全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

twitter instagram

Wienners

混沌と一体感が共存するめくるめく桃源郷

2012/10/20@代官山UNT
“UTOPIA TOUR 2012”

音の洪水、ノイズのシャワー、温かくてどこか懐かしいメロディ。Wiennersの4人が音と音を積み重ねて奇跡を連続させ、僕たちは心の底からライブを楽しんだ。幸せな時間だった。
まず1曲目の「風流ボーイ」から5曲目「シャングリラ」までの流れで一気に持っていかれた。「風流ボーイ」の終わりにVo./Key./Samp.MAXが「十五夜」と告げた瞬間、その場に居合わせた観客全員の心の中に何かが溢れ出した。後はもう、糸が切れた凧のように暴れ、舞い、踊り狂うしかない。更に、Vo./G.玉屋2060%の歌やギターがおもしろいほどのコールを誘発していく。混沌と一体感が共存する奇跡のステージは、やろうと思ってできることではない。
約2年前にここ代官山UNITで開催された1stアルバム『CULT POP JAPAN』のツアーファイナル公演ではアンサンブルの見事さに舌を巻いたが、この日のライブは楽曲と演奏と歌とメロディと言葉でオーディエンスの感情を大きく揺さぶる様に舌を巻いた。
初披露の「トワイライト」や名曲「海へ行くつもりだった」を経て、ライブ後半の「FUTURE」から一気に熱狂がエスカレート。ダイバーが何度も舞い、観客は玉屋2060%の歌やギターと一緒に歌い、Ba.∴560∵のプレイに酔いしれ、Dr.マナブシティが繰り出すリズムに合わせて手を叩き、MAXに大きな歓声を上げる。音やリズムやメロディ、ステージから発するひとつひとつの現象に反応して観客がひとつになったり暴れたりする様は壮観だ。
玉屋が「この歌をいいと言ってくれた人、認めてくれたメンバー、何より受け入れてくれたみんなに感謝します」と言って始めた「午前6時」が本編ラスト。ダブルアンコールも含め、4人は終始最高のテンションと多幸感溢れるライブで最高のユートピアを見せてくれた。
TEXT:Takeshi.Yamanaka