全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

GUNMA ROCK FESTIVAL2013

想いは実現する

SPECIAL LIVE REPORT:2013/9/21@グリーンドーム前橋

Act:G-FREAK FACTORY / LACCO TOWER / 10-FEET / HEY-SMITH / HAWAIIAN6 /
秀吉 / MAN WITH A MISSION / NAIKA MC / ROTTENGRAFFTY / SPECIAL OTHERS /
STOMPIN' BIRD / COKEHEAD HIPSTERS / EGG BRAIN / HIFANA / MINOR LEAGUE /
MOROHA / OVER ARM THROW / 高崎頼政太鼓 / ZAZEN BOYS

http://www.gfes.jp/

994C0782

 

群馬県史上最大のロックフェス“GUNMA ROCK FESTIVAL2012”が開催されてから1年。今年もあの日がやってきた。当日のグリーンドーム前橋には、たくさんの感動を体験するため朝早くからキッズが列を作る。

HEY-SMITHから始まった“GUNMA ROCK FESTIVAL2013”、RAIJIN STAGEとFUJIN STAGE、そして野外STAGEを舞台に、歴戦の猛者たちが主催者やイベントの想いに共鳴し、熱く激しいステージを繰り広げた。会場を訪れた1万人を超える観客は、スタンディングエリアで全身汗だくになって暴れる者、席に座って思う存分音楽を楽しむ者、フードやお酒を楽しみながらフェスの雰囲気を満喫する者など様々だ。その全員に共通するのは笑顔。午前中から始まる長時間のイベントなので、もちろんライブを観ずに休憩している時もあるけれど、全員が音楽を楽しみ、“GUNMA ROCK FESTIVAL2013”を楽しんでいることは、その表情を見ればわかる。まるで全員が1〜2cmほど地面から浮いてフワフワしているような、年に1回の非現実的な現実を楽しんでいる。

すべての出演者が熱いライブを繰り広げ、ステージの上で感情を溢れさせたのは、トリを務めるG-FREAK FACTORYが凄まじいライブをするということを、みんながみんな知っているからだ。トリ前の10-FEETのステージ、Vo./G.TAKUMAが「俺たちの曲の中でいちばん好きな曲をやります」と言って始めたのは、G-FREAK FACTORYの「日はまた高く」。突然のサプライズにVo.茂木もステージに乱入して会場が沸きに沸いた後、朝から盟友たちが繋いできた最高のバトンと熱い想いを受け取り、いよいよG-REAK FACTORYの出番となった。

スクリーンには“群馬”という文字。高崎頼政太鼓の和太鼓が鳴り響き、その太鼓に合わせて会場の至るところから手拍子が起きる。G.原田、Ba.吉橋、Dr.家坂が現れて太鼓とセッション的に音を合わせ始める。迫り来る音に比例するかのように、血液が熱くなり、アドレナリンが充満する。

そして茂木が登場し、「Unscramble」でライブスタート。「GUNMA ROCK FESTIVAL! やっときたぞ!」と茂木が叫ぶ。原田のエグいギターが鳴り響き、客席はスタンディングエリアもシートエリアも問わず爆発的な興奮に包まれる。ライブはますます勢いを増し、ヒリヒリとした凶暴なサウンドの「GLANDSLAM」で牙をむく。圧倒的な演奏力と、強靭なグルーヴ、何よりも肌にビシビシと感じる想いの強さ。G-FREAK FACTORYがG-FREAK FACTORYである所以は、このライブにある。オーディエンスは我を忘れて暴れ、宙を舞い、腕を振り上げ、茂木と一緒に歌い、涙を流し、叫んでいる。

このライブ中、茂木は「何もなかったところからここまで来れた。群馬の若ぇ奴ら、若ぇくせに夢を捨てるんじゃねーよ! 群馬の40歳の奴ら、俺らを見ろよ!」「今日1日、俺が群馬を背負った。残りの364日は俺じゃないと思う」「“GUNMA ROCK FESTIVAL 2014”をやります。この瞬間を味わいたいから、色んな物を犠牲にして、このど田舎をきれいな街のまま、ど田舎にして帰ってください」と、たくさんの愛が詰まった言葉を叫んだ。本編最後は「島生民」からの「EVEN」。そしてアンコールは「隠り唄(コモリウタ)」「SOUL CONNECTION」、そして10-FEETと茂木での「日はまた高く」で終演。

こんなライブ、今まで観たことがない。きっとこの先も、一生このようなライブは観ることがないだろう。想いは実現する。いつまでも諦めずにバンドを続けてきたG-FREAK FACTORYの生きる力をひしひしと感じた“GUNMA ROCK FESTIVAL 2013”、今年も最高だった。

来年もまた群馬で。

TEXT:Takeshi.Yamanaka

PHOTO:GUNMA ROCK FESTIVAL 2013 POWERED BY COLOSSEUM MAKOTO(Kiraba)/HayachiN

IMG_3453 IMG_2046 IMG_2545

994C8601 IMG_1548 IMG_1245

IMG_1398 _1MP0157