全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

マグヴェリー

“楽しい”を軸に作る最高のエンターテイメント空間

ギタリストとしてメジャーシーンで活躍後、作曲家・アレンジャーとして活動していたノブと音楽ゲームのボーカリストを務めるジン、そしてバリテクドラマー・カンちゃんと弾いて踊れるベーシスト・つよぽんが出会い、結成された歌謡ロックバンド、マグヴェリー。ライブショウでは歌って踊ってコント(本人達はMCと言い張る)まで披露しつつ、幅広いフィールドで活動する彼らが、ドラマティックな6曲を詰め込んだミニアルバムを発売する。

 

 

 

●歌謡ロックバンドのマグヴェリーですが、もともとみなさんが聴いてきた音楽も違うんですよね?

ノブ:僕とジンくんは歌謡曲とかのメロディーが大好きで、つよぽんとカンちゃんはロックやメタルの激しいものが大好きなんですよ。

●それが上手くミックスされて、マグヴェリーの音楽ができていると。今作『歌謡ドラマティック』もバラエティーに富んだ作品になっていますよね。作詞作曲は主にノブさんがなさっているとのことですが、楽曲はテーマに沿って作っているんですか?

ノブ:基本的に“こういう曲を作りたいな”とイメージして作りますね。昼ドラの挿入歌になりそうなドバラードを作りたくてM-4「リグレット」を作ったり。M-1「さよなら優等生」に関して言えば、いじめが問題になっている時に、いろいろな事情はあるのかもしれないけど、“みんな逃げればいいのにな”と考えて作った曲なんです。

ジン:これは曲調も一番マグヴェリーっぽいよね。

●哀愁漂う歌謡曲ちっくなメロディーとロックの持つ勢いが絶妙に絡み合う曲ですよね。

ノブ:こういう曲が一番意識せずに作れるから楽なんですよ。

●自然に出てくるものがこういう曲になる?

ノブ:はい。アレンジもすごくシンプルだと思います。

●演奏面も自然にやれたんでしょうか?

つよぽん:楽しく自分らしく弾けたと思います!

カンちゃん:ドラムは、普段はカウントから入る曲が多いんだけど、この曲は出だしからバッと入るんですよ。

●たしかにド頭からガツンと鳴っていて、すごく疾走感が出ているというか。

カンちゃん:テンポはそんなに速くないんですけど、あの疾走感を出すために試行錯誤しました。

●それも大きな聴きどころですね! M-2「ジャッジ」とM-6「星空のランデブー」はジンさんの作詞ですが、現実的でシリアスな歌詞とロマンティックで甘い歌詞の両極端です。

ジン:「ジャッジ」は、自分の思ったことをそのまま綴っていますね。「星空のランデブー」は、曲を聴いて頭に浮かんだ映像を文章に起こしてきました。

●作り方も全然違うんですね。

ジン:ただ、書き方はどの歌詞も極端にひらがなを多くするようにしているんです。ひらがなって、いろいろ連想できるじゃないですか。聴いている方に感じてもらえるような書き方を心がけているつもりです。

●漢字だと、1つの意味に絞られてしまいますもんね。

ノブ:ちなみに「星空のランデブー」では、生まれて初めてワーミーペダルを使いました。楽曲的に必要だと思って使ったんですが、実際にマッチしてよかったです。

●新しい試みもされているんですね! 今回のレコーディングは順調に進みました?

ノブ:かなりスムーズでした。カンちゃんなんて、M-5「強引ダーリン」を一発録りですからね。

●おっ! すごい! そんな「強引ダーリン」はサビのコーラスが分厚くて迫力がありますよね。

ジン:4人で声を変えて、40人分くらいのコーラスを録っているんですよ。

ノブ:ちなみにカンちゃんとつよぽんの声がけっこう通るので、よく聴くと2人がいっぱいいます(笑)。

つよぽん:ぜひ耳を澄まして聴いてみてください!

●この曲はライブショウでの盛り上がりが目に浮かぶような、熱気溢れる1曲ですよね。

ノブ:この曲はかなり前からライブショウでやっているんです。

ジン:ライブショウで一番盛り上がる曲じゃないかな。

●M-3「ムネドキ!! 楽園(パラダイス)」も、少しエキゾチックな雰囲気を醸すアッパーチューンです。

ノブ:これはリズム隊が自分達で難易度を上げたので、レコーディングは難しそうでした。

カンちゃん:普通ではほとんど聴こえないような、すごく小さい音がいっぱい入っているんですよ。

●音作りにかなりこだわったんですね。

カンちゃん:まさにこだわりの一品です! 隠し味だらけで、どれが本当の味か分からない!

●あかんやん!(笑)。ベースも苦労されたんですか?

つよぽん:いろいろ試行錯誤しました。ただこの曲は、個々の楽器よりも全体の交わりを聴いてほしいですね。

●たしかにグルーヴ感がすごく面白いです。

ノブ:間奏のトランペットの部分なんて、拍子というかグルーヴというか…“どうなっているんだ!?”と。

カンちゃん:相当遊んだよね。

●実際にライブで聴くのも楽しみです。マグヴェリーのライブは“ライブショウ”というだけあって、エンターテイメント性が高くて面白いですよね。

ジン:“どこでも誰でも楽しめる”ということが原点にありますね。PA・照明などのスタッフさんまで、みんなが楽しい。そして、楽しみ方は自由です。

●素晴らしい!

カンちゃん:たまに盛り上がりすぎて、お客さんが俺らのテンションを超えちゃうことがあるんですよ。そんな時は“マズい!!”と思って、俺のアドリブが出ちゃいますね。

●アドリブ?

カンちゃん:アイディアが出てくると、ライブショウの最中に勝手に試したくなる衝動に駆られるんです。“2バスを踏んじゃえ!”って思ったら踏んじゃっている(笑)。

ノブ:でも、最近のは確信犯だよな?

ジン:リハで試すと「何それ?」って言われるから、本番中にいきなりやって、「てへ☆」っていう確信犯です!

●やった者勝ちというか…(笑)。

カンちゃん:ライブは生モノだからね。言うなれば、進化していっているというか。俺、アーチストやしい〜(笑)。

ジン:すっっっごくイライラする!(笑)。

ノブ:でも、実際にお客さんと競い合う部分はありますね。お客さんをノせているのかお客さんにノせられているのか分からなくなることがある。

●本当に互いが全力で楽しんでいるんですね。今作のリリース後も、続々とライブショウが決まっていますが。

つよぽん:まだライブショウでやっていない曲もあるから、自分達の曲に対する想いがどう変わるのかが楽しみです。

ノブ:今作を持って、いろんな所に行きたいし、これからも変わらず楽しいライブショウをやっていきたいですね。

Interview:Hirase.M

new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj