全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

SPECIAL LIVE REPORT MAYKIDZ “Ⅺ TOUR” 2019/9/30 @TSUTAYA O-WEST

「今日で終わっても構わない」 2ndアルバムと熱い思いを引っさげたツアーファイナル公演



 
 
 名古屋、大阪を回った“Ⅺ TOUR”のツアーファイナルとして、TSUTAYA O-WESTで東京公演が行われた。この日はワンマン公演。当日はMAYKIDZのツアーファイナルを見届けようと観客が集まっていた。
 きらびやかな照明の中で始まった1曲目は「FALSE ALARM」。『Ⅺ』の1曲目でもあるこの曲は、シンセの音色が心地いい。サイケデリックな前奏は会場の空気を変え、全員の視線がステージ上の3人に集まる。続いて演奏されたのは「Barograph」。高田(Ba.)が前に出てベースをかき鳴らし、手を挙げるオーディエンス。サビでは綺麗なコーラスが響き渡る。小林が「MAYKIDZです。最後までよろしく」と言って始まったのは「Break The Dark」。BEAK(Dr.)の力強いドラムに合わせ、オーディエンスは拳を突き上げる。メロディー、歌詞ともに心に残るサビは、小林が歌うことによってさらに感傷的な気持ちを助長させ、心に染みる曲になっている。
 
 



 
 
 「久しぶりのワンマンなので楽しむ」とBEAK。小林が「みんなを信じてよかった」と言って始まった曲は「Going Back」。「さあ行こうぜ!」と小林が叫ぶと、会場の盛り上がりが高まる。3人は首を振ったり、顔を合わせながら演奏する。続けて「Magic」。メンバーもオーディエンスも会場全体が跳びはねる。まさに魔法のような綺麗な照明の中で、3人はすでに汗を流していた。続けて演奏されたのは、「Sentimental Town」。疾走感溢れるBEAKのドラムで、オーディエンスのボルテージが一気に上がった。綺麗なハモリからのラスサビで加速度を更に上げる。
 
 

 
 
まだライブの半分も終わっていない。だが、高田はスタッフにタオルを持ってくるように頼んだ。そのくらいメンバーは汗だくなのだ。メンバーだけでなくフロアも熱気に包まれている。「今日は誰ひとりとしてすれ違いたくない」と小林。続けて「YOUR STORY」、「Carry Ann」、「End Of Tragedy」と3曲が披露された。特に「End Of Tragedy」では、オーディエンスの歓声や熱気が止まらない。小林の“みんなと俺らが信じてる音楽は真実”という言葉から始まった曲は、「カミナリ」。小林の声とサビのハーモニーがとても綺麗で、自然に身体が揺れる。続いて「Breed&Hands」、「FIREARM」、と疾走感が止まらない。会場に一体感が生まれ、盛り上がりは加速する。
 
 

 
 
 小林は「最近はあまり声が出てなくて、昔のポリープの時みたいに不安だったけど、ステージに立ってみたら“別に今日で終わっても構わねえ”って思った」と語る。「I'll Be There」ではさっきの盛り上がりとは裏腹に曲を聴かせる。「BASTERS」、「Hide and Seek」ではオーディエンスの手拍子が鳴り渡り、「Now Or Never」では小林の「一緒に歌おうぜ!」の声を皮切りに、会場に歌声が響く。
 
 

 
 
 盛り上がりも最高点になった頃、本編最後の曲は「歌声は行く」。会場の雰囲気は1つになった。アンコールで3人が戻ってくると小林は、「自分たちの信じる音楽をやって、こうやって集まってくれて本当に嬉しい。まだ続けるから、また来てね」と言って始まった最後の曲は「Over n' Over」。アンコールになってもさっきの熱気は冷めないまま、最後の最後まで突き抜けた。まさにツアーファイナルにふさわしいワンマンライブだった。
 
 

 
TEXT:YUINA.HIRAMOTO
PHOTO:内田汐音