全国15万部を誇る日本最大級のミュージックフリーマガジン on Web!!

6月3日は「ポンコツの日」。エイティーフィールド・P青木生誕祭にて、衝撃の重大発表!?


 
 BAYCAMPの企画や様々なアーティストをサポートし続けるポンコツ印の元祖ロックエージェント“エイティーフィールド”代表であるP青木の生誕祭イベントが6/3に渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催された。
 エイティーフィールドは、数々のライブシーンで活躍するアーティストのライブやツアープロデュースするチーム。
 

 
 その代表である主賓のP青木はもちろん、フレンズ、Creepy Nuts、teto、Helsinki Lambda Club、リーガルリリー、神聖かまってちゃん、新しい学校のリーダーズ、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、忘れらんねえよ柴田 with タナカヒロキ(LEGO BIG MORL)、愛はズボーン、超能力戦士ドリアン、imai(group_inou)、SPARK!!SOUND!!SHOW!!の13組がお祝いに出演。
 オープンからケンモチヒデフミが、VJとDJで場内を盛り上げた後、主賓のP青木によるキュウソネコカミの楽曲「ウィーアーインディーズバンド!!」の替え歌「ウィーアーエイティーフィールド!!」の熱唱でライブステージは幕を開けた。
 

 
 その後もこのイベントに参加した全アーティストが、P青木のポンコツっぷりをエピソードなどを交えながら、そしていつも以上に最高の熱量を持ったライブパフォーマンスを披露。時折、ちょいちょい飛び入りでP青木も出演。生誕祭ならではのスペシャルな一夜となった。
 

 
 この日のトリはフレンズ。最後にその52才を祝う誕生ケーキの儀式の後。主賓のエイティーフィールド・P青木より重大発表として、なんと6/3が一般社団法人記念日協会認定となり、“ポンコツの日”に制定されたことが発表された。
 記念日協会の代理としてフレンズのVo.えみそんより、その認定証が贈られた。これにより6/3は毎年、P青木の生誕祭ならぬ“ポンコツの日”として記念イベントを開催していくことになったようで、今後も楽しみな1日になりそうだ。
(PHOTO:近藤みどり)
 

 
 
■公演概要
“P青木ひとり生誕祭 〜P52祭り(ポンコツまつり)〜”
2018/6/03 渋谷TSUTAYA O-EAST

 
出演:P青木 / フレンズ / Creepy Nuts / teto / Helsinki Lambda Club / リーガルリリー / 神聖かまってちゃん
駆けつけact:新しい学校のリーダーズ
Welcome act:ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)
忘れられないact(余興):忘れらんねえよ柴田 with タナカヒロキ(LEGO BIG MORL)
ちょい足しact:愛はズボーン / 超能力戦士ドリアン / imai(group_inou) / SPARK!!SOUND!!SHOW!!
 
 
一般社団法人 日本記念日協会より
“ポンコツの日”
株式会社エイティーフィールドの青木勉氏が制定。
数々の音楽イベントのプロデュースを手がける青木氏は、仕事も出来るがあまりにも多い誤字脱字などでポンコツプロデューサーとして「P青木」とも称されている。
その愛されるポンコツぶりを記念すべく自らの誕生日に開催する音楽イベント「P青木のひとり生誕祭」を多くの人に楽しんでもらうのが目的。
日付は青木氏の誕生日(1966年6月3日)から。
 
 
■WEB
Official Site
 
P青木Twitter
 

banner05
banner_228 banner_top 浅井製作所 NCIS_banner4 new_umbro banner-umbloi•ÒW—pj