全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

PAM 1st Full Album『How have you lived?』セルフライナーノーツ

PAM 1st Full Album『How have you lived?』セルフライナーノーツ


 
 
 
PAM結成から約1年、メルカリから始まりメジャーでのリリース。色々なところに行き、たくさんの人と出会い、2人でたくさん音を鳴らしてきました。アルバムタイトル『How have you lived?』、『どう生きたか?』が表現されているROCKな1枚になっていると思います。
 
インストが好きな人も、インストをそんなに聴いたことのない人にも、アルバムを手に取ってくれたみなさんの自由な解釈で、いろんな場面を思い浮かべて聴いてもらえたらなあと思います。
 
 
M-1.「Do-Chi-Touch」
曲名から雰囲気、曲構成までこれがPAMだぞ! って感じの曲だと思います。一聴すると複雑そうに聞こえますが、ギターに関しては意外とストレートです。フレーズというよりは音色がかなりキモになってきますね。ちなみに、この曲をデモで送った時の仮タイトルは『ドチドチ』でした。だからDo-Chi-Touchです(笑)。
 
M-2.「Dimension」
緊張感からどこか視界がパーッとひらけていくようなイメージですね。特に1:09~1:20までのクリーンなフレーズはギター2本の掛け合いがとっても大事です。ここが一番こだわりポイントかもしれません。
 
M-3.「Friday’s Messenger」
全体的に一番ギターのメインフレーズが暴れている気がします。ギターフレーズの掛け合いも多め。ダークな中に明るさもある曲になったかなと。
 
M-4.「Sunpiazza」
水族館で弾いた何気ないフレーズが形になったなかなかに思い出深い曲です。予想を超えたオシャレさになりました。今回のアルバムの中でダントツでオシャレです。オシャレなところから一気にエモーショナルになる部分はかなり意識してます。
 
M-5.「Like A Fresh」
歌をすぐ入れれそうな曲作ってみたらどうなるんだろうと思って作り始めた曲。結局歌が入る余地はなくなりましたが(笑)1:42からの尻上がりに盛り上がっていって、最後爆発する流れが個人的にお気に入りです。
 
M-6.「Speak Of The Devil」
2ヶ所あるギターソロ部分はレコーディング当日アドリブで弾きました(笑)。その場で生まれたからこその臨場感のあるソロかなと思います。この曲は臨場感と狙いすまされた曲構成の融合って感じですね。
 
M-7.「K’s Blow」
PAMで一番攻めてます。いろんな意味で。そして一番音の重心低め。でも攻めつつ、耳に残るかっこいい音、音色を意識してます。ちなみにこの曲のソロっぽい部分もアドリブで弾いてます。
 
M-8.「Mirage」
今回のアルバムで一番疾走感があります。途中落ち着くところもより加速されるために入れてます。ためてためて出す!みたいな。この曲は通勤中とか頑張りたい時に聴いて欲しいですね。
 
M-9.「Stunning」
聴く状況とタイミングによって解釈が変わりそうな曲ですね。個人的には雨上がり晴れたなーって感じです。途中一瞬曇るけど最後は晴れて終わるみたいな。自由にイメージしてみてください。0:44~1:11はギター3本で一つのフレーズになるように作ってます。
 
M-10.「Ray~How have you lived?~」
このアルバムの最後に相応しい曲だと思います。その時に感情に浸りたい時にぜひ聴いてもらいたい。ばっちり浸れます。今回のアルバムの中で一番その時の感情を増幅させてくれる曲です。
 
G.久米優佑
 
 
 
 
プロフィール
2018年にELLEGARDENのドラマー高橋宏貴が、札幌を中心に活動しているバンド、トリコンドルのギター久米優佑と共に2人組インストバンド「PAM」を結成!東京ー札幌の距離をものともせず、出会ってからセッションを重ね、2018年10月に1stEP『POINT AT ME』をリリース。そして道内を中心にまわった初のツアー『POINT AT ME TOUR』を行い、大盛況のうちに幕を閉じた。結成から1年も経っていない中、精力的に発信していくPAMが、2019/9/4に待望のフルアルバム『How have you lived?』をリリース! 8/21から全国24ヶ所を回る『How have you lived? TOUR』がスタートする!!
 
 
 

リリース情報
1st Full Album

『How have you lived?』
Understanding Label
POCS-1829
¥2,500+税
2019/9/4 Release
PAM Official Website
http://pam-band.com/