大阪にSKAイベントがないからって言った言葉の意味が、この集まってくれているバンド達に伝わっている気がします。実際こんなバンド達に集まってもらうイベント、今までに大阪でみたことないので、最高の1日になると思います。