全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

SPECIAL LIVE REPORT:PAN結成25周年記念イベント「25祭やDAY!」特別編【PANマン LIVE  STREAM】 2020/6/25(木)Streaming+

SPECIAL LIVE REPORT:PAN結成25周年記念イベント「25祭やDAY!」特別編【PANマン LIVE STREAM】 2020/6/25(木)Streaming+


今年結成25周年を迎えたPAN。その“25年”にちなみ、2020年は毎月25日に様々な都市で主催イベント「25祭やDAY!」を開催することがアナウンスされていたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で3月以降の同イベント10公演の中止が決定した。しかし「自主イベントでのライブ再開を、大阪のライブハウスからお客さんに届けたい」というメンバーの想いから、6/25に無観客での配信ワンマンライブ@心斎橋BIGCATが実現した。今回は、6/25に行われた配信ライブの模様をレポートする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 予定されていた配信開始の時間にブラウザで指定されたURLを開くと、会場の模様が映し出され、MCとして清水音泉の田口氏と樋口大喜(FM802「RADIO∞INFINITY」「802 DINOSAUR」DJ)が登場。更にStreaming+では視聴者がチャットでライブ参加できるということで、「ワクワク」「こんばんは」「楽しみ!」など、まるでライブが始まる前のフロアのような緊張感に包まれる。
 
 
 
 

 
 
 
 
 BIGCATの広いステージにはたくさんのモニターが設置されている。きらびやかな照明の中、SEが流れると4人が登場。川さん(Vo.)が「誰もが予想しなかったこの未来にこの4ヶ月間、どんな想像をして生きていましたか? 今日はその想像を超えるような1日を楽しんでいってくれよ!」と叫んでライブがスタート。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 1曲目は「想像だけで素晴らしいんだ」。メッセージ性が強いこの曲は、これからの約2時間半が配信ライブの域を超える程アツくなることを予感させる。そのまま駆けるように始まったのは「人生の湯」。ゴッチ(G.)とダイスケ(Ba.)、タツヤ(Dr.)もマイク越しに叫びながら歌う。ゴッチが激しくギターを掻き鳴らして勢いがどんどん加速すると、「フリーダム」「遊SONG」と続けて披露。川さんは「声出してくれよ!」と叫ぶ。ステージの4人から、画面越しとは思えないほどの熱が伝わってくる。
 
 
 
 

 
 
 
 
 「こうやってライブハウスでやるのは4ヶ月ぶり。配信ライブだけど、お客さんがそれを観て参加してくれているのを感じる事ができる。どうやったら配信ライブの垣根を越えれるか考えてきた」と話す。メンバーの足元にもモニターが用意されていて、そこには視聴者が書き込んでいるチャットが表示されている。
 
 
 
 

 
 
 
 
 「PANは配信ライブで何かが出来ると思ってここに立っているからな!」と叫んで始まったのは「OH!!アニマル」。タツヤがドラムを叩く姿はとても勇ましくて、楽しそうだ。「カマす犬」「レモンKiss」を続けて演奏すると川さんは「やっぱりライブは楽しいな」と笑う。「今夜はバーベキュー」では川さんが「歌え!」と画面越しに叫ぶ。きっとこの配信ライブを観ながら歌っている人も多いだろう。「ザ・マジックアワー」では力強い歌声とパフォーマンスで聴き手の心をガッシリと掴んでくる。
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 MCでもいつもながらのPANらしさが溢れていた。「ライブが出来ていなかった時期も配信などいろいろやっていた」と話す川さん。するとゴッチが「こういう状況になる前より忙しいと思う」、「今まで触って来なかったアプリを色々使ったからストレージが足りない」と笑いを誘いつつ、この4ヶ月間の活動内容を語る。
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 そしてライブ再開。「WA WA WA」でも勢いは止まらず、ダイスケは笑顔でベースを弾く。「ギョウザ食べチャイナ」が始まると「リビングでも叫べ!」と川さん。チャットも大盛り上がりで、観ている人たちが川さんと一緒に声を出し手を挙げて歌う姿が目に浮かぶ。ゴッチがギターを響かせて始まったのは「直感ベイベー」。ボルテージが更に上がり、観ているこっちも汗をかきそうになるほどだ。「悪魔塔」が始まるとそれまでとはまた違ったPANの魅力がどんどん溢れ出していく。センチメンタルなメロディーを奏でるメンバーを見ていると、胸に込み上げてくるものがある。
 
 
 
 

 
 
 
 
 「久しぶりのライブはやっぱり楽しいと思うけど、ライブハウスでやる生のライブが一番いいのは誰もがわかってる。でも配信ライブの良さもあるし、こういう機会があればPANはやるバンドです」と力強く川さん。「また各地に行きたいと思っているし、その時はライブハウスに遊びに来て下さい」と言って始まった「マイル」では、その想いが爆発した。モニターには「25祭やDAY!」で訪れる予定だった10会場のライブハウスの名前と写真が流れ、曲の終わりには「25祭やDAY!! 10本中止になったけどこのまま終わらせへんからな!!」という文字が浮かび上がる。汗だくの4人の表情と、迫りくる熱量。ライブへの彼らの想いがひしひしと伝わってくる。
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 「ゴッチが泣いている」と川さんが言うと、確かにゴッチは涙目の様子。するとゴッチは「序盤からアウトでした」とピュアな一面を見せる。川さんがゴッチから誕生日にブラックコーヒーをもらった話などで笑いを誘う。いつもと変わらぬ2人のやり取りを観ることが出来て、視聴者も嬉しいだろう。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 「ゴッチメンがこの状況を救ってくれると僕は信じています」と川さんが言うと、ゴッチが「みんなの悩みをチャットの書き込んで。僕が全部解決します」と意気込み、川さんが「ゴッチメン」を歌い始めると、ゴッチはチャットに次々と送られてくる悩みに片っ端から答えていく。
 
 
 
 

 
 
 
 
 という和気あいあいとしたやり取りの中、ステージにはサプライズゲストのHEY-SMITHの猪狩秀平(G./Vo.)が登場。PANのメンバーは猪狩が来ることを知らなかった様子で、驚いた表情を隠せないまま「ゴッチメン」をなんとか歌い切る。1曲目から会場に居たという猪狩はやっと出てこれてとても楽しそうな様子で、川さんにブラックコーヒーを渡してステージ袖に戻っていく。川さんは「対バンとのわちゃわちゃ感を出したいと思っていたけど、今実現した」と笑う。
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 PANは最近新曲が完成し、Zoomを使ってリモートによるゲストコーラスの募集をしていたのだが、そのレコーディングを経て、今回その新曲をライブで初披露するという。「まだこの曲はMVがないので、今日のライブをMVにしようと思う。みんなが送ってくれているチャットをモニターに映します。いろいろな人の気持ちやこの言葉を詰め込んで映像として完成させたい」と川さん。
 
 
 
 

 
 
 
 
 そして始まった新曲「究極の幸せ」。曲が始まった瞬間から、会場の至るところに設置されたモニターにたくさんの人の究極の幸せを感じる瞬間が映し出され、視聴者が書き込むチャットの勢いは止まることがなかった。きっと素晴らしいMVになることは間違いないだろう。「この不自由な事態でも気づけたことはいっぱいあったし、この期間を無駄にしたくないと思った」と川さんは新曲に込めた想いを綴る。
 
 
 
 

 
 
 
 
 ライブも終盤というのに全く勢いを緩めない彼らが始めたのは「Z好調」。熱を込めたままダイスケがベースを鳴らし、タツヤが力強くドラムを繰り出していく。「我二BET」では各々が叫びながらダイナミックなプレイで魅せ、「暴飲暴食マシンガン」では更にボルテージを上げて、川さんはフロアに下りて歌い続け、そのまま息をつく暇もなく「ジャパニーズソウル」。無観客とは思えないほど、現場の興奮度が高い。
 
 
 
 

 
 
 
 
 そして我々に向けて「時が来たらまたライブハウスに帰ってきて下さい。ラスト1曲! 死ぬほど踊って下さい!」と叫んで始まったのは本編最後の曲「天国ミュージック」。画面越しでも強固な一体感がわかる4人のパフォーマンスは圧巻。きっと画面越しに観ていた人たちも、ライブハウスに居るかのような満足感に包まれていただろう。
 
 
 
 

 
 
 
 
 メンバーがステージを去った後も、チャットは目で追うのが精一杯なほど「アンコール」の文字が埋め尽くす。その声に応えてメンバーが再登場し、川さんが「コロナが終わって久しぶりに学校で会うのは緊張すると思う。夏休み明けみたいな感じで」と言ってこの時期にぴったりな「短い夏休み」を披露し、立て続けに「がんばりまっせ」。4人とも全身全霊でライブを楽しんでいる。
 
 
 
 

 
 
 
 
 止まることを知らない彼らは、その勢いのまま「TシャツGパン」と続け、最後の「初日ファイナル精神」が始まると川さんが「またライブハウスで会いましょう」と叫ぶ。ゴッチはロックなギターを炸裂させ、川さんの「ダイスケ!」の声にダイスケは今日一番の歌声を披露し、タツヤは楽しそうに力強いリズムを刻む。
 
 
 
 

 
 
 
 
 すべての曲が終わり、画面に映し出されたのはメンバー4人の汗にまみれた清々しい笑顔。「全国各地から観てくれてありがとう。バンド仲間も観てくれていると思うけど、また会おう。対バンすることがやっぱり面白いと思うからまたやろうぜ。それをみんなは観に来てや」と川さんが話し、4人が感謝を告げてライブ終了。いつものライブの形ではなかったが、いつも通りのPANを観ることが出来た。配信ライブの垣根を越えた、アイディアと想いと熱が詰まったワンマンライブだった。
 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 

TEXT:Hiramoto.Yuina / Takeshi.Yamanaka
PHOTO:雷

 
 
 
 
 
 
 
 

PAN結成25周年記念イベント「25祭やDAY!」特別編
「PANマン1日3公演、来れるライブもやります!」=「人生の湯〜TUBE」1日密着ライブ配信=
2020/7/25(土) 関大前TH HALL
 
1部公演タイトル:『廃盤ベスト全曲ライブ』
2部公演タイトル:『ベスト盤°1,2 選曲ライブ+新曲も!!』
3部公演タイトル:『ライブ打上げ & 人生の湯〜TUBE公開収録』
 
1部:OPEN/15:00 START/15:30
2部:OPEN/17:15 START/17:45
3部:OPEN/19:30 START/20:00
 
1部:通常/¥2,500 サポート/¥3,500 VIP/¥4,500(通常/後方エリア席・サポート/特典付き+中盤エリア席・VIP/特典付き+前方エリア席)
2部:通常/¥2,500 サポート/¥3,500 VIP/¥4,500(通常/後方エリア席・サポート/特典付き+中盤エリア席・VIP/特典付き+前方エリア席)
3部:通常/¥1,000(チケット番号順の入場、席指定無し)
 
FC先行受付(PANクラブ(有料会員)先行):7/4(土)12:00 ~ 7/6(月)23:59まで
[PANクラブ HP]:https://pan-club.com
 
一般チケット発売日:2020/7/11(土) 10:00
 
主催:関大前TH HALL
企画・制作:54Adventure / TAGBEAM Inc. / MOONSHINE Inc.
問い合わせ:関大前TH HALL:06-6337-0005
 
備考:
「感染拡大予防にかかる業種別 暫定ガイドライン(ライブハウス)」大阪府ガイドラインに沿ったイベント開催となります。
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/38687/00000000/livehouse_guideline.pdf
ご来場の皆様には、以下をお願いしております。
・入場時にお客様・関係者への大阪コロナ追跡システムの登録と検温。
・原則着席、マスク着用、入場時の手指消毒。
 
https://www.pan-sound.com/

 
 
 
 

PAN結成25周年記念
PANスペシャルグッズセットプレゼント!!

 
JUNGLE LIFEのTwitterアカウントをフォロー&当該ツイートをリツイートで応募完了。抽選で1名様に以下のPANスペシャルグッズセットをプレゼントいたします。
 
 
 
 
メンバーサイン入り【PANマン LIVE STREAM】2020/6/25 セットリスト

PAN結成25周年記念パーカー Mサイズ

ムムムム全面Tシャツ(非売品)XLサイズ ※背面は白無地

PANピンクタオル

 
上記4点のセットを1名様にプレゼントいたします!!
 
 
 
 
応募締め切り
〜2020/8/24(月)24時まで
 
 
当選者発表
当選者1名様にはDMでお知らせいたします。
 
 
応募手順1
JUNGLE LIFEのTwitterアカウントをフォロー


 
 
応募手順2
以下の投稿をリツイート


 
で応募完了!!