全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

SPECIAL LIVE REPORT NIKIIE

その間には何も遮るものがない

2012/6/29@渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

NIKIIE LIVE TOUR 2012 “hachimitsu”

薄暗いduoのステージ、NIKIIEのキーボード後方にはアンティークな電気スタンドが煌々と光っている。
まるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥る空間。4/11にミニアルバム『hachimitsu e.p.』をリリースし、全国4都市をまわる同ツアー。

ファイナルとなるこの日、NIKIIEはいったいどのようなライブを見せてくれるのだろうか。筆者は彼女のライブを過去に2回観たことがあるのだが、その2回とも、彼女はその場所その時にしか生み出せない“もの”をステージで表現しているように見えた。
だからこの日が楽しみだった。

会場にはたくさんの観客がつめかけている。会社帰りのOLやサラリーマン、そして音楽好きと見受けられる若い人たちもいれば、中には子供連れの人もいる。幅広い層に受け入れられているNIKIIEの音楽は、きっとたくさんの人の心と心を繋いでいるのだろう。

ステージに登場してちょこんとキーボードの前に座ったNIKIIE。彼女は音の感触を確かめるように両腕をゆっくりと、そしてダイナミックに動かして曲を始める。1曲目は「ito.」。“私と あなたの 繋がれ 見えないとこ”という歌詞が印象的で、今現在のNIKIIEを象徴する同曲を最初に持ってきた彼女の気持ちが伝わってくるようだ。豊富な声量と、奥行きのある澄んだ声色、そして幅のあるオクターブ。編成は、ギターとベースを担当するGUNN、そしてドラムを担当する神谷洵平という3人でのバンド形態。ライブ感溢れるアレンジでNIKIIEの世界が広がるステージだが、もちろんその音楽の中心にあるのは絶対的な“歌”。NIKIIEは小さな身体から溢れ出んばかりのエネルギーを感じさせ、「3sec.」では曲が進むに従ってだんだんと熱を帯び、腰を浮かせて楽しそうに演奏する。一転して「NAME」ではヒリヒリとした緊張感を感じさせつつ、MCでは他愛もない話で笑う。音が鳴る瞬間、彼女はまるで別人のように表情を変える。

「LUV SICK」のステージでは衝動を爆発させ、「私は、この世には光なんてないと決めつけていた時期がありました」と言って始めた「幻想フォルム」では鬼気迫るほどの強い感情を音と歌で表現する。かと思えば、左腕をぐるんぐるんと振り回しながらリズミカルに始まった「Duty Friend」ではボールマラカスを手に気だるくも心地よいグルーヴでやや大人な表情を見せる。

NIKIIEは振り切れていた。たとえそれが陽であろうが陰であろうが、楽曲に封印した世界観を濃度の高い表現で倍加させていく。目の前で目まぐるしく表情を変えていく彼女の歌に、会場全体が惹き込まれていくのが肌でわかる。ライブが中盤に差し掛かり、NIKIIEはタンバリンを手に立ち上がって「Say you love me」をコール&レスポンスで歌う。会場は一体感に包まれる。

新曲「Everytime」も披露。NIKIIEはキーボードの前でゆらゆらと身体を揺らしながら演奏を始め、押し寄せる音の雨を全身で浴びるようにして歌う。広がりと奥行き、そしてどこまでも届いていくメロディ。彼女の新たな可能性を感じさせる楽曲だ。

ライブは後半へと進み、ロック溢れる「Kiss Me」、前回のツアーとはかなり違うアレンジになった「HIDE&SEEK」で魅せる。本編最後は、NIKIIE曰く「『hachimitsu e.p.』をリリースして感じたこと、思ったことをそのまま歌った曲」という「harmonic harmonist」をアコギを弾きながら歌う。切なくて温かくて、優しくて哀しくて、とても自然な歌。まるで“生きる”ということと同じレベルのような歌だった。

アンコールでは、秋にリリースするミニアルバムのタイトル『CHROMATOGRAPHY』とツアーを発表し、たくさんの手拍子に包まれて「カナリア」を披露。「これからもきっと色んなことを迷いながら歌っていくと思いますが、NIKIIEをよろしくお願いします」と想いを語り、最後は大きな一体感に包まれたまま、キーボードと歌だけの「good night my sweet home」で終演。NIKIIEと観客1人1人、その間には何も遮るものがないと感じさせるライブ。表現者として前に大きく歩を進めたNIKIIE、次作ではどのような表情を見せてくれるのだろうか。

TEXT:Takeshi.Yamanaka
PHOTO:森久