全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

lynch.

音の弾丸が飛び交うカオスの最中で踊り狂った

2013/8/24@SHIBUYA-AX “THE NITE BEFORE EXODUS”

8/14に新作『EXODUS-EP』をリリースしたばかりのlynch.が、彼らにとって非常に思い入れの深いハコだというSHIBUYA-AXにてTOUR’13“THE NITE BEFORE EXODUS”のファイナルを迎えた。深い熱気が渦巻く中、ステージに登場した5人は1曲目から全てを吹き飛ばすような音で会場の空間を切り裂いていく。高く響くVo.葉月のシャウトは、まるで悪魔に魂を売って手に入れたかのごとく凄まじい。心臓を抉りとられる感覚に陥った。

「EXODUS」「ASHES」と新作から続けて放たれる楽曲に観客は自然と頭を振り、拳を上げる。そこはあたかも戦場のようだ。四方八方で飛び交う音の弾丸。危険信号を表すように瞬くライトに照らされて、ステージ上は霞がかって見えた。渋谷の夜をまるごと飲み込むようなカオスさを見せた「INVINCIBLE」。甘くて気だるげな声が、ギターの超絶リフが、鼓舞するようなリズム隊の音の振動が、嵐のように迫ってくる。

「an illusion」では、彼らの背後にあるライトが七色に点滅し、神々しい。場面に応じて様々に変化する葉月の声が、妖艶な色を醸し出す。中盤ではメロディアスな曲たちが展開されるなど起伏があり、決して飽きさせることのないセットリストだ。息つく隙もないスピードで次々とやってくる楽曲群。カオスの中でも希望が見える、そんな演奏を彼らは聴かせてくれる。雪崩れ込むように激しさを増し、フィニッシュに向けて加速し、フロアを炎上させていく。

「pulse_」「NIGHT」と、本編最後に相応しいボルテージMAXの曲が叩き込まれる。その中には瞬間的な美しさや残酷さ、儚さも内包されていて、何故だか胸が締め付けられた。そして会場全体を熱さ、鋭さ、ミステリアスさでもって狂わせていく。これぞ数々のライブをこなし、実力と実績を積み重ねてきた彼らだからこそ見せられる極上のパフォーマンスなのだ。心の底から燃え上がるような最高のアクトだった。

アンコールの声に応えてステージに再び上がった彼らが、本編以上に密度の濃い曲たちと共に襲い掛かってくる。突き抜けるような一体感とテンションに自然と身を任せ、気が付けば私自身も音の波の中で踊っていた。Wアンコールまで果てることなく、声高らかに歌い上げた葉月。最後はステージを降りてファンの近くで歌うというパフォーマンスもやってのけ、会場に集った全ての者たちを魅了し尽くした。

TEXT:栗山聡美
web_main web_sub