全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

DEAD POP FESTiVAL 2012

SPECIAL LIVE REPORT 2011/01/14@恵比寿LIQUID ROOM coldrain / SHANK / Crossfaith / HEY-SMITH / SiM

 見えない壁を壊す熱い想いに、心を揺さぶられた最強で最高の夜

Interview

お正月気分がようやく抜け始めた頃、恵比寿LIQUID ROOMで新年早々、熱いライブが開催された。その名も“DEAD POP FESTiVAL”。SiMがホストを務めるイベントだ。2010年に始まったこのイベントも今年3回目を迎え、かねてから宣言していたLIQUID ROOMでの開催を実現させた。「死んだようなPOPSに別れを」その想いを胸に、見えない壁をぶち壊すべく集められたバンド達による、熱く激しい最強の 夜がスタートした。

この日トップバッターを飾ったのはcoldrain。ステージに登場した彼らにとてつもない気迫を感じる。それを受け取ってか、1曲目からオーディエン スのエンジンも全開! 次々とダイブして人の波を泳いでいく。

Vo.Masatoのパフォーマンスと魂を吐き出すような熱のこもった歌声にぐいぐいと引き込まれる中、観客全員が ヘッドバンキングするという異様な光景にも、あまりの一体感に気持ち良さすら感じる。「本気出さないと置いていかれるぞ!」というMasatoの一言で、 益々ヒートアップするオーディエンス。フロアの前方ではダイブの嵐、後方ではモッシュの渦。トップに相応しいと思わせる安定感とバランスの良さを感じた coldrainのステージは、熱狂のままフィニッシュ。

2番手に登場したのは長崎からやってきた3ピースバンド。メロディックパンクの若きホープ、SHANKだ。シンプルでありながら重圧なサウンドで畳み掛 けて繰り出す楽曲に、身体を動かさずにはいられない! もちろんフロアはモッシュ&ダイブのオンパレード! G./Cho.松崎兵太が曲中に10連続ジャンプをきめたり、若さ溢れるエネルギッシュなステージとなった。

イベント中盤、ど真ん中で登場したのは、エレクトロニカを随所に織り交ぜたメタルコアサウンドで注目を集めるCrossfaith。まだまだ観客の体力 は衰えを知らない。曲が始まるや否やサークルモッシュでテンションは急上昇! その勢いのまま2曲目ではすかさずVo.Kenta Koieが、オーディエンスを左右にわけてWall of Deathに持ち込む!「俺たちは音楽で通じ合っていける」と力強く言ったKoieの言葉に観客の気持ちも一つに。歓声のあがる中彼らはステージを去りバ トンを次のバンドへと渡す。

折り返して後半戦。観客は減るどころか増えている気もする。みんな最高の笑顔で心の底からこのイベントを楽しんでいる様子。そんな観客がそわそわしなが ら登場を待っていたのは、HEY-SMITH。SEが流れると大歓声がおこり、Vo./G.猪狩の「いきまっせ!」の一言でライブがスタート。オーディエ ンスがいっせいにジャンプをするとその振動が伝わって、床が抜けてしまわないかと思う程だった。みんなが思いのままに身体を動かす。踊ったり飛び跳ねた り、ダイブしたりモッシュしたり。ステージの上でも、Tp.IoriとT-Sax.満が右へ左へ走り回り、飛び跳ねて身体を震わす。

LIQUID ROOMでやろうな!ってずっと言うてて、それがほんまに実現した、これはすごいことやぞ。今日はいつも通りじゃない特別やねん」猪狩がそう言うと歓声が おこり会場は更にヒートアップ。踊り狂う観客の熱気で会場の湿度が一気に上昇。十分にオーディエンスを湧かせた彼らは、この日のホストSiMへと繋ぐ。

この日がツアーファイナルとなるSiM。彼らの登場を待つオーディエンスの数はどんどん増えていき、その期待度がうかがえる。肩車をしてライブスタート を待つファンは、1曲目「KiLLiNG ME」でライブがスタートすると、肩車から次々とクラウドサーフ。オーディエンスが大きな輪を作り巨大なサークルモッシュが始まったり、全員で腕を大きく 振る姿は会場全体が一つになった瞬間だった。気持ちをぶつけているような激しいアクションを繰り出すSiMのライブパフォーマンスは圧巻。 Dr.GODRIの大振りな演奏スタイルにもつい目がいってしまう。
両脇を固めるG.SHOW-HATEとBa.SINは、まるでダンスをするように軽快 なステップを見せたと思えば、楽器を上下に振り回す。「暗闇の中からやっと生き甲斐を見つけた。この会場にいるみんなが自分の生きている証」と伝えた Vo.MAHは、フロントマンとしての存在をしっかりと見せつけた。そんな彼らにオーディエンスも全力で応え、全てを出し切った4人は晴々とした表情でス テージを去った。

鳴り止まないアンコールに応えてSiMが再登場すると、続けて出演者全員がステージに登場し観客をバックに記念撮影。その後coldrainのMasatoとCrossfaithのKoieと、それぞれ曲を披露しこの日のイベントは大熱狂の中終了した。

生きた音楽を信じ、それを必死にかき鳴らし続けている彼ら。少しずつかもしれないけれど、見えない壁を着実に壊しているその熱い想いに心を揺さぶられた、そんな最強で最高の一日だった。次はどのステージから壁を壊してくれるのか、今からわくわくしてしまう。

TEXT:HiGUMA