全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

JaaBourBonz x SOUTH

沖縄ならではのPOP & HAPPYなライブ空間を生み出す2組が共演!

JUNGLE LIFE × Shibuya Milkyway Presents “JUNGLE STREAM 2 & 3”開催記念W特別対談

 

Part 1:
JaaBourBonz x SOUTH

対談参加者:
JaaBourBonz:TAKANO(Vo.)、YASU(Vo.)
SOUTH:T-DA(Vo.)、Any-Key(Vo.)

沖縄の音楽シーンを代表する2大エンターテイナーとも言うべき、JaaBourBonzとSOUTHの対バンが“JUNGLE STREAM 2”で実現!
フロアを笑顔で満たすPOP & HAPPYなライブという共通点を持った2組が揃えば、いったいどれほど楽しい空間が生まれるのか?
そんな期待をさらに高めるような沖縄ならではのグルーヴは、今回のフロントマン同士による対談からもきっと伝わるはずだ。

#Interview

●2組とも沖縄出身ですが、昔から知り合いだった?

T-DA:TAKANOさんと自分は高校が一緒で先輩・後輩なんですけど、その頃は会ったことがなくて。音楽を始めてから、つながった感じですね。初めて一緒にライブをした時のことを覚えていますか?

YASU:"シーポートちゃたんカーニバル"だよね。お祭りの横で音楽のコンテストも行われるようなイベントに、お互いが出ていて。

●それはどのくらい前?

TAKANO:7年前くらいかな。自分たちはバンドだから、DJを入れてトラックをバックに歌うようなアーティストと一緒にやる機会はあまりなかったんです。でもちょうど出会った頃から、クラブとライブハウスが一緒になったようなイベントを周りの人たちがやり始めて。

T-DA:そこからライブハウスとクラブの垣根がなくなって、沖縄の"チャンプルーミュージック"みたいになっていったんですよね。

YASU:そう考えると沖縄って、対バンが面白いかもしれないですね。ハードコアのバンドから、俺らみたいなポップスのバンドや打ち込みのクラブサウンドまで一緒にやるようなイベントがその頃から増えてきました。

●ジャンルレスなイベントが多い。

TAKANO:俺が高校生の頃はまだジャンルで分かれていたけど、今は本当に色んなアーティストがゴチャ混ぜでイベントをやっている。沖縄を好きなヤツらが一緒になって作るイベントが増えてきているよね。

YASU:若い子たちによって、シーンが盛り上がってきている感じもあるんです。たとえばロコビッチとかは、積極的に県外へ出てツアーをしようとしていて。俺らも通ってきた道だから教えられることは教えてあげたいし、一緒にできることはやりたい。改めて今、沖縄の人たちとイベントをやることの意味も感じるし、先輩も後輩も含めて好きなヤツらと一緒に沖縄をもう1回盛り上げようという感じはあるかな。

●沖縄のシーン自体も盛り上がってきている。

YASU:今、すごく盛り上がっていますよ。

TAKANO:県外でも最近また、沖縄のバンドが出てきている感じはありますね。今は環境も整って自由に音楽ができる分、アーティストがどんどん増えていて。それ自体は良いことなんだけど、CDを作ることが簡単になってしまったことで俺らの時代にはあった特別な想いが薄れてしまうのは悲しい気がします。

T-DA:でも結局、そこで裏切らないのはライブじゃないかなって。

Any-Key:JBBも、やっぱりライブでしょ!

●お互いにライブが魅力のバンドですからね。

Any-Key:やっぱりライブが一番楽しいし、そのために曲を作っている感じなんですよ。お客さんとのコール&レスポンスを盛り込んだりとか、色々と考えています。

T-DA:ライブではガンガン楽しさをアピールして、みんなで共有する感じですね。やっぱりSOUTHのライブのテーマは"HAPPY"だから、そこを出していきたいんです。JBBのライブでお客さんが振り付けをしているのを見ると、すごく良いなと思う。

TAKANO:それは俺たちも全く同じ気持ちで、SOUTHのライブでお客さんがメチャクチャ踊っていたりするのを見るとすごく悔しい気持ちになる。だからSOUTHみたいに頑張ろうと、昔から思ってきたんです。

YASU:ライブを見ていて毎回、刺激になるんですよね。

●そして今回、7/27の"JUNGLE STREAM 2"で久々の対バンとなるわけですが。

YASU:お客さんも重なっていたりするので、対バンした時に「やった! SOUTHとJBBのライブだ!」と言ってくれる人もいて。ジャンルじゃなくて、沖縄のアーティスト同士ということで、みんなが好きになってくれる。

TAKANO:沖縄を好きなお客さんが集まってくれているのは、すごく感じるよね。SOUTHを見ていると"沖縄が好きなんだな"と感じるし、俺たちだって負けないくらい"沖縄が好きだ!"という気持ちで作っている。そういう気持ちが重なりあって、どんどん県外の人にも良い感じに見てもらえたらうれしいなと思います。

●今回、banbi以外はみんな沖縄出身という…。

TAKANO:banbiは沖縄出身じゃないけど、本当に良い歌を歌うんですよね。ティダパナは、ex.満福のVo./G.こうさくの新バンドなんです。こうさくと俺は同級生で、昔から東京に来た時はいつも一緒にやっていて。

YASU:俺らが東京へ出てくるキッカケをくれたのも満福なんですよ。

T-DA:SOUTHが初めて東京でライブをした時に一緒だったのも満福ですね。

●そんな4バンドでのイベントに向けて意気込みを!

TAKANO:楽しいヤツらがみんなゴチャ混ぜになって、一緒にワイワイできれば良いなと思います!

Any-Key:チャンプルーで、笑って踊って泣いて笑って、HAPPYな感じでやりたいですね!

T-DA:みんなで自由に楽しめたら良いんじゃないかな。音楽を通して、楽しい1日を過ごしましょう!

YASU:ゆる~くいきます(笑)。誰が出ているとかじゃなくて、イベント全体を通して、"今日は良かった!"と思えるようにするので、ぜひみなさん来てください!

Interview:IMAI
Assistant:Hirase.M

JaaBourBonz info
SOUTH info

<イベント情報>
Shibuya Milkyway 2nd Anniversary
JUNGLE☆LIFE × Shibuya Milkyway Presents "JUNGLE STREAM 2"
7/27(金) Shibuya Milkyway
CAST:JaaBourbonz / SOUTH / ティダパナ / banbi
OP 18:00/ST 18:30
ADV \2,000/DOOR \2,500 (+2D \1,000)
※JUNGLE TIME(生¥100TIME)有り