全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

SPECIAL LIVE REPORT:Nothing’s Carved In Stone “By Your Side Tour 2019-20” 2020/1/9@Zepp Tokyo

SPECIAL LIVE REPORT:Nothing's Carved In Stone “By Your Side Tour 2019-20” 2020/1/9@Zepp Tokyo

この日鳴らされた音楽には、彼らのすべてが詰まっていた。

 
 
 Zepp Tokyoの大きなステージを覆った白い幕に映像が映し出される。その映像の中に“Wellcome By Your Side Tour”の文字が浮かび、今から何が始まるのかをはっきりと自覚したオーディエンスが喜びの声をあげる。シルエットの4人が音を鳴らし始め、歓声は更に大きくなる。「Who Is」でワンマンは幕を開けた。
 
 
 Vo./G.村松がハンドマイクになり、Ba.日向のベースにG.生形が爆音を乗せ、Dr.大喜多が繰り出すダイナミックなリズムが加わる。強烈な存在感を放つ「In Future」でZepp Tokyoが早くも揺れる。「Blow It Up」ではオーディエンスの声と共に曲が立ち上がっていく美しい情景を作り出し、常々4人が「ライブで演っていて気持ちいい」と言っていた「The Poison Bloom」で極上の空間を作り出す。
 
 

 
 昨年10月から始まったこのツアー、対バン形式で行われた前半戦の充実した日々がこのワンマンに直結しているのがわかる。アルバム『By Your Side』の新曲をオーディエンスと共に育み、バンドとしてスケールアップした彼らの佇まいは、何にも動じない強度と自信を感じさせる。そして、まるでお互いを自分の身体の一部と思っているかのような4人の強固な一体感が、今まで以上に我々の心を魅了する。圧倒的すぎて思わず笑ってしまう。内側からこみ上げてくる叫びたい衝動を何度も抑えつける。
 
 
 情熱的な「ツバメクリムゾン」で胸を焦がし、大喜多のドラムに合わせてクラップの花が幾輪も咲いた「きらめきの花」で多幸感に包まれる。鬼のような日向のベース、神々しい生形のギター、鼓動のような大喜多のリズムに息を呑む「The Savior」。アコギを持って歌う村松の歌は無限に響き渡り、その世界にどっぷりと陶酔した「シナプスの砂浜」。息が止まりそうなブレイクを経て感情が押し寄せた「One Thing」。1つ1つの瞬間を全力で噛み締めていく。
 
 

 
 そして「今日の思い出が、いつかみなさんの次のステップに繋がるように。心の糧になるように」「ステージで大真面目に話すのが恥ずかしくて、おちゃらけたりしていたけど、でも『By Your Side』を作って、ようやくみんなの側に行けるような気がする」「嘘っぱちじゃねぇんだ! 俺の言葉は下手くそかもしれないけど、嘘っぱちじゃねぇんだ!」という村松の飾らない言葉は間違いなくこの日のハイライトだったし、そのMCを経て鳴らされた彼らの音は絶対的な説得力を帯びていた。
 
 

 
 ライブは佳境に入り、「Spirit Inspiration」「Like a Shooting Star」と熱量を重ね、目の前が晴れ渡るような音像の「Around the Clock」で圧倒し、4人の放つ気迫が凄まじい「Out of Control」で会場のテンションをピークにした後、本編最後は「Music」。オーディエンスは村松と一緒に歌い、高揚し、いま此処に居る喜びを全身で実感する。彼らが音を鳴らし続ける意味が、その場に存在した。
 
 
 アンコールで再びステージに登場した村松は「言葉とかあるけど、僕らは音楽でみなさんを楽しませていければ…」と言っていたが、この日鳴らされた彼らの音楽には、彼らのすべてが詰まっていた。ファンの1人として、観ていてとても嬉しくなるライブだった。
 
 

 
TEXT:Takeshi.Yamanaka
PHOTO:西槇 太一
 
 
 
 

Nothing's Carved In Stone 2009年〜2019年の全作品に関するインタビューまとめ

一切妥協することなくストイックに、そしてエゴイスティックに音を練り上げてきた唯一無二のバンド・Nothing's Carved In Stone。2009年の結成以来、年1枚のペースでアルバムをリリースし、2018年には日本武道館でのワンマンライブがソールドアウト、2019年には自主レーベル"Silver Sun Records"を設立し、10枚目のアルバム『By Your Side』を完成させた。今まで全作品についてインタビューを行ってきたJUNGLE LIFEの記事を以下にズラーッとまとめました。