全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

Migimimi sleep tightから、ベースのJOTAROが脱退。

写真左端がJOTARO(Ba.)

 Migimimi sleep tightから、JOTARO(Ba.)の脱退が発表された。2018年1月19日の渋谷SPACE ODD公演を以って、脱退となる。
 Migimimi sleep tightはVo./G.宮川依恋(NEXTRADE)、G./Cho./Pf.涼平(メガマソ)、Ba./Cho.JOTARO(ex. FUNKIST)、Dr./Cho./Per.松本誠治(the telephones / FINAL FRASH)によって、2016年に始動。「君の人生で一番泣けて、一番踊れるバンド」というコンセプトを掲げて、活動を続けてきた。
 公式アナウンスによれば、2017年夏頃から「JOTAROよりバンドに求める形や姿勢、EDMの融合したような楽曲内での自分の役割に対してのズレを感じる旨」の相談があり、メンバー間で話し合いを重ねてきた結果として今回の脱退発表に至ったとのこと。
 「それぞれの音楽人生を考えた上で、JOTAROにとってもMigimimi sleep tightにとっても最良の選択を考えた時、この決断は正しいものになったと今ではメンバー全員が考えている、全員が笑顔で納得できる」ということなので、前向きな決断として4人の今後の活動にも期待したい。
 それぞれのメンバーからのコメントは、公式サイトを参照のこと。現メンバーでのライブは残された本数も少ないので、ぜひその勇姿を目に焼き付けて欲しい。
 
 
■公式コメント
いつも、Migimimi sleep tightへの応援ありがとうございます。
2018年1月19日渋谷SPACE ODD公演を持ちまして、Bass.JOTAROがMigimimi sleep tightを脱退することになりました。
2017年夏前より決まっていたスケジュールやリリース、イベント内容との調整などもあり、
ファンの皆様にとって突然のお知らせになってしまい、本当に申し訳ございません。
2017年夏ごろJOTAROよりバンドに求める形や姿勢、EDMの融合したような楽曲内での自分の役割に対してのズレを感じる旨、
メンバーに相談を受けて4人でずっと話し合いを重ねてきました。
どのような形が良いのか様々な意見交換もあった中、JOTAROの脱退の申し出を受け入れる事にいたしました。
それぞれの音楽人生を考えた上で、JOTAROにとってもMigimimi sleep tightにとっても最良の選択を考えた時、
この決断は正しいものになったと今ではメンバー全員が考えている、全員が笑顔で納得できる。
今は純粋にそういう気持ちでMigimimi sleep tightの活動を行うことができています。
JOTAROが参加するライブは残り少ないですが、
バンドはどのようなタイミングでも100%を常に超える意気込みでライブを形作っていきます。
脱退の瞬間までJOTAROもMigimimi sleep tightに真摯に向き合ってくれています。
ファンの皆様もご理解いただけますと幸いです。
そして、今後のJOTAROの活動、そしてMigimimi sleep tightの活動への応援をよろしくお願いいたします。
 
 
■ライブ情報
“Hangout Vol.4 -右耳巨大市場-”
2018/1/19(金) 渋谷 SPACE ODD
 
Event Info.
2017/12/30(土) 下北沢 ERA
2017/12/31(日) 下北沢 CLUB251
 
 
■WEB
Official Site

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj