全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

FACT

前進を止めない6人の道は闇を抜ける6本の道へと別れてゆく

PH_FACT今年4月に突如、年内での解散という衝撃の発表をしたFACT。3月に傑作アルバム『KTHEAT』を発売した矢先だっただけに、驚いた人は本当に多かっただろう。2000年代のラウドロックの先駆者として、日本の音楽シーンの在り方を再構築させるほどのインパクトを残してきた彼ら。その足跡の偉大さは今回のベストアルバム『best+ 2009-2015』を聴けば、明白に伝わるはずだ。ラストツアーとなる「FACT "KTHEAT" JAPAN TOUR 2015」を経て、11/20には自身主催の「ROCK-O-RAMA 2015」を控えるメンバー6人の心境に迫るスペシャル・インタビュー。

 

「振り返ったら、長い時間ずっと一緒にいたわけだから…。つらいことや楽しいこともあった上でそれを1つ1つ噛み締めていって、最後にみんなで笑って前向きな気持ちで終われたら良いんじゃないかなと思っています」

●解散という衝撃的な発表を今年4月にされたわけですが、いつ頃からそういう話が出ていたんでしょうか?

Tomohiro:具体的な時期はわからないんですけど、アルバム(『KTHEAT』)を録り終わってから色々とやっていく中で…という感じかな。本当に色んなことが積み重なって…。きっとメンバーそれぞれで思っていることや、解散の原因が何かというのは違うと思うんですよ。だから“FACT”のインタビューとして答える時に自分の主観だけで答えて良いものかも正直わからないし、だったらオフィシャルサイトに上げているコメントだけで良いのかなと。解散することは決まっている中でツアーを一緒に楽しんで、“ROCK-O-RAMA 2015”をやろうというところまでで“FACT”だから、それで良いじゃんっていう。

●今決まっているライブを楽しんでいこうと。

Tomohiro:初のワンマンツアーだし、全箇所SOLD OUTにもなってくれて。自分たちの間(ま)で自分たちがやりたいと思う感じで今はやれているし、お客さんも楽しんでくれているのがわかるから。俺も楽しいし、他のみんなもライブがすごく楽しいと思います。

●ツアーで楽しさを実感できている。

Eiji:色々と紆余曲折はあったけど、最終的にまたみんなで1つのところを見てスッキリとやれているというのがすごく楽しいんですよね。純粋な気持ちでやれている感じがして。

Tomohiro:シンプルなんですよね。“ツアーを楽しもう”という気持ちだけというか。でも普通に活動していると「あれもあるし、これもあるし…」という感じで色んなものが付いてきて、重たくなると思うんですよ。今はそういうものを全部削ぎ落として、“楽しんでやりましょう!”というだけで。

Adam:“やりきろう”っていう感じですね。ゴールが1つになったのはデカいと思う。活動を続けている内に、それぞれのゴールというものが出てくるじゃないですか。それぞれの考え方というのもあって。でも今はもうゴールが1つになったことで楽になって、楽しめるようになったというか。

●気持ちが楽になった。

Takahiro:これまでは「間違わないようにプレイしよう」とか、そういう気負いみたいなものがあって。でも今は「楽しめれば、間違っても良いや」という気持ちで純粋にやれているんですよ。だからヘマをしてもへこたれないし、それもライブだと思える。そういう面でも今回のツアーは1本1本が楽しいですね。

Hiro:ツアーが終わって最期の日に、みんなが笑顔でいられたらなというのを心から思っていて。やっぱり振り返ったら、長い時間ずっと一緒にいたわけだから…。つらいことや楽しいこともあった上でそれを1つ1つ噛み締めていって、最後にみんなで笑って前向きな気持ちで終われたら良いんじゃないかなと思っています。

●11/20の“ROCK-O-RAMA 2015”がラストライブとなるわけですが。

Tomohiro:結果的に“ROCK-O-RAMA”でFACTのライブが最後になるというのはそれはそれで面白いなと思うけど、ただ“最後”というところにフィーチャーはして欲しくなくて。やっぱりサーキットイベントだから、俺らも“ROCK-O-RAMA”を盛り上げるためのエッセンスの1つでいたいというか。

●FACTのラストライブということだけに、フィーチャーして欲しくない。

Tomohiro:そうなんですよ。理想論で言うと、全員に楽しんでもらえるようなものにしたいなと。だからそれぞれが一生懸命考えていたりするし、意見も出し合っていて。Hiroがさっき言ったとおり、笑って終われるようにというか、良い形で終わりたい。ツアーも“ROCK-O-RAMA”もみんなで笑って終われたら良いし、最後まで楽しんで突っ走っていけたら良いかな。

Adam:最後に色んな友だちと一緒にやれるっていうのは、やっぱり楽しいですよね。

●元々、去年に“ROCK-O-RAMA”を始めた時はどういう想いからだったんですか?

Hiro:コンセプト的には、“ルーツ”ですね。15周年という節目で振り返った時に、仲間を集めて一緒にやりたいという想いがあって。

Tomohiro:15周年という節目で色々とやってみようということで、「このバンドが出てくれたら面白いだろうな」という人たちに声をかけていって。今回も基本的にそのスタンスは変わっていないと思います。

●こういうことがやりたいとは前から思っていた?

Takahiro:フェス的なものがやりたいとは昔から思っていたけど、タイミング的な問題もあって。始めるにあたって、やっぱり去年の15周年というのは良いタイミングだったのかなと思いますね。

●実際にやってみて、どうでしたか?

Eiji:色んな出演者のところに「ありがとうございます」と挨拶にまわっていく感じが、結婚式みたいでした(笑)。でも本当に喜びしかなかったですね。友だちや先輩が俺ら主催のイベントに出てくれて、目の前でライブをやってくれているということに感動して、ちょっとウルウルして…。自分らの出番が終わった後は、メチャメチャ泣いていましたね。

●それほど感動的だったと。

Eiji:感動しました。本番でも1曲目から俺はもう「あぁ…ダメだ」となって、涙がこみ上げてきてしまって…。

Tomohiro:その顔を見たお母さんに「プロなんだから、もっと笑顔でやれ!」って叱られていました(笑)。

●ハハハ(笑)。

Eiji:本当に嬉しかったんです。自分らのために、Kenさん(Ken Yokoyama)や難波さん(NAMBA69)が出てくれて、友だちもいっぱい出てくれて…。「こんな幸せなことってある!?」っていう感じでした。

Tomohiro:自分は泣かなかったですけど(笑)、感謝の気持ちはすごくあって。元々は「この人たちが出てくれたら面白いだろうな」というところからのスタートなので、もちろん出てもらえない可能性もあるわけで。でもそこでみんなが協力してくれたということで「愛されているんだな」とも思ったし、「本当に頭が上がらないな」と思いましたね。

●やり終えての充実感もあった?

Tomohiro:“ROCK-O-RAMA”の後ですぐにアルバム(『KTHEAT』)のレコーディングだったので、終わった瞬間に「明日からRECか〜」みたいな…(笑)。でも、やりきった感はありましたね。1日2回やらせてもらったんですけど(※昨年はオープニングとトリで出演)、朝早くから観に来てくれる人たちもいたり、昔の曲をちょっとやったりもして…という中での疲労感や感謝だったり色んなものがミックスされて、本当に「やったな!」っていう感じで。ヘロヘロのまま帰った記憶があります(笑)。

●スケジュール的には大変だったと。11/11にはベストアルバムをリリースするわけですが、これにはどんな意図が?

Tomohiro:最初はレーベルからの提案だったんですけど、せっかくやるなら新しい曲も入れて、今回のツアーでの大阪(@なんばHatch)のライブ映像もDVDに入れようということになって。色んなアルバムから収録できたし、“今”の2曲を追加できたこともあって、良いものになったなと思います。

●収録曲はどうやって決めたんですか?

Adam:それぞれ3曲ずつ候補を出して、そこに新曲を2曲足した感じですね。

●選んだ基準とは?

Takahiro:そこはメンバーそれぞれに考えがあると思うんですけど、俺個人としてはライブで普段やっている曲を中心にチョイスしましたね。

Tomohiro:俺も基本的にライブでやっている曲や自分が好きな曲ですね。好きだからライブでやっているという感覚なので、自然とそういう選曲になったのかな。

●結果的に、ライブでよくやっている曲が選ばれた。

Eiji:あっ…そういえば、俺は逆にライブで1回もやっていない曲を挙げちゃいました…。

●それは?

Eiji:M-7「hate induces hate」ですね。実はアルバム『FACT』(2009年)のプリプロをしている時に、この曲もできていて。同時期にアメリカで録ったんですけど『FACT』には入らずに、V.A.『Pentagon. 2』に入れたんです。この曲を頭の中で再生すると、そのプリプロをしていた時が思い出されるような曲ではあります。

Hiro:えっくん(Eiji)が言わなかったら、俺が挙げようと思っていて。ちょうど最近聴くことがあって、自分でも「こんな曲あったっけ?」となったんですよ(笑)。

●自分でも覚えていなかったんだ(笑)。

Hiro:たまたま友だちがこの曲を流しているのを聴いて「これって誰の曲だっけ?」と思ったら、俺らの曲だったっていう(笑)。すごく新鮮に感じたんですけど、その数日後に収録曲を決めることになった時に(他のメンバーが出した候補の)リストを見てみたら既に書いてあったんですよね。

●ちょうどシンクロしたんですね。

Hiro:理由は別かもしれないんですけど(笑)、逆にベスト盤に入っていても良いんじゃないかと思って。

Adam:アルバムは全部持っていても『Pentagon. 2』は持っていないという人もいると思うので、良いんじゃないかな。

●新曲2曲は今作に向けて作ったもの?

Tomohiro:9月のツアーが終わっていったん休憩している間に曲を作って、レコーディングが終わった後でまた10月のツアーを再開した感じですね。

Takahiro:3日で作りました(笑)。

●M-2「choices」の歌詞は今後への前向きな気持ちが出ているというか、このタイミングにもすごく重なる曲かなと思いました。

Hiro:そうですね。やっぱり最後は笑顔で終わりたいし、「たくさんの道がある中でみんなが自分の進むべき道を決められたら最高だね」というような歌詞にしようと思って考えました。

●M-1「look away」は?

Tomohiro:この曲の歌詞は自分が書きました。バンドとして今は楽しいことに集中しようとしているんですけど、個人的には(バンドとは関係ない日常的な部分で)イライラすることや「上手くいかないな」と思うこともあるんです。自分にしてはかなり珍しい、フラストレーションをストレートに書いた歌詞かな。ただ、元々は自分が日本語で書いたものをAdamに英語にしてもらって、歌詞っぽくするような作業もしてもらったので、ニュアンスは最初と変わっていると思うんですよ。

●「look away」では葛藤があって、「choices」でそこから突き抜けるという流れにもなっているかなと思ったんですが。

Tomohiro:Hiroと相談して書いたわけじゃないので、そこは偶然だと思います。でも2人とも日本語で書いたものを元に英訳してもらっているので、Adamのフィルタが加わることでリンクはしてくると思うんですよ。結果的にそういう流れができているのかなと、今言われて思いました。

●新曲2曲について、サウンド面で何かイメージはあったんですか?

Takahiro:速い曲と遅い曲を作ろうというくらいでしたね。速いほうの「look away」に関しては元々、FACTらしい曲だなと思っていて。逆に遅いほうの「choices」に関しては歌詞が乗った結果、最終的にFACTっぽくなったというか。歌詞が乗る前は、今までとちょっと違う感じかなと個人的には思っていたんです。

●最初はいわゆるFACTらしいものではなかった?

Takahiro:そうですね。でもそういうものの積み重ねで、今までやってきたから。今回も「新しいものができたらな」という感じでやっていたら、最終的にFACTらしくなったので良かったと思います。結果的にはどちらもFACTらしい2曲になりましたね。

●今作リリース後に“ROCK-O-RAMA 2015”でいよいよラストライブを迎えるわけですが、気持ちも高まってきているのでは?

Hiro:残りの期間を後悔しないように進んでいって、最後は“ROCK-O-RAMA”でバシッと終わりたいですね。

Adam:最後に最高の仲間と一緒に楽しく終わりたいな。参加できる人はみんな参加して欲しいし、みんなで楽しく終わりましょう!

Takahiro:最後のライブを観られないお客さんもいるとは思うんですよ。そこはちょっと申し訳ないんですけど、何とかチケットをゲットして楽しみに来て下さい。俺も楽しみます!

Tomohiro:Takahiroが言った懸念は、誰しもが思っていて。入場規制がかかって会場に入れないということもあるだろうけど、そこでどう楽しむかをそれぞれに考えて欲しいんですよ。やっぱりサーキットイベントだから「これしか観ない」じゃなくて、「ここに入れなかったから、こっちを観ようよ」って思わせてくれるようなバンドに出てもらうわけで。みんながそれぞれの“ROCK-O-RAMA”を楽しんで欲しい。それによって俺らもさらに楽しくなるので、そうなって欲しいなって思いますね。

Eiji:普通では考えられないようなメンツが、自分たちとのつながりで出てくれるっていうのが本当に嬉しくて。俺らの出番になった時に他の会場にお客さんを取られてしまわないように(笑)、最後までバチバチやっていこうと思っているので一緒に楽しんで下さい!

Interview:IMAI

banner_228 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj