全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

SPECIAL LIVE REPORT:“FM802 MEET THE WORLD BEAT 2012”

太陽の塔に見守られながら、触れる、感じる”音楽と愛の祭典” FM802 MEET THE WORLD BEAT 2012 ライブレポート

 大阪をキーステーションとするFM802は、開局以来多くのアーティストをスターダムに押し上げてきたFM局として認知されている。

そのFM802が総力をあげて開催する日本最大の野外フリーコンサートが「FM802 MEET THE WORLD BEAT」。今年でなんと23回目を迎える。45万通を超える応募から選ばれた7,000組14,000人を招待し、万博記念公園自然文化園もみじ川芝生広場で開催された。

28,000平方メートルの芝生広場の会場はどこからでもステージが見え、風が吹き抜ける絶好のロケーションにあるが、当日は30度を超える猛暑日となりうだるような暑さの中、THE BAWDIESからスタートした。ルックスは言うに及ばず、UKビートの切れのいいサウンドに総立ちのオーディエンスはのっけから踊りまくる。続いてセカンドステージでは、韓国のフェスより帰国したばかりの、ねごとが独特のアンサンブルを聴かせ、leccaにバトンを渡す。

leccaは女性ダンサー2名を従え”いい大人がバカみたいにタオルを振り回すのもいいじゃないですか!”と煽ると会場中にタオルの花が咲いた。そして、小柄でキュートなmiwaがギターを抱えて登場”今年初めての野外ライブです”とステージを所狭しと駆け回る。The SALOVERSはシリアスな表情でその言葉をなげかけ、”これだけ多くの人、太陽のもとで唄える事に感謝”とNICO Touches the WallsのMCの後はちぎれんばかりの団扇が振り乱れた。

さあライブも中盤に突入。ここで本日のサプライズでシークレットが発表された、藤巻亮太だ、楽曲のクオリティはもちろんだが落ち着いたステージングで、レミオロメン時代とは違うアレンジとサウンドを楽しませてくれた。セカンドステージでは今回唯一の外国人バンド、UKロックの未来を担う、若きカリスマ・フロントマン”マシュー・ホワイトハウス”率いるTHE HEARTBREAKS。転換時に一音も出さずに、”こんにちは大阪”の一言でのライブスタートはさすがだ。そして、まだまだ日は高いが、夕暮れを迎える4時台に秦基博の登場となった。バンドサウンドと弾き語りの両面でその懐の広さをみせると名曲「アイ」で会場は水を打った静けさに包まれる。残すは大御所3組となり日射しも落ち着き、涼しい風も吹き出した。さあーロックの時間だと言わんばりのシュチュエイションが出来上がったところで、本格再始動のJUN SKY WALKER(S)のメンバーがひとりひとりゆっくりとステージに現れる。相変わらずの宮田のロッカーぶりに会場全体が全身で応える。

この会場を埋め尽くす、14,000人のオーディエンスはみんな音楽好きで、温かいなと実感する美しい光景だ。そして、その声と唄の力だけで説得出来るアーティストと言えば、一青窈。第一声より会場に一体感をもたらしてくれたのは言うまでもない。そして大トリ、斉藤和義が登場する。夕暮れにライトが灯りKICELLの辻村のエフェクトを多用した浮遊するギターのイントロでスタート。斉藤の感情を爆発させるかのごとく響きわたるアコースティック・ギターとのバトルは圧巻!!

アンコールでは今年結成50周年のローリングストーンズの名曲「Jumpin'Jack Flash」と斉藤和義の「歩いて帰ろう」を他の出演者とセッションして幕を下ろした。このイベント会場は、1970年に万国博覧会が開催された場所。岡本太郎のメッセージでもある太陽の塔が近くにそびえる。人間の生き方の多様さ、そのすばらしさや尊厳をテーマにしていると言う。まさに、MEET THE WORLD BEATの会場にふさわしいと、改めて感心しながら清々しい気持ちで帰路についた。

JUNGLE☆LIFE 発行人PJ

 

【セットリスト】
●THE BAWDIES
M1:I'M IN LOVE WITH YOU
M2:A NEW DAY IS COMIN'
M3:JUST BE COOL
M4:新曲
M5:ROCK ME BABY
M6:IT'S TOO LATE
M7:HOT DOG

●ねごと
M1:カロン
M2:ふわりのこと
M3:Lightdentity

●lecca
M1:My measure
M2:TODAY
M3:紅空
M4:For You
M5:ちから

●miwa
M1:いくつになっても
M2:441(エレキver)
M3:FRiDAY-MA-MAGiC
M4:ヒカリヘ
M5:chAngE
M6:again×again

●The SALOVERS
M1: 仏教ソング
M2:サリンジャー
M3:オールド台湾
M4: 愛しておくれ

●NICO Touches the WALLS
M1: バイシクル
M2: THE BUNGY
M3: Broken Youth
M4: 夏の大三角形
M5: 手をたたけ

●藤巻亮太(シークレット)
M1:イントロ
M2: オオカミ青年
M3:月食

●THE HEARTBREAKS
M1:I Didn't Think It Would Hurt To Think Of You.
M2:Liar, My Dear
M3:POLLY
M4:Delay, Delay

●秦 基博
M1:鱗(うろこ)
M2:Halation
M3:キミ、メグル、ボク
M4:アイ
M5:メトロ・フィルム

●JUN SKY WALKER(S)
M1:START
M2:歩いて行こう
M3:ロックの資格
M4:NO FUTURE
M5:MY GENERATION
M6:ロックンロールミュージック

●一青 窈
M1:ハナミズキ
M2:とめる
M3:道案内

●斉藤和義
M1:ずっと好きだった
M2:Would you join me?
M3:ひまわりの夢
M4:I Love Me
M5:月光
M6:やさしくなりたい

●セッション
M1:Jampin jack flash
M2:歩いて帰ろう

  • new_umbro
  • banner-umbloi•ÒW—pj